2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

カテゴリー「鳥取の美味しいもの」の記事

2015年3月25日 (水)

カフェの朝ごはん

鳥取県民になって1年も経たないうちに妊娠・出産・育児の日々に突入したため、食べ歩き大好きな私が「いつか行きたい!」と思いながら、とうとう叶わなかったお店が色々ありました。

(いつもこのブログを読んでくださっている方には、“それだけあちこち行ってたら十分では…”と呆れられるかもしれませんが(;´▽`A``)

それでも、隙間の時間にホッとくつろげる、お気に入りの場所をいくつか見つけられたことは、とてもラッキーでした。

白壁土蔵をリノベーションした「善五郎蔵」という建物の中にある小さなカフェも、そのひとつ。

150323cafe1

M.KURA COFFEE

150323cafe2 150323cafe3

カウンターだけの小さなお店の中は、ドアを開けると珈琲の香りで満たされています。
週末だけモーニングの営業をされていて、水切りヨーグルトを添えたハチミツたっぷりのバゲットトーストか、サラダ添えのサンドイッチが選べます。

先日遊びに来た従妹も、長旅の翌朝に連れていったところ、とても満足していました(コーヒーが得意じゃない彼女のために、ミルクを特別たっぷりにしたカフェオレを作ってくれた店主さんに感謝)。

このお店もそうですが、女性のオーナーが独りで切り盛りしている感じのいいカフェ(喫茶店、と言った方が似合うお店も含めて)がこの辺りはいくつもあって、それぞれのこだわりが、それぞれの居心地の良さを作り出しているのが素敵です。

顔なじみになったお店に、この度引っ越すことになりまして…とお別れを言って回っているこの頃。
この期に及んで(苦笑)また、何とも雰囲気の良いカフェが通勤路にオープン。

150323cafe4150323cafe5

アパートメント喫茶

引っ越し準備に明け暮れる一日のエネルギー補給に、モーニングをいただきました。
お店でいただくジャムトーストは、自分ではなかなかこうはいかない、というくらいジャムの量がどっさりでうれしい。一期一会になってしまうのが切ないくらい、美味しかったです。

こちらのお店も若い女性が独りで営まれているようでした。写真撮影の許可をいただくと「こんな程度のものでよろしければ…」と恐縮されたのが、先に紹介したお店の方とまったく同じで、かわいらしかった!

一人ひとりの夢が形になった場所。
いつかこの街を再訪した時に、すべてのお店が変わらずにあってくれたらいいなぁ、と、お世話になった皆さんのご健勝をお祈りする次第であります。

お金もモノも、あればあるだけもれなく面倒もついてくるので、お金持ちになりたいとは思わない。老後にとびきり贅沢しようとも思わない。
でも、いつでも好きなようにお気に入りの喫茶店に足を運べること、その点においては生涯現役でいたい(笑)
そんなことをしみじみと思うこの頃です。
これからもお小遣い稼ぎ、がんばります…

<おまけ>
150323cafe6アパートメント喫茶のある通りには、「米子湯」という銭湯があります。

普段、息子と一緒の入浴タイムは自分のことは後回し。
腰痛や肩こりが辛くなった時は、仕事を終えて保育園に迎えにいくまでのわずかな時間にこちらに飛び込んでいました。

午後の銭湯はほとんど貸切状態で、深くて広い浴槽でのびのび手足を伸ばすと、芯から温まって、身体がウソのように楽になります。
血行を良くすることは本当に大事なんだなぁと実感…。

「銭湯は裏切らない」
というのは、故・立川談志師匠の名言ですが、ここもお気に入りの場所の一つでした。

ちなみにこちら、浴室の壁画はよくある富士山ではなく、パンやのろくちゃん等の絵本を描かれた長谷川義史さんが米子の風景を描いたもの。いつか息子も一緒に連れて行こうと思っていたのですが…

叶わなかったことは、「いつかまた」のお楽しみが先に増えたということでもある。そう思うことにしましょう。

2015年3月14日 (土)

Jacob's Staff

ある日の食卓で、豚汁の中に入っていた里芋を食べながら、息子が
「キッシュ~!」
と叫びました。

夫は「なぜ、このタイミングでそんなオシャレな食べ物の名前を?」と目を丸くしていましたが、それは恐らく、私がよく買ってくるこのお店の根菜のキッシュが大好きだから。

150314yakobu2
「ヤコブの杖」と大書されたオープン予告のポスターを見かけた時、最初は何のお店が出来るのか?と、インパクトのある店名に驚かされたのですが、「美味しいけと不便なところでなかなか行けない」知る人ぞ知るロールケーキの名店だと、職場の同僚が教えてくれました。

150314yakobu1
通勤途中にあるので、昨秋のオープン以来足繁く通っているわりには、店名の由来を聞きそびれています(笑)
お店のサイトを見ると、天体に由来する言葉のようですね。

150314yakobu3  150314yakobu4

いつも、息子と分け合うようにキッシュを二種類買うのがお約束。ただし、五割近い確率で誘惑に負けてロールケーキも買ってしまうという…(^-^;

ロールケーキは、「の」の中身の方を味わいたい私。某コンビニの人気商品のように、クリームはたっぷり巻き込んであるのが好みです。
でも、こちらのお店のロールケーキは卵にこだわられているせいか、スポンジの弾力がふわふわの上を行く「ポワンポワン」という感じで、パクパクいけてしまいます。
もうすぐやって来る息子の誕生日も、このケーキでお祝いするつもりです。

ちょっと一人の時間が作れた時は、店内のカフェスペースで小腹を満たしたり。
熱々の具だくさんスープが添えられたクロックマダムをランチにいただく日も。
近所に出来てくれてありがたかったお店。いつも助かってます。

2015年1月28日 (水)

いつでもモーニング

以前のブログでも紹介したこちらのパン屋さん
2階のカフェスペースで、買ったパンやスイーツ、ランチメニューなどをいただくことが出来るのですが、平日しかオープンしていないこともあって、滅多に足を運べません。

ところがこの度、「いつでもモーニング」なるメニューを始めたというお知らせに、矢も楯もたまらず…
所用で午後半休を取るついでに寄ってみました。

私、人に作ってもらう、つまりは外で食べる朝ごはんが本当に好きなのです。
中でも、美味しいパンやワッフル、パンケーキなどが主役の朝食メニューに目がない。
厚切りのトーストに卵とサラダ、スープ。フルーツに選べるドリンク付、というメニュー構成は、ど真ん中ストライク、でした。

150128lunch2
この日のスープはさつまいものポタージュでした。トーストに塗るアイテムは、バター、オリーブオイル、ココナッツオイルから選択します。有精卵と無添加ハムのハムエッグ付。
ミルクティをお願いしたら、豪華絢爛のティーセットでたっぷりと牛乳を添えてくれて嬉しくなりました。気分は「ダウントンアビー」かアントワネット様??

150128lunch1こちらのお店で作られているパン類は、ウィンナーやチーズも含めて無添加やオーガニックの材料にこだわられていて、パン好きな息子にも安心して与えられます。

鳥取の名産、大山バターや、お隣・島根県の木次乳業の牛乳・卵など、山陰の誇る美味しいものが使われているのも嬉しいところ。

(昨年からのバター不足の背景にある事情は、ニュースや新聞を見る限りなかなか複雑なようですが…国内の酪農家さんの頑張りを、消費者としては美味しく食べ続けることで支えていきたい、という思いです。メイドインジャパン、大好き!)

朝ごはんのようなお昼ごはんを堪能した後は、自宅用に全粒粉の食パンやさつま芋入のテーブルロールを買って帰りました。

普段は、とてもじゃないけど朝食に優雅に時間をかける余裕はなく…とにかく息子に食べさせ、着替えさせ、自分は職場に早めに着くようにして、何かお腹に入れています。

でも、美味しいパンが買ってある!と思うと、いつもより早く起きる気力も湧いてくるから不思議(笑)

150128lunch3
上質なEXバージンのオリーヴオイルがあると、トーストも贅沢なご馳走になりますね。こちらは友人から内祝いにいただいたお品。
作り置きしてあったマッシュポテトを添えて、ティーバッグの紅茶を淹れて、自分で用意するならこれで十分リッチな朝ごはん(^-^;

2013年9月30日 (月)

GMTの小麦

実りの秋の到来ですね。
この辺りでは今、まさに稲刈りのシーズンを迎えたようです。

休日に車で出かけると、道の両側に黄金色の稲穂が波打っている様子や、収穫を終えた後の摘み藁が整然と並んでいる田んぼを目にします。
イネ科の植物にどうやらアレルギー反応を起こすらしい私には、若干辛いシーズンでもあるのですが、美味しい新米を味わえるのは何よりの楽しみ!

こちらの地域では、稲作の他にも小麦の栽培に力を入れていて、「鳥取県産小麦」というのぼり旗を掲げたパン屋さんやカフェが色々とあります。

わが家が一番のご贔屓にしているのは、「ベッカライひがしやま 麦の種」というお店です。

130525muginoya1

量り売りされているハード系のパンから甘いデニッシュパンまで、どれも「噛めば噛むほど小麦の美味しさ」という感じで、パン好きにはたまりません。

130525muginoya2
お店の入り口に掲げられたメッセージも直球!
系列のパン屋さんが旗降り役となって、県産小麦の普及に力を入れていらっしゃるそうです。

「身土不二」という言葉がありますが、人間の身体には、暮らしているその土地でその季節にとれたものを食べるのが一番健康に良い、という考え方には共感を覚えます。

地元で獲れる美味しいものを大切に…一消費者としては「食べて応援」するしかない、という訳で、食欲の秋まっしぐら!に突き進んでおります(笑)

130525muginoya3
若干「カオナシ」チックな笑顔が微笑ましい、うぐいす豆の餡が入ったその名も「おまめさん」。
頭からむしゃむしゃかぶりついて、小腹を満たしてもらいました(リアルあんパンマンに遭った気分…)

2013年8月18日 (日)

パンケーキでモーニング

暑さに負けて、朝から台所に立つ気にもなれない週末。高島屋の中に、この春からオープンしたパンケーキのお店へ出かけてきました。

130817tottoko1

この辺りは、パン屋さんも県産の小麦を使ったお店が多いのです。地産地消バンザイ!

130817tottoko2

ブランチを食べるつもりで10時のオープン直後に行ったところ、12時まで「モーニングセット」のメニューがあることが判明。パンケーキのお皿にミニサラダとヨーグルト、飲み物がセットになっていました。
夫はハムエッグ付のパンケーキ、私はアップルシナモンのパンケーキを選択。
軽い焼き上がりでふんわり、美味しかったです。

130817tottoko3

添えられていた、黒蜜・メープルシロップ・ハチミツの3種類のシロップ。
この容器、何だか中華料理のテーブルでよく見るような…?
と思ったら、テプラシールの下にはうっすら「酢」「醤油」の文字が…リサイクル…(;´Д`A ```

2013年7月15日 (月)

懐かしの味

過日、お隣の島根県にスターバックスが出来たことで、ついに
「日本で唯一スタバのない県」
となってしまった、鳥取…

とかく「あれもない」「これもない」と陸の孤島ぶりが話題になりがちですが、なぜかこの度、名古屋が誇る(?)コメダ珈琲が米子にオープンいたしました。

1306715komeda2_2
中国地方では、広島に続き二店舗目になるそうで、職場でもしばらく前から度々、お昼休みの話題に上がっていたほどの盛り上がり。

三重県民だった頃は散々お世話になった私。
泊りがけで遊びに来てくれた遠来の友人を、モーニングに連れて行くと皆喜んでくれてたなぁ。
コメダ経験者として、ビギナーの皆さんに
「モーニングのトーストは100円で小倉あんをプラス出来るけど、あんこの量はたっぷりだから二人で一つで十分ですよ!」
…などなど、鼻高々で(どうでもいいことを・笑)レクチャーしていたこの頃でした。

三連休の最終日、朝から降り続いた凄まじい雷雨がお昼過ぎにやっと止んだので、懐かしい味に再会しようと出かけてきました。

1306715komeda1_2
オーダーしたのは、ミルクコーヒーとシロノワール。

ミルクコーヒーは、以前は「モーニングカップ」という商品名だったはず。コーヒーより牛乳の方が多いので、表面にうっすら膜が張っているのをスプーンでクルっとすくって飲むのです。

シロノワールは、デニッシュパンの上にソフトクリームを乗せた一品。
パンが黒、ソフトが白だからこういう商品名らしいですが、何で黒がフランス語で白が日本語なのか、意味不明。
ちなみに、写真の奥に映っているのは、夫が大好きなスクランブルエッグトースト。
でも、ピザトーストの間に挟まっているのは、スクランブルエッグじゃなくて玉子サンドに入っている、あの刻んだゆで卵…と、こちらも若干意味不明。

まぁ、細かいことはいいんです(笑)ふつうに美味しい懐かしの味、堪能しました!
今度は、早い時間にモーニングのトーストを食べに行きたいな。色々なことを思い出して、三重のお友達に会いたくなった午後でした。

1306715komeda0_2今のところ何も味わえないこの人は、おとなしくガーゼハンカチをかじっていました。

2013年6月 3日 (月)

山のパンケーキ

6月に入り、夏山のシーズンが到来して、週末は地元の名峰・大山(だいせん)の山開きのニュースが大きく報じられていました。

登山にはまったく興味のない私ですが、その話題を目にして心底、山が恋しくなってしまいました。
懐かしいのは、出産直前に行った大山山麓のカフェ。正確には、そちらでいただいた絶品のパンケーキです。

130602pancake1

Mont.Cafe

札幌オリンピック代表だった元スキー選手の方が営む、レンタルスキーのショップの二階がカフェになっています。

130602pancake2

テレビで紹介されているのを見て、どうしても食べたくなって出かけていったのですが、期待を裏切らないふわふわの食感!
大好きな絵本「ぐりとぐら」のカステラの絵を思い出しました。

標高800mのところに位置するこのカフェのあたりは、訪れた頃はまだ雪が残っていましたが、今頃は緑が濃くなって、夏には爽やかな風が吹き渡ることでしょう。

梅雨が明けたら足を伸ばしてみようかなぁ・・・

2013年3月16日 (土)

元気が出るランチ

料理をするのは決してキライではないけれど、基本、外食が好きです。
…というか、結婚して自分で台所を切り盛りするようになってからは、「人が作ってくれるものは何でも美味しい、ありがたい」という心境になりました(笑)

病院の検査や健診、諸々の行政関係の手続きなど、用事で外出することが何かと多い毎日。
仕事の時はお弁当持参ですが、実は、家の周囲は近隣のサラリーマンが集うランチ天国…

130316tonkin_3出産後は、しばらくはお出かけ自体がままならないと思われ、
「じゃあいつやるか?今でしょ!」
とばかりに、お昼ごはんは気の向くまま、色々なお店の味を楽しんでいます。まるで「孤独のグルメ」の五郎さんです(笑)

こちらは、土日のランチタイムは行列が出来る人気のカレー屋さん、「とんきん」のメニュー。
カウンターだけの小さなお店ですが、昔から地元では馴染みの深い名店だそうです。

普通のカレーやドライカレーなどもある中、私のお気に入りはこの「チキンフライ」。

注文を受けてから一つひとつ揚げてくれる、一口サイズのチキンカツがお皿でジュワジュワ音を立てているのを、別盛りのカレールーにつけてハフハフ、いただきます。

お店を切り盛りしているベリーショートのおばちゃんが、居並ぶお客さんからの注文をさばきつつ
「今ハンバーグできるけんね!」「はいっお待たせしました!そちらは何にしましょ?」
と張り上げる声を聞いていると、何だか元気が出てくるのでした。

もう一軒、同じくベリーショートのおばちゃんがやっているお店で「がっつり食べるぞ!」というモードの時にお邪魔するのが「ののや」さん。今日は夫とふたりでランチに行きました。

130316nono1

130316nono2_2メインを選べるお昼の定食をお願いすると、まずは手作りドレッシングのたっぷりかかったミニサラダと、小鉢と茶碗蒸しが出てきます。
このドレッシング、すりおろしたにんじんと玉ねぎがベースになっていると思うのですが、本当に美味しくてクセになる味。

私のお腹を見て、「カルシウム補給してくださいね」と小イワシの煮付けをサーヴィスしてくださいましたm(_ _)m

メインは、夫はいわしのフライ、私は大好きなタンシチューにしました。

130316nono3 130316nono4

どちらもボリュームたっぷり!いわしはもちろん揚げたてで、デミグラスソースが敷いてあります。

130316nono5
そしてカニ汁とお代り自由のごはんと、お新香と(なぜか、このタイミングで)お刺身の盛り合わせが出てくるという…今朝、境港で揚がったばかりという新鮮な鯵。
最後にコーヒーがついて、お値段は1000円という素晴らしいコストパフォーマンス。
しっかり栄養補給させていただきました!

130316hair_2「いつやるか?」と言えば、今のうちに美容院にも行っておいたほうがいいなぁ…と思い立ち、伸びて視界の妨げになっていた前髪をばっさりと眉毛の上で切り揃えてもらいました。

お願いしているサロンには「前髪カット」というメニューがあって、あっという間に仕上げてくれます。

シャンプー台に仰向けになるのが辛い今となっては助かりました。

前髪をこんなに短くするのは久しぶりのことで、いや~スッキリした!と思う一方、鏡の中の自分を見て

「ちょっと、ヤノマミっぽいかも…?」と思ってしまった…_| ̄|○

130316yanomami  【参考画像:ヤノマミ族】

2013年2月11日 (月)

愛しの白バラ

野菜の価格が高騰している、というニュースをよく目にしたこの冬。
テレビで、都内のスーパーの野菜売り場の様子などを見ると、信じられないような値札がついていて目を疑います…まさに「生活防衛」という感じで知恵を絞らないといけないレベルですよね。

地方住まいのありがたさは、地元の新鮮な農産物を買える産直売り場が近辺に事欠かないこと。
何となく、食材は国産・地元産にこだわっている私には、なくてはならない存在です。
週末は、夫に車を出してもらって買出しに行くのがお約束。一番のお気に入りは、JA直営の大きなマーケットです。

豊富な品揃えの他に、もう一つ魅力的なのが、店内にあるこちらのスペース!

130211shirobara1

「白バラ牛乳」というのは、地元の大山乳業農協 が生産している牛乳・乳製品の商標名です。
鳥取県外でも、生協やKALDIの店舗で扱っているところも多いそうですが、私はこちらに越してくるまで知りませんでした。

…が、以前のブログでも紹介したとおり、その美味しさにすっかり魅了されております(*^-^)
夏場はアイスも美味しいし、大山バターもおすすめ。白バラコーヒーも、のむヨーグルトも、生乳の味がしっかり生かされていて、特にのむヨーグルトの濃厚な味わいはやみつきになります。
(以前遊びに来たあとむちゃんは、スーパーで大量購入して帰っていったほど)

こちらの「みるくショップ」では、ただいま冬季限定メニューが登場中。白玉あずきサンデーは、いつか食べたいお楽しみ…ですが、今回は買い物の後の休憩時間に、ホットチョコレートとコーンスープをいただいてみました。

130211shirobara2 130211shirobara3

コーンスープの方が量が少ないのは、先に出来上がってきて、温かいうちに…と口をつけてしまったから(笑)

本来は、乳腺炎を避けるため、出来るだけ乳製品を控えなければいけないのですが、たまに味わう白バラの美味しさは、キケンで甘い誘惑…です(^-^;

2013年2月 4日 (月)

25回目のおめでとう

立春の日は夫の44歳の誕生日でした。

私たちはお互い十代の頃からの付き合いで、指折り数えてみたら、夫の誕生日を一緒にお祝いするのは今年が25回目のこと。
四半世紀という年月は、さらさらとあっという間に流れていったようにも感じますが、出来事の一つひとつを思い出せば、それなりに重みのある時間の積み重ねです。

私たちには二人で生きていくスタイルが一番合っていて、いつか時が来れば

ふたりから ふたりから ひとりとひとりに戻るだけ (出典:クレイジーケンバンド“流星ドライヴ”)

という歌のフレーズどおりになる、その覚悟だけしておけばいい…と思って暮してきました。

それが、人生の「まさかの坂」の不思議で、根底からひっくり返ろうとしている現在。

2週間に一度の妊婦健診の予約が入っていたので、一緒に病院へ行き説明を聞きました。
おかげさまで経過は順調とのことで、一安心で病院近くのレストランでランチ。

130204lunch1_2  130204lunch2

ビストロ・ド・スズキ

リクエストにより、お昼は軽めのおしゃれなご馳走、夜はガッツリなご馳走…ということに。ワンプレートランチはスープとデザート、食後の飲み物がついて¥1000。クリームブリュレが熱々で美味しかったです。パンのお代りもご自由に、と言われましたが、かなりのボリュームでお腹いっぱいになってしまいました…

ちなみに、夜の部のご馳走はこちらのお店になりました。

130204niku1 130204niku2

焼肉うえば

おすすめの焼肉屋さんを地元の人にリサーチして、最も多く名前があがったお店でした。店構えから、おいしそうな雰囲気がひしひし漂ってくる感じ。期待は裏切られず、お肉はどれも美味しかった!写真は若干、煙に霞んでいますが(笑)
徒歩圏内で存分に生ビールと焼肉の組み合わせを楽しめた、というのが、夫には何よりのプレゼントだったようです。

130204niku3
食べ過ぎてこんなお腹になっちゃいました…というのは冗談ですが(*^m^)中の人はいまや、1.5リットルのペットボトルの重さを超え、あと少しで9ケ月に入ります。

無事に家族が増える日を迎えられるよう祈りつつ、二人で過ごす残りの時間も味わいつくしたいこの頃です。

より以前の記事一覧