2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

« 没後50年 藤田嗣治展 | トップページ | GOING TO A GO-GO »

2018年9月18日 (火)

大相撲九月場所

久しぶりに三横綱、三大関が顔を揃えた上に上位陣が好調で、大いに盛り上がっている大相撲。 今回もチケットを無事に確保し、十日目の取組を観戦して来ました。

180918sumo2
もぎりのブースに、元琴錦の朝日山親方がいらして、国技館に入る前から心拍数が上がる(笑)思わず握手をお願いしたら、TVの解説通りの軽妙な調子で「いいですよ~」とニッコリ、応じてくださいました。

180918sumo3
努力を積み重ねることの美しさ、辛抱することの尊さ。そして、人の運命はたった数十秒で変わってしまうということを教えてくれた横綱。
これから続く長い人生が、幸せで温かいものでありますように…それだけを願います。

180918sumo4
幕下上位の推し力士、豊ノ島の取組は無い日だったので、十両土俵入りの時間までは館内をぶらぶら。
控室に去って行くギリギリまでファンサービスに務めるひよの山。過日北海道で起きた地震の被災者へ、募金も行われていました。

180918sumo8
羽織の季節にはまだ早く、力士の着物姿はとても華やかです。裾に大きく四股名を染め出した関取も多く見かけました。琴奨菊の背中には満開の打ち上げ花火が一面に…
180918sumo5
地下の大広間でいただく300円のちゃんこ、今場所は高砂部屋のにんにくが効いた塩ちゃんこ。ニラの風味もぴったり、とても美味しく元気が出ました。

180918sumo6
初場所、五月場所と国技館を訪れて、三度目の正直でやっと目にすることが出来た、横綱・稀勢の里の土俵入。
長い腕をすうっと気持ち良く伸ばして、威風堂々、という言葉がぴったりの重厚感ある姿でした。

180918sumo7
…とは言え、長いブランクを経ての本場所、見守るファンは内心、最悪の結果も覚悟して迎えた人が多かったと思われ…
心臓がもたない!とひぃひぃ言いたくなるような薄氷の勝利を重ねて、この日、不調の遠藤と対戦。永谷園の懸賞幕が土俵を彩りました。

三度も立会いに待ったがかかったのは残念な感じでしたが、あっけなく勝負がつき、勝ち越しを見届けられて一安心、でした。

180918sumo1
朝夕、肌寒さを感じる日も増えてきたものの、この日は夏日ということで、綿麻のしじらに博多の献上帯を合わせました。レース模様の半襟は梅屋、七宝焼の帯留はkimito
後半戦は番付の地位を賭けた取組も増えて、熱気も一層。本当に楽しかったです。

180918sumo9
ロビーで並んで撮った特製フレームの記念写真(笑)
それぞれのお相撲さんに、それぞれのドラマがあり、戦いがあり。今場所もたくさんのパワーを頂きました。これからも怪我無く元気で、真剣勝負が見られればそれが何より!

« 没後50年 藤田嗣治展 | トップページ | GOING TO A GO-GO »

お出かけ」カテゴリの記事

着物・和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 没後50年 藤田嗣治展 | トップページ | GOING TO A GO-GO »