2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

カテゴリー「お出かけ」の記事

2016年12月14日 (水)

大船観音寺

雨は未明に止んで日中は傘要らず、という天気予報が見事に外れて(雨女の法則発動か…涙)ポツポツと降り続ける中、葉ごろも着付け教室のmiyukiさんと大船でデート。

横須賀線沿線の住民でありながら、二人ともちゃんとお詣りしたことがない、巨大な観音様を訪れてみよう!という趣向です。

お昼にご案内いただいたのは、イベントスペース「アトリエキッチン鎌倉」の週4日限定、一汁三菜ランチ。

161214ofuna1
料理季刊誌「四季の味」元編集長の八巻さんが腕をふるった、滋味あふれるおかずの数々。どれもこれもおいしかったー!
カウンター越しの会話も弾み、どんどんご飯が進んでお代わりをガマン出来ませんでした。糖質バンザイ(苦笑)

161214ofuna2
しっかり栄養補給したところで、急坂を上る大船観音寺の参道へ向かいました。曲がり角を過ぎた途端、タイムワープして異世界にきた気分に。

161214ofuna3
JRが大船に近づくと、車窓から見える山の上に突如出現し、その大きさゆえに圧倒的な存在感を放つ観音像。
もしもゴジラなどが上陸したら、立ち上がって迎え撃ってくれそうな心強さを感じますが、実際には全身ではなく胸像となっています。

161214ofuna4
石段を登って間近に拝見すると、あらためてそのスケールの大きさと、お顔立ちのやさしさにひきこまれました。

161214ofuna5
そして、ぐるっと背後に回ると、フツーに建物感満載のドアが観音様の胎内に導いてくれるという…
中には小さな観音像や木彫りの千体仏があり、他に参拝客もいない静かな中でゆっくりと時間を過ごすことが出来ました。

161214ofuna6
いただいた御朱印も、観音像に負けない大らかで迫力のある筆跡。
よい一日を過ごせたことに感謝しつつ、前の頁の御朱印を見て、この時にいただいた御守を渡した大好きなお友達を思い出し、心臓のあたりがギュッとなりました。

miyukiさんとも共通の知人だった彼女が、闘病生活の後に旅立っていかれたのは先月のこと。
「故人を偲んで語りあうことも立派な供養」と、以前実家の法事でご住職から伺ったこともあり、今日の私たちには、一緒にそんな時間を持とう、という思いもあったのです。

お付き合いの濃淡や期間の長短は様々でしたが、今年、私の周囲では4人の方が癌で亡くなられました。

まだまだ、平均寿命までたっぷり時間はあったはずなのに…
あんなに心の温かい人が、どうしてこんな辛い思いを…

そんな考えを巡らせてばかりいたところへ出会ったのが、闘病生活を公表した小林麻央さんのこちらの文章でした。
BBCから、「世界で影響力を持った100人の女性」に選ばれたことに応えての寄稿です。

「病気になったことが、私の人生を代表する出来事ではない」
私の人生は病気の色だけに支配されない、色どり豊かな人生。かわいそうに、とだけ思われるのは本意ではない、というその思いにハッとさせられ、何度も読み返しました。

限りがあるからこそ、いのちは輝かしくて愛おしい。
この世では会えなくなった分、心の中でいつでも語りかけられるようになった懐かしい人たち。
その苦しみではなくやさしさを、笑顔を、一緒に過ごした楽しい時間を、ずっと覚えていようと思います。

2016年3月10日 (木)

友あり遠方より来る

鳥取県民だった時に勤めていた職場の同僚から、出張で上京することになったから会いましょう、とうれしい連絡があったのが年明けのこと。

私より20歳近く年下で、事あるごとに「親子でもおかしくない私たち」と言って笑っていましたが、彼女が有能さと愛嬌を併せ持つ「出来る子」だったこともあり、年の差を超えて楽しく親交を深めていたのです。

まだまだ先、と思っていた三月があっという間にやって来て、うれしい再会を果たしました。

先方の仕事先まで迎えに行き、積もる話も東京案内もそこそこに、まず向かったのは帝国劇場。
今回のメインイベントの一つは、彼女が誘ってくれたこちらのミュージカルを鑑賞することでありました!

160309shock1_3
私、この界隈の事情には明るくないので、全公演即日完売のプラチナチケットだとは知らず…
軽い気持ちでお付き合いすることに決めたのですが、同伴者の立場でも存分に楽しませてもらいました。
ディズニーランドとシルクドソレイユ、時々日光江戸村、という感じで(全然伝わらないですよね…(^-^;)、大したものだ、と舌を巻いた夜でした。

そして翌日は、朝からリクエストにお応えしながらの街歩き。
目下、婚活に本腰を入れ始めたという彼女が、都内でまず行きたかった場所というのがこちら、飯田橋の東京大神宮。
160309shock2
縁結びのパワースポットとして以前から有名な神社です。境内には春の気配が。
平日にも関わらず、熱心に手を合わせる若い女性たちの姿が多く見られました。お守りもおみくじも、フラワーモチーフやお人形のついたラヴリィ仕様でした。

160309shock3
境内にあるお稲荷さんを、九代目團十郎丈が篤く信仰していたそうで、そのご縁から初午祭には歌舞伎俳優が絵馬を奉納しているそうです。
雀右衛門襲名披露の公演ポスターと共に、役者さんやお囃子さん達の絵馬がズラリと展示されていました。

160309shock4
意外と、お姿に似合わない文字を書かれるところも、玉三郎サマのチャームポイントの一つ(とファンの目には映る)。
そして巳之助…(以下略)

160309shock5

正門の金具にハートの形が隠れてるんだよ、と教えてもらって、「ホントだ!」と大喜び(笑)

よく考えたら、縁結びをお願いするなら本場の出雲大社に行く方がよっぽど近いぞ?とも思いましたが、とにかくこの願いよ届け!と、私も彼女の良縁を精一杯お願いしてきました。

その後もお互いの近況報告で尽きないおしゃべりをしながら、買い物をしたり休憩したりしている間にあっという間に時間切れ。
また米子にも遊びに行くね、と約束してお見送りしました。

友あり遠方より来る また楽しからずや。
時に表面化するジェネレーションギャップも面白がりながら、仲良く過ごしていた日々のおかげで、今、自分ではなかなか足を運べない場を体験出来ること。とてもうれしく受け止めていた二日間でした。

2016年2月25日 (木)

梅林見物

予報の最高気温8℃、という冷え込みの中、「葉ごろも着付け教室」主宰のmiyukiさんと、見頃を迎えた梅を見に着物でお出かけしてきました。

…何はともあれ、まずは腹ごしらえとおしゃべり、と、横浜高島屋の「ウエスト ベイカフェ」で待ち合わせ。

160225west1
プレタの紬に北欧調の柄の木綿帯を合わせました。チビなのに腕長族の私、自分の裄に合わせて既製品を買うとLサイズを選ぶしかなく、手持ちの着物の中で一番ぶかぶかと着にくい1枚…
色柄はとても気に入っているので、もっと活用できるよう、仕立て直しを検討したいところです。
滑りの悪い木綿帯にも悪戦苦闘で、寒い朝なのに暖房をかけない部屋で大汗かいて着付けました(そして帯留めが微妙にセンターからずれているという…)

160225west6
こちらは美しいmiyukiさんの着姿。帯の流水模様は、まるでホログラムのような不思議な立体感があって、見ていると吸い込まれそうな感じ。とても素敵でよくお似合いでした。

160225west2 160225west3

miyukiさんにお付き合いいただいて、ウエストで今月末まで行っている「シュークリームプロジェクト」に参加してきました。
シュークリーム1個の売上につき、50円を台湾南部地震の被災者支援のため、赤十字に寄付するというもの(今月末までの実施ということです)。
大好きなゴルゴンゾーラパフの食べごたえを、楽しいおしゃべりと共に堪能しました。
この大きなシュークリームを平らげられるうちは、私もまだまだ大丈夫だな!

…って、満足しすぎてここで締めくくってはいけない(笑)

そうそう、今日の主目的は梅見です。
東横線に乗って、目指すは大倉山。横浜も坂が多い街ですが、こちらも例外ではなく…駅に着いたら、線路沿いにひたすら登り道。
おしゃべりしながら歩くのがキツくなるくらい、少し息が上がってきた頃に、大倉山公園の梅林が目の前に開けてきました。

160225west4
足の疲れも吹き飛ぶ見事な眺め!

子どもの頃、梅の季節に家族でここに遊びに来た写真が残っていて、うっすらと記憶の中にも、まだヨチヨチ歩きだった弟が芝生の斜面をゴロゴロ転がった情景があるのですが。
その頃はまだ、好きなところにシートを敷いてお弁当を食べていたような…

160225west5
今は整備が進んで、さすがにそんなフリーダムな感じではなく(笑)
おかげで下駄でも快適に、それぞれの梅の枝ぶりや可愛い花を愛でることが出来ました。
坂を歩いたおかげか、寒さはまったく苦にならず、手袋も襟巻も外してバッグに入れるほどでした。

今年は、ひと月に最低でも一度、着物を着たいという目標を立てました。
おしゃれをして美味しく食べて、美しい景色を見られる贅沢。そして何より、その時間を一緒に楽しんでくれる人がいることの幸せ。
大事にしていきたいです。

2016年2月11日 (木)

国立劇場 二月文楽公演

160211bunraku1
某カルチャースクール主催の「人形遣いレクチャー付観劇講座」に申し込んで、夫と国立劇場の二月文楽公演を鑑賞してきました。
劇場前の梅の木もそろそろ見頃。メジロが枝から枝へと飛び回って可愛かったです(全然撮れていない)。

160211bunraku2 160211bunraku3

第一部の開演前、10時から、人形遣いの吉田文哉さんによるレクチャーがありました。
文楽人形と直に対面するのは、4年前のこの時以来。会いたかったよぉ…とすでに胸が熱くなります(笑)
もの言わぬ人形に命が吹きこまれるビフォーアフターは、いつみても不思議な感覚。こんなにあっけなく首ちょんぱ(死語)?されているのが信じられないほど、舞台の上では魂を宿して観る者の心をつかむのだから、芸の力というのは凄いです。

160211bunraku4
今月の公演は、第二部が人間国宝・豊竹嶋大夫さんの引退公演。ロビーが贈られた花で賑やかでした。

何年前のことだったか、大阪の文楽劇場の終演後に近くのたこ焼き屋に寄り道した帰り、フツ―に通行人の一人として路上にいる嶋大夫さんと接近遭遇してびっくりしたことがあります。
ツイードのジャケットがとてもおしゃれで、声をかけてきたファンに柔和な笑みでお辞儀を返されていたのを鮮明に覚えています。本当にお疲れ様でした。

160211bunraku5
東京では年明け初の公演とあって、開演前に人形が舞う三番叟のサーヴィス(?)があったり、申年にちなんでか「靱猿」のおサルさんも可愛かったし、大満足で幕間の昼食。

食べるのが並外れて遅いので、いつもは観劇の際にはすぐに広げられるお弁当を買いますが、久しぶりの劇場だし…と食堂を予約しました。
お友達相手の時とは違い、差向かう相手が夫だとおしゃべりより食事に集中できるせいか、余裕で休憩時間の内に完食(笑)

後半の演目は「信州川中島合戦」。
Eテレ「にほんごであそぼ」でいつも拝見する、咲甫大夫さんと鶴沢清介さんの浄瑠璃が生で聴けたのも嬉しかったですが、三味線のアクシデントをもの凄い気迫で乗り切り、弾き切った鶴澤藤蔵さんが特に印象に残りました。

160211bunraku6
指揮者もいなければ「せーの、」という合図も(客席に判るほどは)なく、文字通り「息を合わせて」三味線、大夫、人形の三業が舞台上に別世界を生み出す。
見えない気が飛び交っているような劇場の空気、やっぱり文楽は生で見てこそだねぇ…と感動さめやらぬまま、乗り換え駅の三越前で少し散歩と休憩。
休日の日本橋がたくさんの人で賑わっているのにびっくりしながら、ZEN茶’feで一服。

山本勘介や後の上杉謙信が登場した第二部の話題になり、これって、「真田丸」の時代につながる話で、「風林火山」の頃が舞台で、え~っと妻夫木くんが主役だった直江兼続のドラマは見なかったんだよなぁ…と、なぜかNHK大河ドラマの話題に終始してしまいました。

実家の両親に預かってもらった息子は、親と離れるのは慣れっこで泣くこともなく過ごしたとのこと。
「おとうさんとおかあさんは、なんのおしごとにいってたの?」
という質問には若干、返答に窮しましたが(笑)本当に良い時間を過ごすことが出来ました。

2016年1月 5日 (火)

日本のおしゃれ展

2016年、初の更新となります。今年も皆さまにとって佳き一年でありますように。

新卒で入った会社の同期で、アメリカに渡って頑張っている友人が久々に帰国することになり、彼女を囲んで同期会をするから…と声をかけてもらいました。
大喜びで出かけることにしたものの、張り切りすぎて集合時間を1時間勘違い(!)
余った時間は有効活用しなくては、と、松屋銀座で開催中の「日本のおしゃれ展」を鑑賞してきました。

160105ikeda1アンティークの収集家として知られ、昨年秋に逝去された池田重子さんのコレクションです。

それぞれに主題を決めてコーディネートされた着物、帯、半襟、羽織、帯留め…
多くは大正から昭和初期のもので、一つひとつが人の手によって産み出されたことを思うとため息が出る、珠玉の工芸品ばかり。「きもの美の極み」という言葉に偽りなし!

衣桁にかけるのではなくトルソーに着付けられていることで、本当にこの着物たちが、現実に奥様・お嬢様方の身に纏われて、街や室内を艶やかに彩っていたのだという想いが胸にわき上がってくる、素晴らしい展示でした。

ただ、こんなにきれいなものが豊かに生み出されていた日本の国が、やがて軍国主義に塗りつぶされていったという事実の恐ろしさ。美しい衣裳を着ていた女性たちに、その後の戦争の時代、どのような運命が待ち受けていたのだろうか…自分の祖母たちの姿を重ねて考えずにはいられませんでした。

現代では、着物は所詮は衣類の一ジャンルで、数あるファッションの選択肢の一つ。
法律で罰せられる訳でなし、息苦しい約束ごとなど意識し過ぎないでもっと自由に、着たいように着ればいい、という意見に私は賛同します。

その一方で、季節の風物を先取りしたり、判じ物のような洒落を忍ばせたり…
そんな「わかる人には分かればいい」という高度な知的遊戯としての「おしゃれ」は、決まった型があればこそ、制限の内側で遊ぶからこそ、一層愉しく、格好良く輝くように今回の展示を見ても思いました。

いずれにせよ、装うことは、見る人あってのもので、かつ自分が楽しくなければもったい無い。
会場内で流れていた池田さんのインタビューの

「豪華でなくてもおしゃれであればいい。立派でなくても幸せであればいい」

という言葉を、しみじみと受け止めて会場を後にしたのでした。

160105ikeda2
記念グッズ売り場にあった着物型のポストカードが可愛くて、全種類買い占めたくなるのをぐっとガマン…(笑)

2015年12月12日 (土)

建長寺のお餅つき

151212kamakura1_2

朝からよく晴れた土曜日。建長寺を目指して鎌倉へ足を伸ばしてきました。
北鎌倉の駅を降りると、円覚寺の紅葉があざやか。

建長寺の境内を進むと、何やら子どもたちの歓声が聞こえ、大勢の人がブルーシートの上に座ってピクニック状態です。
近づいていくと…

151212kamakura3_2
まったくの偶然でしたが、子どももちつき会という催しの真っ最中でした!

器代をお納めすれば、ゆきずりの子ども連れでも参加できるとのことで、昼食を済ませたばかりだったにも関わらず勇んでお皿を手に取ったわが家(笑)

つきたてのやわらかいからみ餅にきなこ餅(私にはうれしくない納豆餅も…)、本場の建長寺だけあってけんちん汁のふるまいもあり、とても美味しかったです。

151212kamakura4_2 151212kamakura5_2

子どもが杵を持つ前に、下ごしらえでぺったん、ぺったん汗を流されるお坊さん達。
「和尚さんたちはもうクタクタです!次のお餅で最後の大福作りをします!」
とのアナウンスに続き、子どもも大人もあんこを丸めて出来立てをいただきました。ありがたいお味…
151212kamakura6_3
顔から手からズボンから、白い粉まみれになりながら、息子も大福に舌鼓。
(ビニールのスモックをバッグに入れていてよかった…)
おいしい!おいしい!と、鼻を埋めるように(!)かぶりついていました。

この日の本来の目的は、4年前の冬に急逝した友人のお墓参りでした。

夫と私にとっては、学生時代の青い思い出を色々と共有した、大切な仲間。若くして病に倒れた哀しみに、遺された側の「どうして?」という無念はなかなか消えていきません。

思いがけず楽しんだお餅つき。いつもいつもやさしかった友人が、食いしん坊の息子に空の上からご馳走してくれたようにも思えて。
墓前ではやっぱり、涙があふれてしまいました。

151212kamakura7
建長寺を後にして鎌倉駅を目指すうち、ベビーカーの上で息子は熟睡していったので、少しだけ鶴岡八幡宮を見物。
大銀杏が倒れた後で訪れるのは初めてでした。ここにも、ご無沙汰している間に変わってしまった光景が。

151212kamakura8

小町通りに至ってはもう、どこもかしこも記憶の風景と違う!という印象で、人の多さにもびっくり。
新しいお店を開拓する気力もなく、ミカド珈琲でモカソフトのパフェを味わって帰宅の途につきました。定番の味に安心する年頃になってきたのを実感。

2015年12月 3日 (木)

雨のち晴れの鎌倉で

葉山で「葉ごろも着付け教室」を主宰されているmiyukiさんと、鎌倉で紅葉見物とランチのキモオデを…という約束をしたのが2週間前。

息子を預ける段取りも整え、指折り数えて楽しみにしていたのに…
やらかしてしまいました、雨女の法則発動(涙)
週間予報で、ずらっと並ぶお日さまの中にその日だけ傘マークがついているのを目にした時は、嘆きを通り越して呆れてしまいました。

結局、予報が覆ることはなく、朝は雨、午後からは風が強まるというので着物は断念。
でも、miyukiさんのコーディネートのおかげで、充実の鎌倉デートが実現しました。

151203lunch1
美味しいランチ予約したからねー、とご案内いただいたのはビストロOSHINO。
前菜に選んだ砂肝のコンフィの柔らかさにびっくり、メインの鴨がポテトグラタン仕様で登場してまたびっくり。

151203lunch2151203lunch3_2151203lunch4

お味もボリュームもサーヴィスも大満足でした。お店のスタッフと顔馴染みのmiyukiさんの後にくっついて、自分まで常連気分でくつろいだランチタイムでした。

その後、一度訪れてみたかった八十小路でティーブレイク。
鳩サブレーの豊島屋が経営している甘味処です。鎌倉を時折訪れていた若い頃にはなかったお店(笑)

151203hato1151203hato2_2151203hato3

おすすめの、出来立てで温かいわらびもち、絶品でした。
舌鼓を打つ合間にもノンストップでしゃべり倒していた私たち。柚子が香るお冷がまた、喉にうれしかったです。

駅で別れる頃には雨はやんで、帰りの電車の窓からは光が差し込んで来ました。たくさん笑った余韻に浸りながらの帰路でした。

近況報告から打ち明け話から、あれこれと語り合う中で、着物の楽しみを一人でも多くの人に実感してほしい、というmiyukiさんの熱意に、毎度のことながら心打たれました。

雨雲にイジワルされたことが消し飛んでしまうほど、エネルギーをギュッとチャージした時間。
今回果たせなかった着物デートを実現させる日が楽しみです。