2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月 8日 (火)

大相撲夏巡業~渋谷青山学院場所

空前のブームで、国技館のチケットがなかなか取れない大相撲。
本場所が無理なら巡業に行けばいいじゃない…とアントワネット様のようなことをひらめいて、8月8日、家族で「渋谷青山学院場所」を見に行ってきました。

風向きのせいでのぼりの文字が裏返ってしまい痛恨の写真…

170808sumo1
青山学院記念館(体育館)に向かうと、R246には寄せ太鼓の音色が響いており、否応なく気持が高揚します。
学食も券売機はクローズで、ちゃんこのついた特別メニューのみ。
その上パーテーションで区切られた一角が力士用の食事処になっていて、関取がトレイに並んだランチを召し上がっている様子を窓越しにチラ見出来てしまうなど、蔦のからまるチャペルで有名なキャンパスが、この日ばかりは相撲一色、でした。

170808sumo4チケットと併せて申し込んだ特製弁当の中身はこんな感じ。コロンバン製の記念クッキーは日付入りの特製缶に入っていました。

巡業は、朝から行けば幕下の稽古と並行して行われる関取との握手会なども参加できると聞いて通勤ラッシュに揉まれて出かけました。
その甲斐があり、握手させていただいたり(その手の平の分厚いことといったら…)息子を抱き上げていただいたり、本場所では有り得ないほど身近に触れ合うことが出来て、有頂天の時間を過ごしました。

170808sumo8_2
お相撲さんは、格の上下に関わらず皆さん子どもに温かく、「気は優しくて力持ち」という言葉がぴったり。大きな身体に圧倒されながら(…トトロ感、ハンパない!)と失礼な思いが頭をよぎる(笑)

しかし、土俵の上ではその身一つで、目の前の相手を倒すことに賭けているのが力士。
そのことがひしひしと伝わって来たのが、取組み前の激しい稽古でした。

黒いまわしをつけた幕下の稽古から、白いまわしの関取へと順を追って猛稽古が続けられます。
終盤、息を吞むほどの迫力で延々と続けられたのが、若手の注目力士、阿武咲に白鵬が胸を貸したぶつかり稽古。
跳ね返されて、土俵に転がる阿武咲を足蹴にしながら、鼓舞するように観客の拍手をうながし、何度もなんども向かって来させる横綱のラスボスぶりと言ったら…

170808sumo5_1
稽古が進むにつれ、疲れて朦朧としてきたのか、すぐには立ち上がれない阿武咲の髷を、片手でつかんで引っ張り上げるのには啞然としてしまいました。
全身が土俵の砂にまみれ、しまいには髷もほどけてざんばら髪になった阿武咲…
その姿は、立派なお相撲さんから異形の何かに変身してしまったようで。

170808sumo5
(↑こちらの写真は日本相撲協会のTwitterから拝借)
テレビで見る土俵の数分、数十秒の陰に、ここまで厳しい時間の積み重ねがあったか…と、強烈な印象が残りました。

稽古がお昼で終わった後、土俵上ではちびっ子相撲やら、相撲甚句、初切、呼び出しさんによる櫓太鼓の打ち分け実演など、巡業ではお約束のあれこれが披露されました。
170808sumo2_2
正直なところ、取組そのものは「怪我のないようご安全に」という空気が感じられないでもなかったですが、土俵入りも三役揃い踏みも弓取り式も見る事が出来て、感激でした。
170808sumo3
嘉風―琴奨菊の取組。いわゆる「琴バウアー」もこの目で見られました(イナバウアーは体を反らすことじゃなくて、足の形のことなんだけどね…と一言付け加えずにはいられませんが)。

相撲甚句の終盤に
「我々が発った後も、お家繁盛、街繁盛、悪い病が流行りませんよう…」
という意の一節がありました。
初めて見た巡業は、大相撲はやっぱり、勧進興行という起源に根ざしていることを実感させられるものでもありました。

かつて大騒ぎになった不祥事の数々も、そういう視点から捉えると腑に落ちるし、そんなことまるでなかったかのように人気が再沸騰していることも、そりゃそうだよ、やっぱり相撲って楽しいもの…と、深く納得した次第。 

170808sumo7
一期一会の移動遊園地のような祝祭空間。
弓取り式を見届けて帰路につくと、チャペルのあるキャンパスの中庭ではすでに、次の巡業先へ向けての移動準備が着々と進められ、幕下のお相撲さんたちが忙しく立ち働いておられました。

170808sumo6_2
朝のうちは、威圧されたかモジモジしてしまい、逆に関取から大きな手で頬を撫でてもらっていた息子(せっかくの心遣いも“痛かった…”とオカンムリ)。
帰り道ではすっかり気が大きくなって、駅へ向かう道で浴衣姿を見つけると、駆け寄って自分から握手を求めるほどになっていました。

ただよう鬢付け油の香りは「おすもうさんはくすぐったいにおいがする」とのことでした。貴重な体験、ずっと覚えてくれていたらいいと思います。

2017年8月 6日 (日)

ゆかた会とSU!TE!KI!展

神楽坂の風情あるうなぎ割烹「志満金」にて、昨年に引き続き、上方舞(山村流)のゆかた会を拝見しました。
軒先では、立派なほおずきの鉢が出迎えてくれました。

170806yukata1
20名を超える社中のお弟子さんが出演されたこの日の会は、師匠・山村若静紀さんの舞で幕開け。
子守りを夫に任せてのお出かけで、生活の営みをしばし忘れ、ゆったりとした時間を過ごせました。

お稽古事や趣味の成果が発表される場に立ち会わせていただく時は、いつも、それぞれの人がコツコツと積み重ねてきた時間の重みを感じます。
目の前の用事に追われているだけでも、あっという間に過ぎてしまう毎日の中から、時間を切り出して精進されることの尊さ。頭が下がります…

170806yukata2
今年は「鶴亀」を舞われた山村若静奈さんと、今年も浴衣でツーショット。若静奈さんは社中の揃いの浴衣、私は、大伯母から譲り受けた絞りの浴衣を初めて着ました。

今月中旬には、国立文楽劇場で大きな舞台を控えているという若静奈さん。
凛とした風格を感じさせる舞で、美しい上にカッコいい!という印象でした。鍛錬の成果で気力、体力共に充実されていることが伝わってきて、本当に素敵でした。

その後、日本橋高島屋で開催中の「SU!TE!KI!展」に寄り道。
黒柳徹子さんと、ビーズ刺繍作家の田川啓二さん。「「ふたりが集めたステキがいっぱい」ということで、お二人のコレクションが所狭しと並べられている、賑やかで華やかで「眼がいくつあっても足りない!」という感じの空間でした。

以前から田川さんのファンで、ビーズ刺繍の一日教室に参加してサインを頂いたこともあった私(笑)
ドレスや額絵など、超絶技巧の数々を間近で、たくさん見られる機会は初めてだったので興奮しました。
アンティーク着物のコレクションも圧巻で、お祖母様の嫁入り支度の目録まで残っているのにはビックリでした。

コレクション展の終盤は「シノワズリ」がテーマ。徹子さんが集めたという宮廷服の、繊細な刺繍の美しかったこと。細かい絵付けの施された食器の愛らしいこと。

170806yukata3

見ているうちに、昼食を食べそびれていたことを思い出し、我慢が出来なくなってB2の鼎泰豊に駆け込んでしまったという…
ランチタイムは大行列のお店に待たずに入れる時間だったことはラッキーで、小籠包も間違いない美味しさでした。

…が、日がな一日美しいものを目にした後で、落ち着く先が食欲でいいのか?自分、という複雑な思いも(笑)

« 2017年7月 | トップページ