2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

カテゴリー「鳥取のステキな場所」の記事

2014年11月16日 (日)

晩秋の恵み

141116fm0
「深まりゆく秋の一日、この季節ならではの山陰の野菜を味わいにぜひお出かけください。」

そんな案内文に惹かれ、こちらのショップで開かれたファーマーズマーケットに出かけてきました。

141116fm1
大山が見える駐車場のスペースが、賑やかなマルシェに変身。
「安心」「安全」「健康」にこだわって、地元産の身体に優しい食材や食べもののブースが並んでいます。今回のテーマは「晩秋の恵み」とのこと。

141116fm6
ごま農家のお兄さん主催の、金ごまからごま油を搾るワークショップもありました。卓上サイズのこの搾り機、家にあったら良さそう…

この日の私たちの一番のお目当ては、なかなかお店まで足を伸ばせない「コウボパン小さじいち」のパンでした。

141116fm3
ワゴンカーでは、その場でいただけるチャイや焼きチーズバゲット(こんな感じの石焼きのラルレットグリルでトーストされていました)の販売も。
ラクレットをのせて焼きたてを出してくれたこのバゲット、とろーりととろけるチーズが、まさに「アルプスの少女ハイジ」が食べていたアレ(感涙)!

141116fm2
齧りかけの写真で失礼します。レンズ豆やいろいろ野菜を煮込んだ具沢山スープと一緒にいただきました。

他にも目についた美味しそうな食べものをあれこれつまんでお腹いっぱいになり、有機栽培の野菜を買って帰りました。

141116fm5後継者不足の深刻化とか、大規模集約化による生き残りとか、そんな話題が農業の現状としてクローズアップされがちですが、小さなスケールで、思う存分こだわりを貫いている生産者ががんばっているのも、紛れもない事実。

微力ながら、消費者として応援していきたいなと思います。

人が少ない、あれがない、これがない、と、自虐的な物言いがつい、身についてしまう土地柄ではありますが(苦笑)
見方を変えれば、やりたいことを見つけた人が、自分の居場所を構えるすき間がたくさん空いている、ということでもあります。

この日、出店されていた方々のバックグラウンドも、Uターン組、Iターン組、転職再出発組と多種多様。

また選挙の季節がやって来るようで、「地方の活性化」というキーワードが繰り返されるのでしょう。
スピードもボリュームも桁違いの都市部とは違う、ゆったりと地に足がついた暮らしの延長に生まれてくる活気でなければ、意味がないんじゃないかなぁ…などと考えているこの頃です。

2014年10月30日 (木)

Happy Halloween

141031hellow1

オータムフェスティバル開催中のとっとり花回廊にて、菊人形ベアに大喜びの息子。

ハロウィンも今や、すっかり日本の秋の風物詩に定着した感が。
そのうち、玄関を開けると仮装の子どもたちにお菓子をせがまれる時代がやってくるのでしょうか。

141031hellow2

秋晴れの日曜日。
花回廊の年間パスポートの有効期限が今月で切れることに気づき、秋の花を見物に出かけてみたところ、ハロウィン企画で子ども用の仮装衣装が無料で貸し出されていました。

←「お好きなものを勝手に着てください」というシステムだったので、ベビーカーに乗せたままレンタルコーナーであれこれと試着。
本人も“ぼーち、ぼーち”と大喜びなのはいいですが、サイズが合わず覆面状態になってしまうものも…

赤ちゃんの頃から、どこから見ても完璧な「平たい顔の種族」の息子。
子どもの記念写真を撮りにいくと、まるでぬいぐるみのように可愛いコスプレが出来る衣装も最近は充実しているのですが、その手のものがまったく似合いません(笑)

とは言えせっかくの機会なので、ジャック・オ・ランタンの帽子とマントでハロウィン気分を味わってみた次第です。

この秋、鳥取では鳥取藝住祭とか、鳥取県総合芸術文化祭(とりアート)など、芸術の秋にふさわしいイベントが色々開催されているようで、その一環でこの日の園内では様々なパフォーマンスが繰り広げられていました。

141031hellow3
サルビアが咲き誇る花の丘では、お菓子の袋で出来たドレスを着たお姉さんたちが練り歩いたり、集めた袋を飾ったり。

141031hellow4
お姉さんたちの留守に近づいてみると、空き袋を使った色とりどりの風車がとてもきれいでした。

141031hellow5
こちらはギターの生演奏をBGMに、観客参加型の人形劇のワークショップ。
黒子の覆面で、人形作家さん指導の元、演技をしているのは…夫です(笑)
人形劇と聞くと素通りできない私に付き合って客席に座ったところ
「どなたかやってみたい方おられますか?…おられませんか…では、今私と目が合ったそこのあなた!」
と、いきなり巻き添えに(^_^;)
ちなみに、演じているのは片思いの末、やけ酒に溺れて悪酔いしている、という場面。深酒の表現はさすがに上手でした(いいのか?)。

141031hellow8
1年間、折に触れ足を運んで、その都度移り変わる季節の花々を楽しませてくれたフラワーパーク。秋バラもちょうど見ごろで、美しい花と香りを堪能しました。

息子はやっと咽頭炎から立ち直ったと思ったら、今週は鼻風邪を引いてあっという間に中耳炎になってしまい、この時に続いて二度目の鼓膜切開をする羽目になりました。
保育園の別のクラスではRSウイルスも猛威をふるっているようで…
季節の変わり目、大人も子どもも、しっかり食べてよく眠って、体調を整えていきたいものですね。

141031hellow7
満開のバラを背景に、古典的少女マンガの構図を狙ってみました(本人はいや~ん、はずかしー、のポーズ)。

2012年2月 4日 (土)

皆生きる温泉

せっかく市内に温泉街がある環境なのに、なかなか引越し疲れを湯治で癒す機会が作れなかったのですが、休日も出勤が続いていた夫の仕事が一段落し、やっと!出かけてきました。

110204kaike6

皆生温泉」と書いて「かいけおんせん」と読みます。
夏には海水浴場になる浜辺に沿って、宿が並ぶ温泉街。降り続いた雪の名残が砂浜に残っていました。(雪ダルマはとなりのトトロ?)
水平線の向こうにうっすら見えるのは、境港か、はたまた島根の山々か…

110204kaike1
今回お世話になったのは、「海色・湯の宿 松月」さん。決め手は部屋に備付のマッサージチェアでした(笑)
皆生温泉のお湯は、熱海みたいに塩っ気があって、本当によく温まる極上の泉質です。お風呂上りに雪景色を見ながら身体中を揉みほぐしてもらう贅沢!

つい「自分へのご褒美」と言いたくなりましたが、実は今回の温泉行きは、夫の誕生日のお祝いを兼ねていたのでしたヾ(´ε`*)ゝ

引越しを経験した直後は、どうしてもモノを増やすことへの抵抗感が強まります。
そんな訳で、プレゼントはこちら…思う存分食べてもらいました。

110204kaike4

モノより思い出(笑)当分カニは食べなくていい、というくらい満喫しました。

110204kaike5

夫には現実的すぎてちょっとショックだったらしく不評だった、ケーキのロウソク…

110204kaike2

冬の海辺に何を思う、43歳(笑)ともあれ、誕生日を重ねられることはありがたい幸せ。

「皆生きる」という温泉の名にふさわしく、芯から生き返った気分になれました。近くにこんなところがあって嬉しい。これからは日帰りで通おうと思います。

110204kaike3

お土産コーナーで発見。「ねこ娘ミスト」って…!!(゚ロ゚屮)屮
吹きかけると妖怪に変身する…のかと思ったら、源泉の成分でお肌がツルツルになるそうで、。当たり前か(笑)