2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« 氷艶2017「破沙羅」 | トップページ | 夏越の祓2017 »

2017年6月 3日 (土)

大英自然史博物館展

170603ueno1
この春の上野界隈は、観に行きたい展覧会があれもこれもとあったのですが、足を運べたのは「バベルの塔展」とこちら、国立科学博物館の「大英自然史博物館展」。

初来日という始祖鳥の化石をはじめ、巨鳥モアの骨格標本やらエジプトで見つかったという猫のミイラやら、貴重な展示の数々に、世界は不思議に満ちている…とワクワクしながら鑑賞しました。

170603ueno2館内の展示物はほとんどが撮影OKでした。
息子には、学術標本よりはモニターに映し出されていたCGアニメ(夜、誰もいない大英博物館の中を、生き返ったモアや魚竜が動き回るという、よく出来た短編)がウケており、おかげで大人はじっくり好奇心を満たすことが出来ました。

常設展にも興味津々だったのですが、さすがに4歳児の気力体力に限界が来て、「地球館」のみ鑑賞。しかし、巨大空間にぎっしり佇む剥製たちを観られただけでも十分、満足でした。

170603ueno3
このコレクション、元々は個人のものだった、というのが一番のびっくりポイントだったりする…人間の探求心ってすごいなあ。

170603ueno5
二階建てになっていて、足元の床から剥製さんを見下ろすことも出来ます。前から一度来たいと思っていたスポット、次はゆっくり常設展を観て回ろう…と思いました。

170603ueno4
この少し前、幼稚園の遠足で訪れた「八景島シーパラダイス」。剥製も標本も凄いけど、生き物の命が躍動する様子もやっぱり、感動的です。

« 氷艶2017「破沙羅」 | トップページ | 夏越の祓2017 »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 氷艶2017「破沙羅」 | トップページ | 夏越の祓2017 »