2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

* link *


無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ

2019年2月

2019年2月19日 (火)

二月大歌舞伎と大人のいちご狩り

お友達と十二月の阿古屋以来の歌舞伎座へ、幕見席で夜の部の観劇を楽しんできました。

当日販売しかない幕見席のチケットが売り出される時間まで、大手町のアマン東京にある「カフェbyアマン」でティータイムを過ごしました。
丸の内のビル街の中というのを忘れそうになる、緑に囲まれた空間。隠れ家感があり過ぎて、中に入るのに迷いに迷ったのは内緒(笑)

190219kabuki1
季節限定「苺づくしのフォレデセール」。
タルトやミルフィーユなど一口サイズのケーキ類に、ミックスベリーのスープや、メレンゲやアイスののったコンポート、キャラメルをディップしていただく苺など、飾り棚のような独特なトレイに赤が映えるセッティング。
ラグジュアリーな「大人のいちご狩り」という感じでございます。

190219kabuki2
さらに、選べるクレープがついています。「旬のいちごのクレープ」を選んだら、なんとクレープ生地にいちごが練り込まれて、バラの花の形になって出てきたのは嬉しい驚きでした。
見るなり「ローストビーフかと思った…」と口走ってしまったのは、これも内緒(笑)

あいにくの空模様と冷え込みで、歩いて移動するのはあきらめ丸の内線で銀座へ。
天候のせいか、拍子抜けするほど幕見席のチケット売り場は人が少なくて、難なく二部と三部のチケットを購入することが出来ました。

190219kabuki4
開演までの時間を、B1Fの木挽町広場をぶらぶら見てまわって過ごしました。年末はクリスマスツリーが飾ってあった場所には、立派な七段飾りの雛人形が。

190219kabuki5
当月の企画として、楽屋の化粧前が再現され、実際に座って写真撮影することも自由…というコーナーが出来ていました。

開場時間に合わせて4階ロビーへ移動、整理番号順に客席へ。舞台中央の前列、見やすい席で鑑賞したのは、長唄舞踊の「當年祝春駒」と「名月八幡祭」。

今月は、故・尾上辰之助丈の三十三回忌追善ということで、孫にあたる尾上左近君が舞踊では見事に曽我五郎を表現していました。

そして「名月八幡祭」では、三十数年前に辰之助とこの演目で共演した仁左衛門サマ玉三郎サマの人間国宝カップルが、時を経て息子の尾上松緑丈と演じるというのが見どころ。

お話自体は、越後から江戸に出てきた真面目なちりめん屋の行商人が、深川芸者に惚れてしまったがゆえに、取返しのつかないレベルで人生を踏み外す哀しい展開…

…なのですが、観ているこちらとしては、芸者美代吉を演じる玉サマと、彼女とくされ縁でつながる情夫の仁左サマの艶っぽさにうっとりでした。
目先の快楽のことしか考えられない二人の浅薄さ、ワルさ、どうしようもなさもひっくるめて、ずっと観ていたいと思わせられるだだ漏れの魅力。こんなにも「いいぞもっとやれ」というフレーズが似合うイチャイチャぶりを、私は他に知らない。

190219kabuki3
熱にうかされたようにのぼせあがった身体に、二月の夜気はピリッと鋭く…現実に引き戻されながらも、帰りの道中ではずっと、目に焼き付けた麗しい二人の姿を反芻しておりました。

2019年2月11日 (月)

季刊リパイユ 冬の巻

190211french3
横浜・馬車道のフレンチの名店、「リパイユ」。

秋に「綿麻の着納め」と新之助上布で集まったこの時のランチ会から、季節ごとにこの美味しさを味わいたい、と思い続け、今月とうとう冬の部を開催することに。

当日が近づくにつれ、天気予報がどんどん不穏になり、なんと朝は雪がちらつくということになってしまいましたが、タートルネックin、足下ブーツ、ファーストールぐるぐる…等々、思い思いの防寒と足下対策で集いました。

190211french2
どれも美味しい充実のランチコースですが、特に野菜の料理のアイデアと、素材の香り、味わいがくっきり引き立つ様に驚かされております。

この日も、人参を使った前菜でラぺやムースなど異なる味が楽しめたり、白菜のポタージュの滑らかさに感嘆したり…
プリフィクスのメインは平目を選びましたが、海老の風味が生きたコンソメがポットからかけられるという演出で、シーフード満喫!

190211french1
なんと当日がお誕生日というメンバーもいらして、お祝いの乾杯あり、アニバーサリープレートのサプライズありで大いに盛り上がって、たくさん笑ったひとときでした。

2019年2月 2日 (土)

アドベンチャーワールド

昨年末から、約3ケ月の予定で大阪に長期出張している夫と、現地集合で和歌山県のアドベンチャーワールドへ家族旅行をして来ました。

昨年の8月に産まれたジャイアントパンダの赤ちゃん、彩浜(さいひん)がまだ小さいうちに、ぜひこの目で見に行きたいと思っていた夢がかないました。

鳥取県米子市で産まれて、里帰りの度に飛行機に乗っていた記憶は、5歳になった息子からはすっかり消えてしまったようで、「どうやって飛ぶの?」と興味津々。

190201nanki1_2
機内サービスでは、自分でメニューから「ビーフコンソメスープがいい!」と選び、CAさんに水を足してもらったおかげで舌を焼くこともなく、美味しいおいしいと大満足の様子。

よく晴れた夕刻のフライト、機内からは見事に富士山が見え、南紀白浜空港に着く頃には美しい夕焼けを上空から眺めることも出来ました。

190201nanki2
白浜温泉の近くに宿を取り、かけ流しのお湯で温まって、翌日は開園と同時にアドベンチャーワールドへ。
まっしぐらに向かったのは当然、ジャイアントパンダの施設。案内表示を見ながら3頭のパンダが暮らす「パンダラブ」という施設を目指すと…

190201nanki3
いたー!そしてち、近いっ!
ランラン・カンカン初来日のリアタイ世代としては、並びもせずにむき出し(ガラス越しでない、という意味です)のジャイアントパンダと遭遇出来るというだけでもう、信じられない…と興奮が(笑)
朝のお食事タイムで、バリバリ、ぼりぼりと竹を噛みしだく音まで聞こえるのに感激。どんなにゴロゴロ転がり回って遊んでも、堀に転落しない不思議に感動。

190201nanki4
ひとしきり体を動かして遊んだ後は、水浴び場に入ってほっと一息。「いい湯だな」とつぶやいているかのようなこの背中のライン、見ている皆に笑いが広がりました。

お父さんパンダの永明とお母さんパンダの良浜は、赤ちゃんの彩浜と一緒に別の場所(ブリーディングセンター)に住んでいます。

190201nanki5
こちらはさすがに行列が出来ていましたが、人垣の向こうからちらっと見える赤ちゃんパンダの姿を見ていると、待つ間も楽しい。なんでこんなに可愛いのかよ~…
190201nanki7
最前列に来て間近に観察した時、ちょうど竹をひとしきり食べ終わったお母さんはゴロンと横になったところ。そこへ「ねぇねぇねぇおかーさーん、ねえったら~」とアフレコをしたくなるくらい、構ってほしくてまとわりつく彩浜。

190201nanki6
ああ、この構図!まさかパンダに会いに来て「わかるわかる、お母さんがんばれ…」と、母の心情に深く共感することになるとは思いませんでした。
そして、こんな時代もあっという間に過ぎ去って行くのだということも…

190201nanki9

広大な園内で、パンダのみならず、サファリワールドもマリンワールドもアニマルショーもたっぷり楽しめるのがアドベンチャーワールドのすごい所。

190201nanki8

190201nanki10
17時の閉園時間まで、本当にあっという間に時間が過ぎていってしまいました。けものも鳥も人も、いきものって不思議ですごい。息子よりも大人の方が、命のパワーをもらって元気になったかもしれません。

190201nanki11
二泊三日の旅の終り、空港へ向かう前に、南紀白浜の代表的な景勝地「千畳敷」へ行って来ました。
これもまた、自然が長い歳月をかけて生み出した風景…

190201nanki12
翌日に50才の誕生日を控えた夫のお祝いも兼ねた旅行、最後に転んで怪我をしないで済んで何よりでした(笑)

« 2019年1月 | トップページ