2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月13日 (木)

着物とごちそう

170709kimono3
4月の末に「井戸端着物マーケット」で手に入れた、綿麻の新之助上布が仕立て上がりました!
サラっとしてなおかつ、つるんととろみのある感触がひたすら心地よく、感動です。
横糸に使われたレモンイエローの糸が、動きや光によって効果的に色の変化を生み出すのが、着ていてとっても楽しい!よい買い物をしました。

170709kimono4
今年買った下駄の鼻緒と、色合いがピッタリ合っていたのも、とても嬉しい偶然でした。

同様に、今シーズン新之助上布デビュー、という着物友達が数名いたため、葉ごろも着付教室のmiyukiさんとお披露目会ランチを企画。
周囲の目を気にせずおしゃべりに花を咲かせたい、ということで個室にこだわった結果、会場は横浜そごうの「銀座アスター ベルシーヌ横浜」を手配していただきました。

170709kimono5170709kimono6

美味しい中華に舌鼓を打ちつつ、総勢6名でお互いの夏着物を愛で、しゃべり倒して?時間が経過(笑)

170709kimono1
事情により、お店を出た後の集合写真は5名のみとなってしまいましたが…
それぞれに個性があって、汗だくだけど涼しげ、な夏着物はやっぱり我慢の甲斐がある楽しいおしゃれだな、と思いました。

かなりの時間が経過してしまいましたが、備忘録で5月の末に参加したこんなお出かけのことも記録しておきます。

170603ueno6

結城紬の単衣に麻の半幅帯で、モダン着物小物梅屋さん主宰の「着物でリパイユ」というイベントに参加してきました。

170528kimono0横浜・馬車道のフレンチレストラン「リパイユ」にて、着物でランチを楽しみましょう、という趣旨の集いです。

目に美しく舌に美味しい、コース料理の内容はレベルが高くて当然、大満足。
同じくらい、テーブルセッティングのナフキンの愛らしさから、自習を重ねてソムリエの方が着物姿でサーヴィスしてくだるなど、お店の心遣いも堪能しました。
じゃんけん大会では、普段は勝負強さと無縁なのに、梅屋さんのレース半襟を勝ち取ってしまい、我ながらビックリ(嬉)

170528kimono5
後半の馬車道散歩&撮影会には時間の都合で参加出来ませんでしたが、様々な着こなしをお互いチェックしあって楽しいひとときでした。

170528kimono1_2

馬車道も今年は150年目の節目とか。そぞろ歩きが楽しい街、横浜。なかなかゆったり散策する時間が作れない日々ですが、たまには心の贅沢も必要だなとしみじみ思った昼下がりでした。

2017年7月 1日 (土)

宇都宮日帰り旅

春先に仕事の関係で転居していった友人を訪ねて、家族で宇都宮に出かけてきました。

到着した頃にはあいにくの雨模様となってしまいましたが、宇都宮駅で車を借り、夫の運転でランチのお店へ移動。

170701tomottina_2

友人が予約してくれたのが、大谷石の古民家を改装した素敵なお店「トモッティーナ」。
家はもちろん、前を流れる川沿いに作られた塀までも美しい石造り。瑞々しく味の濃い野菜がどのお皿にもたっぷり使われていて、大満足でした。

食後に足を伸ばしたのが、大谷資料館。大谷石の採石場跡を実際に歩いて回ることが出来るという、友人イチ押しのスポットです。
現地が近づくにつれ、すでにこのような自然の石の造形に圧倒される風景が。

170701oya1
館内の気温は11℃、という表記で、用意していた上着を羽織り地下への階段を下りて行きます。

足を進めるにつれ、どんどん空気が冷たく、重い湿気を含んでいくのがわかります。そして目の前に広がるのが、まるで巨大な地下神殿のようなこの光景!

170701oya2
数々のプロモーションビデオや映画、ドラマのロケーションに使われているのも納得の、何ともドラマティックな空間。

170701oya3
内部は色とりどりのライティングで演出されていて、假屋崎省吾さんの巨大な生け花作品が展示してあるスペースも。

170701oya4

華やかさと荘厳さに、ここが本来はどういう場所だったかを忘れそうになる中、時折目に入って来る案内文に、かつては人々が汗を流していた労働の場だったことを再確認しました。

170701oya5
手堀り採掘の様子を再現したお人形さんに、人の力って凄いなあ…と頭を下げたくなりました…

怖がりで、暗いところは苦手な息子が果して内部を見学できるか、ずっと心配していたのですが、案外平気な様子で(ライトアップの光が変化する様子などが面白かったらしい)まずは一安心。

170701oya6
しかし、調子に乗り過ぎて、ステージ状になっているところで踊り出したのには参りました(汗)

地上に戻った時には、まさに「異空間から帰還した!」という感じがして、とても興味深い体験が出来ました。

現実に帰ったらお腹が空いたので(笑)その後は、宇都宮といったらやっぱり…と餃子食べ歩きへ。

170701gyoza
「餃子専門店なので、ライスとビールは置いてません」という断り書きが潔い、「正嗣」にて。夫は焼き餃子を絶賛していましたが、私は丼の中に直接おしょうゆをたらしていただく、水餃子のあっさりした味わいもとっても気に入りました。

正味半日の滞在でしたが、好奇心旺盛で新しい生活を満喫している友人の姿に、私もたくさんの元気をもらって、充実した休日でした。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »