2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

« 十二月大歌舞伎 | トップページ | 池田重子 横浜スタイル展 »

2017年12月31日 (日)

ブレラン、イエモン、72

身辺の「残しておきたい、いいことの記録」として書き続けている当ブログ。
この頃は、SNSでとりあえずの記録は手軽に残せることもあって、なかなか文章を書く作業に時間を回せず、更新が滞りがちです。

いつかブログにまとめよう、と思いながらも、タイミングを逸したテーマも数々ありました。
せっかく時間をやりくりして観に行った映画、読んだ本。
感激が新鮮なうちに、ちゃんと感想をまとめておけたらよかったのですが…

今年観た映画の中で、ベスト1だったのは「ムーンライト」ですが、先日観た「ブレードランナー2049」も、なかなか忘れ難い作品でした。

171231bladerunner

前作の「ブレードランナー」が、スタイリッシュなカルトSFとして大人たちにもてはやされ、映画の世界が現実の光景に影響していく時代に青春を過ごした私(笑)

あれから三十数年、レプリカントを狩るブレードランナーが主人公であることは同じですが…
オリジナルのハリソン・フォードは一匹狼で好き勝手を通していたのに対し、「2049」のライアン・ゴズリングは、警察組織の歯車として、周囲に見下げられながら任務を遂行する社畜的キャラクターだったのが、何とも今風で、切なかったです…。

限りある生を受けてこの世に生きる意味を、人造人間であるレプリカントの姿から考えさせられた前作。
今回の映画でも、「何者かでありたい」「何事かを成し遂げたい」という、人が持つ根源的な望み、それを抱えて命を全うすることの苦い重さについて、レプリカントに教えられた気がしました。

映画の他にも、色々と楽しいお出かけを今年も体験出来ました。
今月、熱狂的ファンの従妹にお伴して、THE YELLOW MONKEYのライブに足を運んだのも忘れられない思い出。

171210yellowmonkey
東京ドームでコンサートを観るのは、考えてみたら生まれて初めてのこと(数十年前に野球は見たことがあります)。

特にメンバー個々を追いかけていた訳でもない私にとっては、グループが解散してから再結成を果たすまで、どこかで冷凍保存でもされていたのか?と思うくらい、年令を感じさせないルックスの保たれ方に感服。
若い頃はカラオケで単純に盛り上がっていた「バラ色の日々」や「JAM」といった曲の歌詞が、中年になって改めて聴くとこんなにも心に沁みるか…と、何度も涙腺が熱くなってしまいました。

振り返ると昨年あたりから、久しく顔を合わせていなかった懐かしい人との再会が続いている私。同年代の友人が、子育てを一段落する時期だということも大きいかもしれません。
同窓会があったり、年賀状のやり取りだけでつながっていた同級生と、二十数年ぶりにじっくり話したり。

先に書いたブレードランナーの続編にしても、イエモンの再結成にしても、そして長い年月を経てまた会えた人たちにしても…
2017年は、平たく言えば

「ずっと生きていたら、こんな日も来る」

という事を度々実感した年でした。

そういえば、1年前に解散したSMAPのメンバー3人が事務所から独立して、インターネットテレビで森君と対談する、なんてことも、まさかこんな光景が見られるとは思わなかった、と感慨深かった、今年のmy重大ニュースでした。

3人のプロジェクト「新しい地図」が、その「72時間ホンネテレビ」のテーマソングとして発表した「72」という曲。
番組の最後は吾郎ちゃんにもらい泣きした私、この歌の歌詞のこの部分にハッとさせられました。

 ぼくが72歳なら
 きみはいくつだっけ

 ぼくが72本のバラ、
 きみに贈るから

 お互い長生きしようね

生き続けていると、時間が思いがけない贈り物をくれることがある。
インスタ映えとは無縁の日々の方が多くても、思い通りにいかないことの連続でも、生きていれば。日々が続いていれば。

当たり前のように時間を積み重ねて行けることは、なんとありがたいことか。その思いを胸に、来る2018年も健康第一で前に進んで行きたいです。

どうぞよいお年を!

« 十二月大歌舞伎 | トップページ | 池田重子 横浜スタイル展 »

今日のつぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十二月大歌舞伎 | トップページ | 池田重子 横浜スタイル展 »