2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

* link *


無料ブログはココログ

« 大相撲五月場所 | トップページ | 新之助上布でリパイユの会 »

2019年5月18日 (土)

東寺展

190518tohaku1 

「特別展 国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」というのが、展覧会の正式名称だそうです。ともかく、巷ではかなりの話題になっている東寺展。

弘法大師、空海が真言密教の道場としてプロデュースした東寺。かなり昔、京都観光の折に、五重塔の心柱が特別公開されているのを拝観できたことが印象的で、京都の中でも思い入れのある場所の一つです。

講堂の立体曼荼羅から、15体と史上最多の仏像が観覧出来るとあって連日大賑わいと聞いていました。金・土曜は21時まで開館しているということで、混雑を避けて夕方から会場の東京国立博物館へ行くことに。

190518tohaku2

上野公園では新潟県の観光フェアを開催中。名前も知らぬゆるキャラさんにとりあえず懐いていく息子…(笑)

190518tohaku3

公園内を歩き、トーハクからやや奥まったところにある国際子ども図書館へ行きました。元は明治の末に建てられた帝国図書館。レンガ造りの建物にある国立の児童書専門図書館です。

190518tohaku4

階段の吹き抜け部もこの通り、鏝絵の漆喰装飾や手すりの細工の美しいこと。以前から一度来てみたいと思っていましたが、想像以上に素敵な場所でした。

190518tohaku5

図書館にいれば時間を忘れるタイプの息子。閉館の17時まで、次々に色々な蔵書を読み漁っていましたが、読書の際その姿勢ってどうなの…

空の色が変わった頃に移動して、入場待ち時間ゼロで東京国立博物館平成館へ。

息子がいただいた小中学生向けのジュニアガイドには、「こころの宇宙にとびこもう!」という秀逸なコピーが書いてありました。
インドから中国を経て日本に伝わった、奥深い密教の教えをこのように視覚化してみせた、1300年前の天才の頭脳にひれ伏したい思い。
空海が実際に持ち帰った法具をはじめ、貴重な国宝を次から次へと拝見できました。音声ガイドの佐々木蔵之介さんのナレーションも、美声と穏やかな語り口でうっとり聞き惚れるレベル。

190518tohaku6

立体曼荼羅の仏像群のうち、帝釈天騎象像は撮影が許可されていて人だかりができていました。
さまざまに形を変えて人々を救う仏のうち、「天」は邪悪なものから守ってくれるガードマンの役割だとか。凛々しいお姿は確かにその務めにふさわしい。

 

個人的には光瀬龍原作のこの漫画を激しく読み返したくなりました…

大人達がスマホを掲げて撮影に夢中なのを見て、自分も撮りたい!とせがまれ、やむを得ず息子に撮影させた画像がこれ。

190518tohaku7

その2.それなりにアーティスティック?

190518tohaku8

2才の夏に京都を訪れて、大汗かいて東寺を歩いたこと、もう何も覚えていないんだろうなあ…

190518tohaku9

« 大相撲五月場所 | トップページ | 新之助上布でリパイユの会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大相撲五月場所 | トップページ | 新之助上布でリパイユの会 »