2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

カテゴリー「フィギュアスケート」の記事

2014年3月31日 (月)

惜別

世界選手権が終わって、オリンピックシーズンのフィギュアスケートもとうとう幕を下ろしました。

密度の濃い、ドラマチックなシーズンのラストにふさわしく、生中継で(←ここ大事。フジテレビ、今回“は”よくやった!)いい演技がたくさん観られて、本当に幸せな大会でした。

「日本のエース」の称号は間違いなく羽生くんに受け継がれるとして…
大好きな高橋大ちゃんの滑りの持ち味については、正統な後継者は町田くんだなぁ~とずっと感じてきたので、今季の大躍進はとても嬉しかったです。

 

Machida_2 140331skate_2

息子もまっちーの美しいポージングに刺激されたようです(ウソ)

嬉しかったことと言えば、もちろん真央ちゃんの金メダルも!
ソチの悔しい思いを挽回する完璧なショートプログラムを滑りきり、フリーも貫禄の演技で、笑顔の真央ちゃんを観ながらこちらは号泣でした。

試合の合間に流れる住友生命のCM、ほほえみながらスーっと遠ざかっていく映像に、思わず「行かないで~(涙)」と声をかけたくなることも何度か(苦笑)

去就に注目はあつまりますが、まずはゆっくり、身体と心を解放して過ごしてほしいです。
「フィギュアスケートっていいな、って思いました」という言葉がここで聞けて、良かった。

今回はこの試合で引退を明言した選手たちも多く出場していて、ラストダンスに観る側も万感の思いがありました。
「思いが伝わる」っていう言葉は、言い古された表現ではありますが、本当にそうとしか言いようのない瞬間が何度も味わえました。

自国開催の、2万に近い大観衆の大会で、喝采と共に競技生活に別れを告げたあっこちゃんの姿。
本当によかったね、と目頭を熱くしつつ、この場に怪我で出場出来なかった大ちゃんのことを、つい考えてしまったり…

羽生くんにしろ町田くんにしろ、何がすごいって、自分を客観視して、プロジェクトを作り上げるかのように着々と目標に向かっていくところ(と、それを達成してしまう強さ)。
あんなに若いのに、きっちりセルフプロデュース出来てしまうところに舌を巻きます。

一方、振り返れば大怪我から復活するまでは「ガラスのエース」という呼称がついて回った大ちゃん。
氷の上ではあれほど豊かな表現が出来るのに、リンクの外では魔法が解けたように、艶っぽさも凛々しさも消し飛んでしまう(笑)
不思議な子だなぁ…と、ぽかんと口を開けた表情のインタビューを見ながら思っていたものでした。

でも、自分の居場所はスケートリンクの他にはない、ここを去ったら自分は輝けない…そんな思いに突き動かされてただ滑っている、踊っている。
頭で考えるより、心が身体と一体になっている、そんなスケーターだからこそ、夢中になったんだなぁとも思います。

大ちゃんとこの映画の主人公を、いつも重ねて見てしまう私です。

膝の怪我が快癒して、どんな形であれ、また氷上に戻ってきてくれることを心から願っています。
「フィギュアスケートっていいな」と理屈抜きに思わせてくれる、あの演技がまた観たいです。

親戚でも知り合いでもないのに、つい「~くん」「~ちゃん」と呼んでしまう、愛すべき日本のフィギュアスケーター。黄金期の日々、たくさんの夢を見させてもらいました。
本当に、お疲れさまでした!

2014年2月24日 (月)

Hot,Cool,Yours

140224skate 多くの記憶に残る場面を置き土産に、ソチ五輪が閉幕しました。

ジャンプ団体やノルディック複合のメダル獲得を喜びつつも「リレハンメルから20年?!長野から16年?!!」と、月日の過ぎる早さに愕然としたり、スノボのメダリストのお母さんが自分より若いという事実に茫然としたり…(苦笑)
何かと寄る年波を実感することが多かったですが、レジェンド・葛西選手の気概に「四十代、がんばろう!」と勇気をもらった次第です。

「オリンピックとワールドカップは、観る者にとっても闘い」
…というのが信条(?)だった私。
それは、リアルタイムで結果を見届けたいのと同時に、ニュースやワイドショーでは偏った場面だけが切り取られ、横並びで延々繰り返されるのにうんざりしているからでもあります。
未編集でスポーツしか生み出せないドラマを味わうには、ダイジェストでは物足りない!…という思いから、睡眠時間を削り時差に挑むのが恒例でした。
ただ、さすがに今大会は“いろいろ見逃しちゃったなぁ…”という感じです(^-^;

それでも、これだけは譲れぬ!と、フィギュアスケートは息を詰めてLIVEで応援していました。
(フィギュアスケートの試合って、実は淡々と生放送で観られるのは(有料放送以外では)オリンピック以外にはほとんど機会がないのです)

いろいろな種類の涙が日替わりでこぼれ落ちた、そんな日々でした。

メディアにはほとんど取り上げられていないけれど、結成1年で立派な演技を見せた高橋・木原ペア、クリス君の大怪我と戦いながらがんばったリード姉弟。
万全の状態ではない中で、魅せる演技を滑りきった大ちゃんもあっこちゃんも、初めてのオリンピックで立派に戦った町田くんも佳菜子ちゃんも…日本の選手だけでなく、長い間第一線で活躍してきた選手たちが、それぞれリンクで見せた演技や表情の一つひとつに、心を揺さぶられました。

女子シングルの試合が行われた翌朝は、職場の皆でしばらく興奮が醒めず、笑い泣き。
こつこつと積み上げた努力を形にして、真央ちゃんにしかできない6種の3回転ジャンプに挑んでほしい、と4年間見守っていたファンとしては、結果に関係なく「夢がかなった」瞬間でした。

シーズン序盤の初お披露目で「矢車菊の精みたい」と嬉しくなってしまった青いコスチューム。その後は別の衣装で滑っていたのが、この舞台で復活して、そしてあの記憶に残る名演技。本当にうれしかった!
一夜明けても、ありがとう、おめでとう、という言葉をずっと心で繰り返していました。

Images

嗚咽の中、さらに涙腺にダメ押しをされた信夫先生のこの表情。すでに古武士の境地…

そして、十代にして記録的快挙を打ち立てた羽生くん。
日本の次代のエースどころか、世界の頂点に立って、皇帝プル様から直々に(?)跡目を譲られたようなものなのだから、本当にすごいことです。

試合後のインタビューで、震災からの復興に寄せる思いを語った言葉にも胸を打たれました。

リンクが被災し練習環境を奪われたあの年、彼が全国のアイスショーを回って滑り続けた…という話はすっかり有名になりましたが、今回のエキシビジョンで滑った「白鳥の湖」が、まさにその頃披露していたプログラムでした。

震災から1ヶ月足らず、ショー行脚の日々の第一歩となったのは、神戸で行われたチャリティー演技会。
演技後、息を弾ませながら一生懸命、紙に書いた挨拶を読み上げる羽生君の姿に、客席にいた私も周囲の観客も、みんな涙をこらえきれませんでした。
翌日から営業を終了して室内プールになるというリンクで、派手な照明も生演奏もなく…
それでも、出演する一人ひとりのスケーターの思いが伝わってくる、本当に素晴らしいショーだったことを鮮明に覚えています。
まるで大きな虹のように見事な軌跡で飛んだ、ゆづちゃんのトリプルアクセルの見事さも!
この子は色々なものをその細い肩に背負って、それでも前に進んでいくだろう、どうぞ折れないで…と、その場にいた誰もが願ったと思います。

「復興の街、神戸から」というタイトルで、発起人の中心となっていたのが髙橋大ちゃんでした。
あの日があって、今がある。
個人競技でありながら、日本のフィギュアスケーターは本当に温かい仲間意識でつながっていますが、皆で歴史をつないでここまで来たんだなぁ、と思うと感慨深いものがありました。

真央ちゃんのあの渾身のフリーが、金妍児の演技よりスコアでは劣る。それが採点競技としてのフィギュアの現状です。
でも、本当に素晴らしい演技って、得点もジャッジも関係ないところで人々の記憶に刻まれていくのだと思います。

140224skate2

「最後は笑って終わってほしい」というのは、選手に向けた心からの応援の気持ちだけれど、実のところは「自分も一緒に笑いたい」という願望も含まれているのですよね。

泣き上戸の私の場合は、どう転んでも涙、なみだになってしまうのですが(苦笑)
人が人を思うこと、目標に向けて努力すること、自分との戦いに負けても、そこから強く立ち上がること。
その尊さを、またスポーツから教えてもらえた17日間でした。

二人のこの笑顔、最高でした!

ウクライナの状況など見ると、オリンピック観戦に一喜一憂できる平和な暮らしのなんとありがたいことだろう、と思います。

当たり前と思わずに、ちゃんと大事にしていかなければ罰があたりますね。

※長らく更新しないでいた間に、当ブログが20万アクセスを超えていました。皆さまのご訪問に感謝します。マイペース更新のブログですが、これからもよろしくお願いいたします。

2014年1月15日 (水)

真央ちゃん。

ふとした折に、来月の今頃はもう、ソチ五輪が始まっているんだなぁ…なんてことばかり考えています。
フィギュアスケートの代表選考も各国で続々と決まり、伝えられる結果に一喜一憂、緊張と期待は高まるばかり、です。

年明け早々、NHK(BS)で、オリンピック出場選手のNHK杯での演技が一挙に放映されました。(今週、日替わりで再度放映があるようです)
録画して、時間を作っては少しずつ鑑賞しているのですが、冒頭の浅田真央ちゃんのコーナーではのっけからもう、涙、ナミダ。

今シーズンのショートプログラムで滑っているショパンの「ノクターン」は、真央ちゃんが16歳だった2006-7シーズンでも滑っていた曲です。
選手生活の区切りをつける、と公言しての今シーズン、この曲で滑ることを知っただけでグッと来てしまったスケートファンは、私だけではないはず。

昨年末の全日本フィギュアは、ソチへの切符を賭けた熾烈な戦いでしたが、思えばこの2006年に行われたトリノ五輪も、前年暮れの女子の代表選考では痺れるような名勝負が繰り広げられていました。

その時の全日本で、年齢制限によりオリンピックとは無縁…という点も含め、色々な意味で別次元の輝きを見せていた真央ちゃん。
弾ける笑顔で高難度ジャンプをぴょんぴょんと決める彼女を見て、「この子は奇跡だ!」と、魅入られてしまったのを思い出します。

その時点では、翌年のオリンピックで荒川さんが金メダリストになるなど予想もしなかったし、男女ともにこんなに選手層が厚くなり、日本が世界のどの国よりもずば抜けてフィギュアの大会に観客が集まる国になろうとは思いもしませんでした。

トリプルアクセルが代名詞のようについて回る真央ちゃんですが、私はふわっと浮き上がるジャンプ以外にも、オルゴールに乗ったバレリーナ人形のように美しいポジションのスパイラルやスピン、どこまでもどこまでも片足で進んでいくステップのファンでした。
(ルールや採点基準の改正で、私の大好物が続々見られなくなっていくのは哀しい限り…)

可憐で気品ある姿とはうらはらに、少年マンガっぽく効果音をつけるとしたら「オリャァァァ」とか「ドリャァァァ」とか、そんな雄叫びがぴったり来るような鬼構成を、圧倒的なスタミナで滑りこなしてみせる、アスリートとしての強靭さ。
今季のフリーのラフマニノフ、終盤のステップではそんな真央ちゃんの真骨頂を見せつけられて、見るたびに鳥肌が立ってしまいます。

真央ちゃんを見ていると、どうして泣けちゃうんだろうね~…という言葉。
真央ちゃんを見ていると、がんばろうって思うよね…という言葉。

自分でも口にしてきたし、人からも何度も聞いてきました。
努力だけでは決して手に入れられない、天分に恵まれた人だけが放つ輝き。
その代償としての壮絶な苦しみも含めて、見守ってきた時間もこれで一区切りかと思うと、何ともいえない感慨があります。

あれから8年後、今季のショートプログラムでは、ノクターンのメロディに合わせて滑る真央ちゃんから、輝きと隣り合わせにある、人生の陰影のようなものがにじみ出ているのを感じます。

この境地に到達するまで、リンクの上で彼女が過ごしてきた、俗人には想像もつかない密度の濃い時間がにじみ出ているのだと思います。

Images
最後の大舞台では、自分が心から満足できる演技で結果を手にしてほしい。
数え切れない人に夢や力を与えてきたスターには、それだけの報いがスケートの神様から贈られてほしい。

テレビの前で思い切り嬉し涙にむせぶイメージトレーニングはばっちりです。
たぶん、フリーのフィニッシュのポーズは一緒に決めて天井を仰いでいるかも!

こちらは、りらっくご主宰のことりさんに教えていただいたフィギュアスケート四コママンガのサイト。
更新される度、首が折れそうなほど頷きながら読んでます(笑)

くまくま☆フィギュアスケート

そしてもう一つ、企画した人に拍手を送りたい、けどフィギュアスケートのユニフォームレプリカに意味はあるのか?と首をかしげたくなる、P&Gの広告…