2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月28日 (火)

カメラを止めるな!

※文中、映画の内容に関してネタバレはしていません※

180828kametome_2

面白い、絶対に観た方がいい、でも何がどう面白いかはどうしても言えないんです…

という感想を、どれほど目にしたかわからなかった、2018年の夏。

ポスターに描かれた「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」というコピーを読めば、途中で何らかのどんでん返しが起きることは誰にでも予想がつくと思います。

かなり巷の話題になってからの鑑賞だったので、私も当然、そのような心構えで映画館に赴きました。
が、騙される用意は出来ていたのにも関わらず、やっぱり「こう来たか!こういう事か!」鮮やかなお手並みじゃありませんか~、とうれしくなってしまいました。

本来、ゾンビ映画も含む流血もの、バイオレント描写は大の苦手なのですが、うへぇぇとなりながらも観ただけの甲斐は十分にあった(笑)
パンデミックならぬ「ポンデミック」現象(語源は観ればわかる)がアツアツなのも、深く納得。

正直なところ、出演者達が今すぐAクラスのトップ俳優になれるかと言われればあやしいと思うし、監督さんも「次の一手」は大変だろうなあ、二度とこの手は使えないし…とも感じます。
ただ、この映画、様々な制約の中でもがきながら、1つの目標に向かってモノを作り上げていく過程にある(あった)人の心には、ど真ん中に刺さる主題を持っている。さんざん笑った大団円に、胸が熱くなる晴れ晴れとした感覚がある。
これほどまでに情熱的な「推し」の力が渦巻いたのは、その魅力なのだろうと思いました。

180828kametome2
この日は、朝から三宅坂の国立小劇場にて、長唄の杵屋勝四郎一門会を聴きに行っていました。

長年お稽古を続けているお友達のお友達が出演されるということで、時々お声がかかりお邪魔しています。
私達世代には懐かしい「イカ天」に、「THE家元」というバンドを組んで出演していた勝四郎さんも、もう還暦とは…
ジャニーズ事務所に所属していた息子さんも、杵屋勝四助の名前で出演。大トリで素踊りを披露された松本幸四郎丈も熱演。

終演は夜9時近くという長丁場の途中、中抜けして日比谷ミッドタウンで映画鑑賞をしてきた訳ですが、ゾンビと邦楽、という振り幅の大きな一日、面白い経験が出来ました。

180828kametome3

2018年8月17日 (金)

デザインあ展inTOKYO

180817daiba1
日本科学未来館で開催中の「デザインあ展」。親子でEテレの番組の大ファンなので、企画が発表された時から楽しみにしていました。

よく晴れて爽やかな風が吹いた一日、ゆりかもめでお台場の会場を目指すのも気分爽快!

お盆休みの期間だったこともあって、入場には整理券方式だったため、指定された時間まで常設展示を見ていたら、運良くアシモのデモンストレーションが始まりました!

180817daiba2
小さい頃から、行く先々でペッパー君に遊び相手になってもらっている息子は、お母さん何がそんなにうれしいの?という感じでクールな反応でしたが、軽やかな、小走りに近い二足歩行でアシモがステージに登場しただけで、「おぉ、未来…!!」と感動が胸に迫ってしまいました(笑)

「観察のへや」「体感のへや」「概念のへや」「体験コーナー」と、テーマ別にコーナーが構成されている今回の展覧会。
(細かい内容やコンセプトは、「ほぼ日」のこちらの特集でも詳しく紹介されています)

「人のあらゆる営みに、デザインは欠かせません」。だからこそ子どもの時からのデザイン教育が大切…という意図で作られている番組。
大人も、斬新な映像表現で、当たり前に目にしていたものを「これって、すばらしいデザイン!」と気づかされていますが、今回の展覧会でも様々な切り口で気づきを与えてもらいました。

180817daiba3
こちらは「つめられたもの」というタイトルの展示。ます寿司の食材の少なさをdisっている訳ではない(と思う)

番組内のコーナーさながらに、デッサンを実際にやってみることも出来ました(なぜ横から見ているのに正面のどーも君を描くのか…)

180817daiba5
今、息子が一番気に入っているコーナーが「もん」。
紋、つまり日本に伝わる家紋の描き方をひも解いていくのですが、おなじみの色々な形が、ぶんまわし(コンパス)と定規、つまり円と線だけですべて成り立っているというのが鳥肌もの。

180817daiba4
会場内では、4種類の紋について、わかりやすい説明付で実際に描いてみるコーナーがあり、やってみると単純なようで結構難しく(数学的なセンスが必要と思う)、時間が経つのがあっという間でした。

身のまわりに当たり前のように存在しているモノもコトも、デザイン、つまりは誰かの(何かの)「知恵」と「工夫」がそこに潜んでいるということ。

180817daiba6
そのことに思い至るとき、世界の見え方は確かに違ってくるなあ、ととても興奮した体験でした。

2018年8月 5日 (日)

トーハクの休日―「縄文」と「なりきり日本美術館」

180805tohaku1
酷暑、という字面が本当によく似合う夏でした。
上野駅から汗を拭きふき、東京国立博物館を訪れました。息子5歳、トーハクデビューです。

当初の目的は、平成館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」を鑑賞することでしたが、もう一つのお目当てが…

180805tohaku2
本館で夏休み期間に合わせて開催されている「トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館」
息子は、本館の入口で見慣れたイラストを目にした瞬間「こっちからいく!」と譲らず…

180805tohaku3
アーティストの井上涼さんが、古今東西の美術作品をアニメーションと共に歌で紹介する、NHKEテレの5分番組「びじゅチューン!」。 

親子で大好きなこの番組のコンセプトが、そのまま最新技術を駆使した体験型の展示になっているのですから、もう大人もワクワクが止まりません!

180805tohaku4
菱川師宣の「見返り美人」に自分の動きをシンクロナイズドさせる展示「見返らなくてもほぼ美人」。

180805tohaku5
「体感!ザパーンドプーン北斎」のコーナーでは、神奈川沖浪裏のあの大波を実物大(?)で体感することが出来ました。波の気持ちになって富士山にラブコールを叫ぶ試みもあり。

180805tohaku6
顔はめパネルの未来形?「顔パフォーマー麗子」のコーナーで、岸田劉生の麗子像に同一化した息子…

180805tohaku7

そして、これぞ東京国立博物館でこの企画が催されたポイント。会場を出たら、本物の北斎の浮世絵や麗子像が鑑賞できるのです。

北斎の描いた海のダイナミックさ、岸田劉生の描いた麗子の肩掛けの毛糸の質感…間近に鑑賞して圧倒されるものがありましたが、この作品からあのアニメと歌をたった一人で作りだす、井上さんの才能にも改めて舌を巻きました…
(なお、私の一番好きなびじゅチューンは、ある戦国時代の遺物をモチーフにした「噴火する背中」)

180805tohaku8
その後、休憩をはさんで「縄文」も閉館時間ギリギリまで、しっかり観て回りました。
今回の展覧会とタイアップして、テレビなどで様々な特集が組まれたので、学校の勉強ではさらっと流してしまった、縄文時代に対する認識が改められました。

古代のローマやエジプトの歴史を学ぶ際に、「一方、日本じゃまだまだ縄文時代…」と、未開の時代のイメージで引き合いに出され、貶めてきた世代としては、ハッとさせられることも多く、反省も。

1万年もの長い長い時間、確かに続いていた人間の営み。土器や土偶に施された手仕事が、どれほど細かく、芸術的であるか。
教科書の写真では決して伝わらなかったことでした。
足るだけを得て自然の理の一部として生きる、狩猟採集生活が、「農耕社会に進化する手前の段階」という認識は、果たして正しいのだろうか…。

180805tohaku9
火焔型土器のレプリカはさわり放題、という贅沢さ。でも、実際に煮炊きに使う土器をどれもこの形で作っていた、って、あの突起部はやっぱりおたま置き?など、妄想はあれこれふくらみ…
充実の一日を振り返りつつ、親子で「縄文土器先生」を歌いながらトーハクを後にしたのでした。「ここ、また来たいね!」と言ってくれた息子の言葉が嬉しかったです。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »