2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

* link *


無料ブログはココログ

« GOING TO A GO-GO | トップページ | 着物友達とランチ会 »

2018年10月 8日 (月)

芸術祭十月大歌舞伎

181010kabuki2
10月8日、体育の日に「十月大歌舞伎」夜の部を鑑賞。
祝日とあって、歌舞伎座の正面玄関には日の丸の旗がはためいていました。

181010kabuki1
横断歩道を渡ったお向かいにあった、群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」が移転して、こんなベーカリーが跡地に出来て大にぎわいでした。
いつの間にやら、都内はどこもかしこも「俺の」がついた店だらけ…俺の、俺の、って「タイガー&ドラゴン」を歌いたくなります(笑)

181010kabuki3
今月の歌舞伎座は、十八世中村勘三郎七回忌追善の興行。ロビーでは遺影の前に香炉と花が手向けられていました。

訃報を聞いた時にお腹の中にいたわが家の息子も5歳になり、Eテレの「にほんごであそぼ」では、息子の勘九郎丈、孫の勘太郎くんに楽しませてもらっています。

新しくなった歌舞伎座に、この人が立つことはなかったという事実が未だに信じられないですが、それでも歌舞伎は続き、残された者たちは(舞台の上でも客席でも)今を生きている。思い出を抱きしめながら、前に進んでいる。
そのことをしみじみと感じた夜でした。

演目は

一、宮島のだんまり
二、義経千本桜 吉野山
三、助六曲輪初花桜

「だんまり」とは、舞台設定が"真っ暗闇"というお約束の下、登場人物たちが手探りで動いている様子をパントマイムのように演じる場面。
豪華な衣装で立ち並び見得をきる、役者の顔ぶれを楽しむ演目ですが、私、このだんまりを見るとどうしても、ドリフのコントを連想してしまう悪癖が…こみ上げる笑いをこらえながらの鑑賞になってしまいます。志村、後ろうしろー!

吉野山は、静御前の玉三郎様にひたすらウットリし、合間に(こら)勘九郎さん、素敵になったなあと親戚のおばちゃんモード発動。

今回、最大のお目当てだった仁左衛門様の助六は、期待を裏切らない格好良さでした。揚巻の大役に挑戦した七之助さんも品良く美しく。通人里暁の彌十郎さんが、空の上の勘三郎に語りかける趣向には涙腺が決壊…

そして、今回三つすべての演目に出演した巳之助丈の奮闘ぶりに、実は一番感動したのでした。1つ1つの所作に気持ちがこもっているのが伝わってきました。
本来なら、勘三郎の追善に最も奮闘したかったであろうお父上、三津五郎丈の代わりに…その思いが伝わってきて、三津五郎ファンの一人としても感激。

なくなったものがあれば、育っていくものもある。続いて行くことのありがたみを実感しつつ、しみじみと帰路につきました。

« GOING TO A GO-GO | トップページ | 着物友達とランチ会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GOING TO A GO-GO | トップページ | 着物友達とランチ会 »