2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

* link *


無料ブログはココログ

« 真実 | トップページ | ラグビーワールドカップ »

2019年10月20日 (日)

御即位記念特別展 正倉院の世界

令和の世を迎え、天皇陛下の御即位を記念する特別展が東京国立博物館で開催されています。「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美」。

本場(?)の奈良国立博物館も、もうすぐ年に一度の正倉院展で賑わう季節。三重県に住んでいた頃は夫と三回、足を運びました。(当時のブログを読むと、そうだったそうだった、と思いだすこと色々…もはやブログは世間への発信というより、未来の自分へ渡す備忘録になっている私)

今回、東京で展示された正倉院宝物は、そんな訳で「また会えましたね…」というものが多かったのですが、同時に法隆寺献納宝物(戦後法隆寺から皇室に献納され、現在は国が管理している)も併せて公開されて、トーハクならではの内容になっていました。

191020shosoin1

特別展の会場は平成館。この後令和館が作られることはあるのだろうか?

191020shosoin2

原寸大の正倉院宝庫が再現されているコーナーもあり、撮影可能となっていました。天皇の「勅封」が、年に一度扉を開ける際にどのように開封されるのか、実際の映像が併せて紹介されていたので、こちらも何か緊張感と共にモニターを見守ってしまいました。

今回の目玉展示、「螺鈿紫檀五弦琵琶」の模造に挑戦した過程もドキュメンタリー映像が流れていて、ああ、紫檀の木をこんなに…ヤコウガイをこんな風に…ここは玳瑁(タイマイ)の甲羅なのね…と、何度も繰り返し見てしまい、もはや自分でも琵琶が作れそうだと錯覚するほど(笑)

191020shosoin4

複製を作るのも大変な労力だし、まして世界に一つの宝物を守り続ける努力といったら、関わる方々の努力に頭が下がります。

Eテレの番組「びじゅチューン!」で、この螺鈿紫檀五弦琵琶をテーマにした「転校しないで五弦琵琶」という歌が大好きな息子。時空を超えて、実物を間近に見られるのがどれほど奇跡的なことか、どんなに説明しても実感できたかアヤシイですが、どこか記憶の底に残っていてくれたらよいなと願います。

191020shosoin3

秋晴れの空とは縁遠い今年の10月。上野公園でのんびりするには少し肌寒く、早々に帰宅して、夜はラグビーワールドカップ、日本vs南アフリカ戦をテレビの前で応援しました。
ベスト4への挑戦はあえなく破れましたが(南ア、素人目にもグループリーグの対戦相手とは次元の違う強さだった…)選手の皆さんが試合後、本当に充実したよい表情をされていて、その清々しさが印象的でした。

« 真実 | トップページ | ラグビーワールドカップ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真実 | トップページ | ラグビーワールドカップ »