2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« 着物とごちそう | トップページ | 大相撲夏巡業~渋谷青山学院場所 »

2017年8月 6日 (日)

ゆかた会とSU!TE!KI!展

神楽坂の風情あるうなぎ割烹「志満金」にて、昨年に引き続き、上方舞(山村流)のゆかた会を拝見しました。
軒先では、立派なほおずきの鉢が出迎えてくれました。

170806yukata1
20名を超える社中のお弟子さんが出演されたこの日の会は、師匠・山村若静紀さんの舞で幕開け。
子守りを夫に任せてのお出かけで、生活の営みをしばし忘れ、ゆったりとした時間を過ごせました。

お稽古事や趣味の成果が発表される場に立ち会わせていただく時は、いつも、それぞれの人がコツコツと積み重ねてきた時間の重みを感じます。
目の前の用事に追われているだけでも、あっという間に過ぎてしまう毎日の中から、時間を切り出して精進されることの尊さ。頭が下がります…

170806yukata2
今年は「鶴亀」を舞われた山村若静奈さんと、今年も浴衣でツーショット。若静奈さんは社中の揃いの浴衣、私は、大伯母から譲り受けた絞りの浴衣を初めて着ました。

今月中旬には、国立文楽劇場で大きな舞台を控えているという若静奈さん。
凛とした風格を感じさせる舞で、美しい上にカッコいい!という印象でした。鍛錬の成果で気力、体力共に充実されていることが伝わってきて、本当に素敵でした。

その後、日本橋高島屋で開催中の「SU!TE!KI!展」に寄り道。
黒柳徹子さんと、ビーズ刺繍作家の田川啓二さん。「「ふたりが集めたステキがいっぱい」ということで、お二人のコレクションが所狭しと並べられている、賑やかで華やかで「眼がいくつあっても足りない!」という感じの空間でした。

以前から田川さんのファンで、ビーズ刺繍の一日教室に参加してサインを頂いたこともあった私(笑)
ドレスや額絵など、超絶技巧の数々を間近で、たくさん見られる機会は初めてだったので興奮しました。
アンティーク着物のコレクションも圧巻で、お祖母様の嫁入り支度の目録まで残っているのにはビックリでした。

コレクション展の終盤は「シノワズリ」がテーマ。徹子さんが集めたという宮廷服の、繊細な刺繍の美しかったこと。細かい絵付けの施された食器の愛らしいこと。

170806yukata3

見ているうちに、昼食を食べそびれていたことを思い出し、我慢が出来なくなってB2の鼎泰豊に駆け込んでしまったという…
ランチタイムは大行列のお店に待たずに入れる時間だったことはラッキーで、小籠包も間違いない美味しさでした。

…が、日がな一日美しいものを目にした後で、落ち着く先が食欲でいいのか?自分、という複雑な思いも(笑)

« 着物とごちそう | トップページ | 大相撲夏巡業~渋谷青山学院場所 »

着物・和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 着物とごちそう | トップページ | 大相撲夏巡業~渋谷青山学院場所 »