2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

* link *


無料ブログはココログ

« 二月大歌舞伎~高麗屋三代襲名 | トップページ | シェイプ・オブ・ウォーター »

2018年2月26日 (月)

葉ごろも着付け教室 オーダーメイドレッスン

自分で着物を着て出かけられるようになりたい。漠然と抱いていた願望を、一念発起して着付けを習って実現させてから、気がつけば長い歳月が過ぎました。

私の手持ちの着物は、圧倒的に親戚・知人から譲られたお下がりが多く、つまりは自分の身体に合わせて誂えたものではありません。

それでも、何とか「着れてしまう」のが、サイズに縛られる洋服とは違った便利さで…
いつも慌ただしく時間に追われながら、最後は
「途中で脱げなければよい。後ろ指さされたって捕まりはしない(!)」
と、腹をくくって着付けを仕上げるのが毎度のことでした。

でも、心の中では
「どうして、もっときれいに着られなかったのかな?」
という反省と後悔が、いつも棘のようにチクチク痛んでいたのです…

せっかく、夢を叶えて始めた着物とのお付き合い。
同じ着るなら、自分で自分をほめられるような着姿を目指したい、という思いが膨れ上がっていたところへ、お友達でもある葉ごろも着付け教室主宰のmiyukiさんが、オーダーメイドレッスンの紹介をされているブログ記事を読んだのです。これは!と思い、着物生活向上を目指して受講してきました。
180226kimono4
レッスン会場は葉山のご自宅。miyukiさん宅のマリンちゃんとは、この時が初めての出会いでした。この日も、滞在中「ワン」とも言わず、気がつけば静かに寝床に横になっているお利口さんぶりでした。

雑誌撮影時にモデルさんに着付ける際と同じ、プロ仕様の着付けをしてもらえるというだけでも、非日常体験でテンションが上がりました。

そして、いくつかのポイントを意識するか、しないかで、見た目の印象を随分と変えることが出来るのだということを実感出来る、という仕組み。
マイサイズでなくても着られる着物は、着方次第で自分の体型の見え方も調節できる衣装であったか!と、目からウロコがぽろぽろ、でした!
180226kimono1
今回は、着物、帯はもちろん、履物まで教室備付のものを貸していただきました。この日は息子を送った幼稚園から直行した私、持参するのは足袋だけ!という身軽さは、とっても助かりました。
幸いにもお天気に恵まれたので、海を眺めながらプチ撮影会を開催。

180226kimono2
手元に持ち帰れるよう、レッスンのポイントをまとめた資料をいただいて、世界に一つだけ、私だけのテキストがあるという贅沢。これからの実践編で、大いに活用させていただこうと思っています。

さて、大満足のうちにレッスンが終わり、先生と生徒から友達に戻って、ランチタイムに突入。

miyukiさんのご厚意で、こんな素敵な昼食をご馳走していただきました。

180226kimono5
味噌と胡麻が効いている豆乳シチューと、色とりどりの蒸し野菜のディップに、ブレドールのバゲット。ヘルシーで美味しいランチでした。

私はデザート担当で、持参する荷物が無かった分、おやつの手土産が増やせるぞ、と張り切ってしまいました(笑)

180226kimono3

とらやの季節限定商品「雛井籠(ひなせいろう)」。中身は薯蕷のお饅頭、その名も「笑顔饅」。
洋菓子部門も欲しい、と、アンリシャルパンティエのクッキーも。エッフェル塔型のピックで箱に詰まったクッキーを取り出すのが至福の時間で、大好きなお菓子です。

閉幕したばかりの平昌オリンピックで、終盤大いに盛り上がった女子カーリングの「もぐもぐタイム」さながらに、尽きないおしゃべりと甘い喜びを味わいました。
締めくくりまで大満足の一日、miyukiさんありがとうございました。

« 二月大歌舞伎~高麗屋三代襲名 | トップページ | シェイプ・オブ・ウォーター »

着物・和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二月大歌舞伎~高麗屋三代襲名 | トップページ | シェイプ・オブ・ウォーター »