2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 大相撲KITTE場所 | トップページ | 高畑勲展 ―日本のアニメーションに遺したもの »

2019年9月 3日 (火)

ロケットマン

190903rocketman


息子の夏休みが終わって、昼間の自由時間が戻ってきた!と、勇んでエルトン・ジョンの半生を描いた映画を鑑賞してきました。

描く時代も撮った人もかぶっているスターの伝記映画というので「ボヘミアン・ラプソディ」を思い出してしまいますが、「今を生きる人が描きたいように作った物語(つまりドキュメンタリーではない)」という点は二作に共通するものの、こちらは完全にミュージカルというかロック・オペラの趣き。


濃密な人生の光も影も、圧倒的にゴージャスに彩られた音楽とダンスで煌びやかに演出され、正直、曲に馴染みはあるけどご本人に特別な関心はなかった私も心から楽しみ、「あぁ、この歌がここで来るか…!」とハンカチを握りしめてしまった事数回。


 


やっぱりこの曲はマスターピース!
作詞家としてエルトンと長年コンビを組み、この映画でも重要な位置を占める人物、バーニー・トーピンを演じているのは、あの「リトル・ダンサー 」で主演していた男の子、ジェイミー・ベルです(感涙)。


ファーストシーン、道化のようなイタい人物として画面に現れて、その直後に表情が大写しになると、本当はどれほどの心の傷を誤魔化してきたのだろう、と同情せずにはいられなくなる。
ハート形のサングラス越しにのぞく目の、ギョッとさせられるほどの哀しさ…主演のタロン・エジャトン、歌声も含め素晴らしかったです。(キングスマンでは、エルトン・ジョンとあんなにやりたい放題暴れてたのに)

華やかでありながら、終始、幼少期からのエルトンの痛みと精神的な飢えにフォーカスした内省的な映画でもあって、ライブシーンがド派手でも応援上映とか不向きそう…
才能も名声も富も、「自分と折り合いをつけて生きる」ことに比べたら、ちっとも人を幸せにはしないのね、と深く感じ入った次第。(スターの伝記映画はほぼこのパターンとも言う。それだけ大事な人生の真実なのでしょう)


そういえば、先日観た「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(エースをねらえ!世代にお馴染み、女子テニスのキング夫人の映画)でも「ロケットマン」が流れる場面があって、切なくて美しくてグッとくるシーンでした。



才能ゆえに、特別な人生を歩まされる本人は大変だけれど、おかげで生まれた歌の数々に救われてきた凡人としては、地獄から生還してくれてありがとう、という思い。


なお、近年の実録もの映画のご多分に漏れず、本作もエンディングではエルトン始め実際の登場人物の写真が出て来るのですが、私、最後の1枚が出て来た時にあまりの驚きで座ったままのけぞりました!これからご覧になる方はぜひ、最後まで気を抜かず(笑)

« 大相撲KITTE場所 | トップページ | 高畑勲展 ―日本のアニメーションに遺したもの »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大相撲KITTE場所 | トップページ | 高畑勲展 ―日本のアニメーションに遺したもの »