2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 港ヨコハマ再発見 | トップページ | 八月納涼歌舞伎 新版雪之丞変化 »

2019年7月27日 (土)

氷艶ー月光かりの如くー

一昨年、歌舞伎とアイスショーのコラボレーションを見事なエンターテインメントに仕上げてみせた「氷艶2007 破沙羅」。(鑑賞時のブログはこちら)。

事前の予想を遥かに上回る濃密な内容は、時を経た今も忘れられず…
第二弾の制作が発表された時から、開催を心待ちにしていました。

190727hyoen3
会場が横浜アリーナだったため、みなとみらいや横浜駅周辺の商業施設ではキャストの等身大パネルが飾られたりして、開演日が近づくにつれ気分が盛り上がっていました。

今度は、宮本亜門演出のミュージカル?題材は源氏物語?どうなることやらまったく想像がつかず。
座長格となる髙橋大輔さんの「自分は光源氏をやるには色々濃すぎると思う」という記者会見での発言に、確かにそうだ…と深くうなづき(笑)
前回も、客席に座る前は何が何やらよくわかっていなかったのだから、そして終演時には「これを観ない選択肢はあり得なかった!」という気持ちになっていたのだから…と、期待だけ心に詰め込んで、横浜アリーナに向かいました。

190727hyoen1

前回の氷艶は、歌舞伎役者の皆さんが本当にスケートを頑張ってる、という点にとにかく胸打たれたのですが、今回は何と言ってもスケーターが、本業以外のところでがんばっている点にビックリ。
台詞を言う、演技をする、そして歌う!
特に出ずっぱりだった光源氏の大ちゃん、私の眼は贔屓のひき倒しで曇りまくっているので正常な判断ではないことを自覚しつつも、思いのほかちゃんと出来てた…と、感動するより安堵が先に立つファン心理(笑)

190727hyoen2

平安貴族の雅な世界を描いているはずなのに、何度も何度も剣をふり回す立ち回りが見せ場になっている時点でもう、トンでも源氏物語、というのは明らかで、細かいツッコミはなしね、という感じ。
それでも、あのステファン・ランビエール様が烏帽子に装束で現れただけで「リアル"あさきゆめみし"」!とうっとりだったし、スケートリンクでしか表現できないプロジェクションマッピングの妙(特に歌合せの場面の、筆文字とスケートの織りなす表現の美しさは忘れられない)など、「氷艶」ならではの世界を堪能しました。

ミュージカルは基本的に、「ストーリー」を描かなければいけない以上、起承転結が必要で、そもそもあらすじなど無視で、見せ場と見せ場が排気でくっついてしまう歌舞伎とは大きく違う。
どちらがアイスショーの性質にあっているかといえば、個人的には後者かな、と思ったのも事実です。

主役を張る大ちゃんの持ち味は、圧倒的に「陽」よりは「陰」のテイストだから、クライマックスは彼の「慟哭の舞」であって当然だし、流石のスケーティングで目頭が熱くなりました。
ただ、そこへ持っていくがために、終演後「…そう言えば、誰1人幸せにならないお話だったよね…」と気づく羽目に(笑)

観客席の私は十二分に幸せでしたよ!後日、浅田真央ちゃんも同じ日に観劇していたことがわかって興奮を新たにしました!
(9月1日、正午からBS日テレで放映されます)

« 港ヨコハマ再発見 | トップページ | 八月納涼歌舞伎 新版雪之丞変化 »

文化・芸術」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 港ヨコハマ再発見 | トップページ | 八月納涼歌舞伎 新版雪之丞変化 »