2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 大相撲九月場所 | トップページ

2018年9月24日 (月)

GOING TO A GO-GO

180924arena1

私の人生のBGMに欠かせない、郷土の誇り(笑)クレイジーケンバンド。
昨年は結成20周年、今年はデビュー20周年と、お祝いモードが続いています。
一年前の赤レンガ倉庫前のスペシャルLIVEの記憶も鮮やかなうちに、今年は横浜アリーナで記念のLIVEがありました。

180924arena2
この頃はコンサート会場に足を運んでも、物販エリアに足を向けることは滅多にないですが、レコードジャケット型のパッケージに魅かれ、久々にTシャツを購入。(すぐ開けて着てしまったけど…)

わが家の夫婦が結婚した年に結成されたCKB。メジャーシーンに登場した横山剣さんの音楽を愛聴するようになったのは、2002~3年頃のことだったと思います。

夫の転勤で遠く離れることになった横浜を、曲を通して懐かしんだりもしましたが、剣さんとの出会いで一番良かったことは、目の前の現実がイケてなかったら、妄想でいくらでも自分の気分はプロデュースできるんだ、ということを教わったこと。

音楽が、香りが、料理が、記憶が、いつだっていくらだって別世界にワープさせてくれる。
様々な名曲が伝えてくれたこのメッセージで、「自分のプロデューサーは自分」「自分のパトロンは自分」という考え方を身につけられたことは、本当によかった。

剣さん自身も、描いた夢と現実の生活の折り合いをつけながら、中年に差し掛かるまで様々な道を歩いて来た人。
曲の歌詞にも、見えないオーケストラが奏でるBGMで自分を鼓舞する、というくだりがありますが、今回のステージでは、スペシャルバージョンでオーケストラが登場!
管弦の響きをバックに歌い上げるバラードを聴きながら、夢が夢じゃなくなった時間を目の当たりにして、涙が抑えきれませんでした。

180924arena3
ステージ後半では剣さんの愛車もステージに登場。バイクの排気音を轟かせながらこのスロープを駆け上ったり下ったり。

人生は気紛れ 思いも寄らぬ出来事に
心がとっちらかっても

それを楽しもう 予定通りじゃつまらない
なんとかなるだろう

トンネルを抜けた途端に
窓いっぱい海だよ

最新アルバム「GOING TO A GO-GO」で私が一番気に入っている曲「そうるとれいん」が演奏されなかったのはちょっと残念だったけれど、この歌やあの歌を口ずさみながら、私もまた歳月を重ねていきたいです。

« 大相撲九月場所 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大相撲九月場所 | トップページ