2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月19日 (金)

大相撲初場所

去年の8月、夏巡業を見に行って大感激した記憶も褪せぬうちに、まさか、まさかの騒動に揺れ続けている相撲界。

それとこれとはまた別の話、ということで、チケット争奪戦に敗れ続けること1年、ついに国技館での相撲観戦が実現しました。

180119sumo1
私が訪れたのは初場所六日目。
騒動の矢面に立っていた伊勢ヶ浜親方が、横綱旭富士だった時代に観に来た以来の両国国技館です。冬空にはためく幟を見ただけでも、期待に胸が高鳴りました。

180119sumo2
…しかし、正門前に並ぶ横綱のパネルを目にした瞬間、喜びは切なさに様変わり…(白鵬に続き、この日の朝に稀勢の里の休場が発表された)。

180119sumo3
気を取り直して、場内へ。
今回はお土産・お弁当付の観戦プランで申し込んだため、華やかな案内所を経由、たっつけ袴の出方さんに席まで案内していただいて、すでにテンションが上がりました。

180119sumo4
今回は東側の二階席。幸運にも最前列で、この写真の印象よりはるかに土俵を近く感じられ、力士の息遣いや、立会で激しくぶつかりあう音もはっきりと聞こえてきました。
(この後、満員御礼の札も掲げられました)

180119sumo9
お昼前から席について、三段目の取組から観戦スタート。
幕下で、目下一番の注目株である炎鵬は、身長169㎝という小柄な力士です。明瀬山との対戦は、聖書に出てくる「ダビデとゴリアテ」感が半端ない…(声援を送った甲斐なくこの日は敗れてしまいました)。

180119sumo5
観戦の合間に、同行のお友達と館内探索も堪能しました。
エントランスには優勝力士に贈られる総理大臣杯や様々な賞のトロフィーが展示され、テレビで見るアレだ!と大興奮。

180119sumo6
立派な幕ノ内弁当もセットになったプランでしたが、これは外せない!と、地下の大広間で販売されていた「バラエティちゃんこ」も味わいました。
今場所は伊勢ノ海部屋ちゃんこ、勢関もお好きという鶏のソップ炊きは甘めのお汁がとっても美味しかったです。

180119sumo7
マスコットのせきトリくん、「ひよの山」との記念撮影タイムにも参加できました!サービス精神旺盛でかわいかった…(すかさずグッズ買いました)。

180119sumo8
立派なカメラを構えたスー女の皆さんと並び立って、十両や幕内力士の到着を入り待ちしてみたり。
阿炎や千代の国など、何名ものお相撲さんの着物姿を写真に収めることが出来ました…が、あえて、この方の姿を…(ウソはダメだよ、大砂嵐…涙)

180119sumo10

場所中はテレビやラジオで出来る限り中継をチェックしていますが、解説のおしゃべりやVTR再生が入らない状態で見ると、一つひとつの取り組みの時間感覚がずいぶん違う。
とてもゆったりとした流れの中、お互いにじっくりと気合を高め、呼吸を合わせ、勝負の幕が切って落とされる立会いの瞬間へ緊張感のピークを持っていくものなのだということが、よくわかりました。

推しの力士はほとんどが休場するか負けるか、という、ファンとしてはまことに「持ってない」国技館観戦ではありましたが、それでも半日があっという間に過ぎてしまって…
相撲、楽しい!という思いで胸を一杯にして玄関を出ると、跳ね太鼓の軽やかな音色が見送るように響いていて、別世界の余韻に浸りながら両国駅へと向かったのでした。

180119sumo11
この日は着物で相撲観戦、という夢が叶った日でもありました。角通しの江戸小紋に西陣織の名古屋帯を合わせて。寒波襲来の前で、天気も良く着物日和。この点においては、とってもラッキーでした。

次回はぜひ、稀勢の里と安美錦を生で応援したい&石浦が勝つところを見たいです…

2018年1月18日 (木)

シネマ歌舞伎「京鹿子娘五人道成寺/二人椀久」

180118cinema
一昨年の暮れ、こんな特別仕様の舞台が見られる機会はそうないだろう…と歌舞伎座で夢のような時間を過ごした公演が、シネマ歌舞伎になってスクリーンに甦りました。

(実際の舞台を見た際のブログはこちら

以前「二人藤娘」がシネマ歌舞伎になった時と同様に、映像演出、編集を坂東玉三郎丈ご自身が手掛けています。

舞踊二本立てだった十二月公演夜の部が、そのまま映画になっている形ですが、「京鹿子娘五人道成寺」は、道成寺論を語る素顔の玉三郎、という映像で幕を開け、舞踊の合間に出演者のインタビューや舞台裏の映像が差し挿まれるという、ドキュメンタリー映画のような仕上がり。

従来のシネマ歌舞伎のセオリー通り、舞台を映像化した「二人椀久」とは対照的で、玉三郎の目を通した「京鹿子娘道成寺」という舞踊作品の多面的な解釈が、こんな風に後世に残るというのは素晴らしい、と思いました。

大曲に挑む若手俳優たちが語る思いや、踊る5人をその何倍もの裏方が支える舞台裏、そして自身の過去の映像まで、ふんだんに素材を盛り込んで、映画ならではの贅沢な体験をさせてもらえたという印象。

そして、お兄さん(二十代)よりおじさん(三十代)よりおじいさん(六十代)が美しい…という驚愕の事実に、改めて打ちのめされた次第です。

子どもの頃、同居していた祖母が大の玉三郎びいきだったことが、私の歌舞伎原体験なのですが、今でも覚えているのが、祖母がテレビの劇場中継で玉三郎を見る時はいつも、

「(身長が高いから)こんなに背中を丸めて膝をかがめて、かわいそうに」
「足が悪いから正座は辛いはずなんだよ、かわいそうに」

…と、やたらかわいそう、かわいそうを繰り返していたこと。

恵まれない点をいくつも抱えた悲劇性が、なおさら玉三郎丈の人気に拍車をかけた点は否めないし、実際に凡人には計り知れない苦労を耐えて精進された末に今があるのでしょう。
それを思うと、海に潜ろうがシャンソンを歌おうが、何でも、楽しいことはどんどんおやりになってください、好きにやっちゃえ!という心境のこの頃なのでした。

2018年1月 8日 (月)

池田重子 横浜スタイル展

今年初めての更新となります。
年明けを夫の実家で迎え、2日からは自宅でのんびり、駅伝三昧…という、例年通りのお正月を過ごしました。

初詣に出かけた氏神様には、心身の穢れを除く「人形(ひとがた)流し」が出来る池があります。
自分の名前が書けるようになったのがうれしい息子も、参道の行列に並ぶ合い間に張り切って挑戦。

180115shogatu1 180115shogatu2

帽子を忘れて、パーカーを被りネズミ男スタイルで防寒

去年は長患いの湿疹にアトピー性皮膚炎との診断が下り、四季を通じて私も対策に追われる日々でしたが、今は症状も落ち着いています。
この1年も、元気に過ごせますように、と手を合わせました。

松が明けて、3連休。会期の最終日に駆け込んだのが、そごう美術館で開催されていた「池田重子 横浜スタイル展」。

180115ikeda1
「引き継がれる美意識」というテーマが掲げられた本展。
池田重子さんご自身が横浜のご出身ということで、和洋取り混ぜたハイカラなセンスを前面に押し出したスタイリングがどれも楽しく、心が浮き立ちました。

180115ikeda3
撮影可能エリアには、西武そごうの「おかいものクマ」ちゃんが振袖を着ていたり、いかにもお正月らしい親子連れを演出したコーディネートが。

180115ikeda2
帯留のコレクションも豊富に紹介されていて、長い時間が経過しているとは信じられないほどの冒険心に満ちたセンスに感服しました。
おしゃれってなんて楽しいんだろう、ということを再認識させてもらった、豊かな時間を過ごすことが出来ました。

2018年は、平成30年、そして明治維新150年という節目にあたります。
移り変わる時代の来し方行く末に、意識を向ける機会も多くなる日々かと思われ、その始まりにふさわしい、温故知新の体験でした。

180115ikeda4
鑑賞後は、夫と買い物をしながら待っていてくれた息子との約束で、原鉄道模型博物館へ移動しました。
クリスマスシーズンから引き続き、きかんしゃトーマスの世界が目の前に広がります。

180115ikeda5

桜木町駅界隈を再現した鉄道模型では、よく見るとジオラマにこんなお正月風景が広がっていました。

171225fuyu2
年末、幼稚園で覚えてきた切り紙細工に息子が大いにハマり、クリスマスツリーのないわが家にせめてもの賑わいを…と、壁に飾り付けてみました。
一ヶ月が経った今も、カラフルな部屋の一角に心が和んでいます。年中の一年間ももうすぐ締めくくり。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »