2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

* link *


無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月11日 (火)

氷上の王、ジョン・カリー

190611theiceking

私は伊藤みどりと同学年の生まれ。
幼心に現役時代の佐野稔を「かっこいい!」と思い、ロビン・カズンズやらフィリップ・キャンデロロやらを経て、ついに髙橋大輔という選手に出会い完全に沼に落ちる、という世代の男子フィギュアスケートファンです。

今、公開されている「氷上の王、ジョン・カリー」というドキュメンタリー映画の主人公の滑りを、この度スクリーンで対峙するまで、まったく見たことがありませんでした。
ただ、髙橋大ちゃんと二人三脚で歩んでいる長光歌子コーチが、折に触れて、「かつてジョン・カリーという選手がいて、それはそれは素敵だった」ということをインタビュー等でお話されていたことで、その名前を記憶していました。

多様性への寛容さ、という点において現代とはまったく違う時代に、金メダリストであり同性愛者である、という葛藤を抱え、AIDSにより命を落とした伝説のフィギュアスケーター…その人生の歩みの厳しさは、事実を淡々となぞるだけでも胸に迫って、苦しくなってくるのですが、その哀しみのトーンに包まれてなお、なんと彼のスケートの美しく、優雅で、完壁だったことでしょう!

プログラムに組み込まれているジャンプは、まだダブルアクセルやトリプルトゥループ(それでも高難度技認定だった)。
でも、彫像のように身じろぎもしないアラベスクの形で延々と滑るスパイラル、コンパルソリー(基礎)も得意だったことが伺える滑らかなステップ、軸のぶれないスピン、しなやかな腕や手指の表現…
決してジャンプの難易度だけではない、フィギュアスケートの「美の真髄が宿る場所」を、こんなにも体現していた人が、こんなにも遡った時代にすでに存在していたなんて。

ここから始まって、ここでもう完成してたんだ!

その驚きにずっと心を動かされていた上映時間でした。

 

「そんなものは男らしくない」という誹りに生前は苦しみ抜いたであろうジョン・カリーですが、長身で、まさに男性的な体格ゆえに、ショースケーターになり自身のカンパニーを立上げた後は、女性とペアを組んで素晴らしいプログラムを生み出していました。
男子フィギュア大国になった日本だけれど、今のトップスケーター達にはこれはなかなか実現が難しいことで、いやはや凄い人がいたものだ…と、映像の記録が残っていたことに心から感謝した次第です。

アスリートとジェンダーの問題、LGBTQの人々を取巻く差別や偏見など、今も後を引くテーマについても深く考えさせられる作りになっている映画ですが、カリー本人のインタビューに出て来た

フィギュアスケートなどの芸術は、人々に「生きていてよかった」と思わせるもの、自分は人々の心を動かせたことをうれしく思う。

その彼の言葉に、深く深くうなづきました。長い長い時を経て、ジョン・カリーの「牧神の午後」が、「海賊」が、「ドン・キホーテ」が、「シェヘラザード」が、遠い日本で私の心を確実に揺さぶっています。

190611theiceking2

2019年6月 9日 (日)

よこすかYYのりものフェスタ

190609yokosuka1

横須賀、と聞くと脊髄反射で「これっきり、これっきりもう…」と山口百恵さんの歌声が脳裏をよぎる世代です。…が、実はお隣の市に住んでいながら横須賀へ足を伸ばしたことは数えるほどしかありませんでした。

夫がJR駅構内でチラシを見つけて、出かけることにしたのが「よこすかYYのりものフェスタ」というイベント。
JRの特別車両に、はたらく車に、海上自衛隊全面協力により艦艇まで見学出来るということで、鉄オタ・ミリオタの方々の波にもまれて楽しんできました。

CKB好きの夫と私の英才教育(?)のおかげか、横須賀に行くよと言われて「トンネル抜ければ~」とタイガー&ドラゴンの歌い出しを口ずさむ息子であった(笑)

190609yokosuka2

横須賀線のホームに着いたら、いきなり隣の2番線には伊豆急行2100系「黒船電車」の車輛展示。旅行気分で社内でお弁当を食べる上級者の姿も。

190609yokosuka3

なんと、天井にプラネタリウム(?)が設置されたサロンカーも。この頃小学校のお友達の家に遊びに行くことも増えて、ゲームへの欲求が高まる一方の息子は、流れ星が現れる度に大声で「ゲームほしい!ゲームほしい!ゲームほしい!」と三回唱え、周囲の失笑をかっていました…

190609yokosuka4

駅から目の前の海に面した、海自の横須賀地方総監部。一般公開されていた護衛艦「はたかぜ」の前で、謎めいたゆるキャラの出迎えを受けました。

190609yokosuka5

訓練時のミサイル発射の写真説明がついた、巨大なアスロックランチャー。
実際に火を噴く日は永遠に来ないで欲しい。

190609yokosuka6

潜水艦うずしおも展示されており、甲板を歩いてみました(当然ながら中には入れず)。
これまでも、自衛隊が企画する見学イベントに行ったことがありますが、どこでも係の方々は本当に物腰柔らかく子どもにやさしいです。
親玉である防衛庁がらみのニュースは、開いた口がふさがらないお粗末な話ばかりの今日この頃。まずは現場の一人ひとりのためにもしっかりしていただきたいものだとつくづく…

190609yokosuka7

小さな山下公園、といった趣きのヴェルニー公園で、崎陽軒が販売していたイベントの記念弁当を遅いお昼にいただきました。
中身はチャーハン弁当みたいな感じ。シウマイだってチャーハンだって、崎陽軒の手にかかれば冷めても美味しい!その他に、横須賀名物海軍カレーもしっかり味わってきました。

しかし、ここで空から落ちる無情の雨。自動車ゾーンや、少し離れた三笠公園へ行くのはあきらめて帰路に着きました。
そんな訳で、さわりを楽しんだだけのイベントでしたが、今度はもう少しゆっくりと街歩きをしてみたいものです。

2019年6月 7日 (金)

アメリカン・アニマルズ

Americananimals

2004年、米国ケンタッキー州で、大学図書館から時価12憶円相当の貴重な古書が強奪される。事件を起したのは、特に生活に困っていた訳でもない4人の大学生だった…

…という、実話を映画にしたのがこの「アメリカン・アニマルズ」という作品。
実話に基づいて、というレベルではなく、事件のあらましを俳優たちが演じるドラマを観ているうちに、なんと事件に関わったご本人達が続々と登場して、事の経緯を回想し始めるという、ドキュメンタリーの手法も用いられています。

自分の力で人生を切り回していかなければならない時が目の前に迫りつつあり、不安と同時に、こんなもんか?と勝手に先行きを見極めたつもりになってしまう。
そんな中で、特別な存在でありたい、ありきたりなやつらとは一線を画したい、という思いが、抗いがたい誘惑として目の前に立ち現れる…

イタズラの延長線上のような、稚拙な犯罪計画にのめり込んでいった彼らを、若い!イタい!愚かすぎる!と断罪するのは簡単だけれど。
それで終わりにしてしまうにはあまりにも、彼らが「いつの時代もどこにでもいる若者」なのがほろ苦い。
かつてまわりにいた若き日の仲間たちも、私自身でさえも、そしてSNS時代のある意味地獄を生きる今の若者たちも、皆みんな、取返しのつかない「やらかし」と紙一重。

事実の再現をフィルムに焼き付けていく過程のうちに、各人の証言は微妙にくい違い、完全犯罪と言う幻から、ついに現実に引き返せなかった彼らの哀れさが痛ましいのですが、観ているこちらにも「ヒャッハー!もしかしたら上手くいっちゃうんじゃない?」と思わせる瞬間があるのが怖いです。
「普通」と「普通じゃない」人生は、かくも地続きなのかと考えさせられます。

映画の終盤に登場するのが、どの登場人物のご本人か。4人の大学生のうち、当時を回顧して唯一泣くのは誰か。
現実の世界の中では、傷つけられていい人間など存在しない。
シンプルなようでいて、実は他者の痛みを想像できる心の成熟がなければ理解できない映画のメッセージを、事件の当事者である彼らはずっと心の深部に抱えて生きていくでしょう。
犯罪者の烙印を押されることなく教訓を胸に刻めるのも、芸術の効能です(笑)それにしても強烈な青春映画でした。絶対に後戻りしない時間の切なさよ!

 

2019年6月 4日 (火)

クリムト展

2019年の春、東京はちょっとしたクリムト祭り。都内で三つの関連する美術展が開催される中、最も画家本人の作品を中心に取り上げている「クリムト展ーウィーンと日本1900」を、上野の東京都美術館で鑑賞してきました。

没後100年を記念した展覧会で、初期の作品から、代表作を数々生んだ「黄金様式」の時代まで、油絵、素描の数々が展示されていました。コレクションしていた日本の古美術品や、ウィーンの分離派会館の壁画「ベートーヴェン・フリーズ」の複製の展示も。

過去最大級!と大々的に宣伝されていましたが、展示作品の数は都美術館の規模に見合った程よいボリュームで、朝からじっくりとまわって(幸い、混雑もそれほどでもなかった)お昼前には鑑賞を終えるという、中年の足腰に優しい(笑)内容でした。
初期の写実的な肖像画がハッとするほど魅力的だったり、一本の線が迷いなく決まっていて、この人本当に絵が上手なんだな…と当たり前のことを思い知らされるデッサンの数々も、見応えがありました。

 この物語を映画化した、ヘレン・ミレンの映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」も、良かったなぁ…

ウィーンを訪れた際、ベルヴェデーレ宮殿のオーストリア・ギャラリーで、「接吻」や「ユディトⅠ」が飾られたクリムトの部屋に足を踏み入れた瞬間の、「わぁ…」とため息まじりの歓声が小さく漏れてしまったあの感動は、十数年を経た今でも忘れられない記憶です。

点描の筆運びの立体感と入り混じって、黄金のきらめきが、色彩のうねりが、空気まで輝かせている…という驚きは、実物の作品と対面したからこそのもので、冬のウィーンの思い出も甦りました。
わざわざ飛行機に乗って観にいかなくても、向こうから近くに来てくれる、東京の有難さを思った次第。

190604klimt1

最近はどこの展覧会でもお約束になった感がある、会場外の撮影コーナー。「女の三世代」を背景に、自分が箔細工のフレームに入って記念撮影が出来るという趣向ですが、ちょっとやってみる勇気が出なかったです…

190604klimt2

ランチは東京文化会館の2階にある精養軒に行きました。
ハンバーグもミックスフライも美味しそうだったけれど、悩んだ末に、精養軒がオリジナルで発明した洋食(?)「チャップスイ」を選択。ざっくり言えばコンソメベースの中華丼、という感じで、文明開化の味がする気もする(美味しかったです)。

190604klimt3

デザートはいちごのモンブラン。場所柄か、お皿が五線譜や音符をあしらったとても美しい絵柄でした。

この日、一緒に出かけた同級生とは半年ぶりの再会。お皿が空になった後も近況報告が止まらず、気づけばクリムト展の2倍以上の時間を精養軒で過していたという(笑)

2019年6月 2日 (日)

新之助上布でリパイユの会

190602lunch1

新之助上布ラヴァーズ、とグループの名称も定まって、いつもの仲間たちに初参加のメンバーも加わり、定例となったランチ会を開催しました。
会場はもちろん、馬車道のフレンチの名店リパイユ。

綿麻や本麻、思い思いの新之助上布に身を包み、お互いのコーディネートのツボに舌を巻き、目に美しく美味しいお皿を味わい…
いつも期待を裏切らない居心地の良さに、お腹は満たされおしゃべりは弾み、本当によく笑った昼下がりでした。

190602lunch2

しぼの入った生地には何とも言えない光沢と艶があり、屋外に出るとまるで魔法のようにそれぞれの着物が輝き出します。
毎回、この瞬間が楽しみで、お店の前での集合写真はテンションが上がってしまうのでした。

190602lunch3

近日中に髪を短くすることを決心した私、これが最後だからという思いで、行きがけに近くの美容室で結髪してもらいました。

190602lunch4

親戚内リサイクルで手元に来たものの、ずっと眠っていた絽の帯が、今年新しく誂えた綿麻の色合いにぴったりで、皆さんにお褒めの言葉をいただき幸せでした。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »