2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

* link *


無料ブログはココログ

« 高畑勲展 ―日本のアニメーションに遺したもの | トップページ | 真実 »

2019年9月23日 (月)

チームラボボーダレス

9月は仕事でお台場のパレットタウンに通う機会があり、案内表示がやたら目について興味を持ったのが、デジタルアートミュージアム「チームラボボーダーレス」。

生まれた時代に関係なく、中年に差し掛かるとカタカナ言葉に弱くなるものなのでしょうか、「プロジェクションマッピング」という言葉が時々出てこなくなってしまう私のようなレベルでも、出かけてみたら理屈抜きで楽しめる空間でした。

190923teamlab2

とにかく用意された画像の種類が豊富、組み合わせも複雑に変化していくので、一ヶ所に足を留めてボーっと壁面を眺めているだけで、いつの間にか時間が立っているという感じでした。
いくつかの主題の中でも、水墨画のようなタッチで描かれた、鳥獣戯画の動物と古の人々が行列していく作品がとりわけ気に入りました。

190923teamlab1

三十分待ちの行列について入った「ランプの森」の部屋。ここを含め、館内はどちらを向いても皆、スマホを片手に自撮りに夢中。私の下手な写真より、インスタグラムで「#teamlab」を検索した方がよっぽどきれいな写真が見られそうだと思いました(笑)

190923teamlab3 190923teamlab4

チケットを事前予約してくれた夫が、館内の喫茶施設「EN TEA HOUSE」のお茶券も併せて購入してくれました。メニューは抹茶や、ほうじ茶を使ったミルクティーなどいずれもこだわりの一杯。手元が見づらいくらい暗い店内に最初は驚きましたが、差し出された器の中に、狙いを定めて花が開いては散っていく…という趣向。夢のようなティータイムでした。

190923teamlab5

「映える」を楽しむ若者ばかりでなく、子どもが体を動かしたり、お絵かきした画像を読み込ませてプロジェクションマッピングの世界で動かすことが出来るコーナーも充実。
息子の足に根が生えたかと思うほどの熱中ぶりで、ここを出たらその後に…と計画していた買物や食事の予定は全部あきらめたほどでした(笑)もはや、何の力に感嘆したらよいのかもわからない技術に圧倒されて帰りました。

« 高畑勲展 ―日本のアニメーションに遺したもの | トップページ | 真実 »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高畑勲展 ―日本のアニメーションに遺したもの | トップページ | 真実 »