2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

夏越の祓2017

170630nagoshi1_2
時の流れの速さに驚かされながら、今年も無事にたどり着いた折り返し地点。
息子の幼稚園の通学路にある神社でも、夏越の祓の支度がされる時期となりました。

去年は、幼稚園へ向かう途中に茅の輪くぐりをしましたが、今年の6月30日は、夕方から行われる夏越の祓式に参加してみました。

社務所で受付をして、茅の輪の前で他の参拝者と共に整列。
神主さんが祝詞(「大祓詞」といって、主に夏越の大祓と大晦日の大祓の際に多くの神社で唱えられるものだそうです)を奏上された後、切麻を身体に振り散らしたり、紙の人形に息を吹きかけて神主さんに祓っていただいたり。。
その後、宮司さんを先頭に、お作法通り左回り・右回り・左回りと、3度茅の輪をくぐってから、本殿にお参りしました。

水無月の夏越しの祓する人は千歳の寿命延ぶというなり

茅の輪をくぐりながら一同、声を揃えて唱え、これだけの式次第を執り行えばさぞ、穢れも落ちたことであろう…と清らかな気持ちに…

170630nagoshi2
…なりたかったのですが、一つ動作をする度に「ねえねえ!今、これ何してるの~?」と大声で訊く息子を黙らせるのに必死で、心靜かに神前に臨めなかったのは痛恨、でありました(苦笑)

ブログの更新は相変わらず滞りっぱなしですが、この6月は不思議なくらい、私にとって人と集まる、再会する、という機会が集中した楽しい日々でした。

美味しいものもたくさん口にしたし、数年ぶり、十数年ぶりの懐かしい再会があったり。思い出話を分かち合える喜びを味わい、うれしかったです。

好きな時に好きなことが出来る自由を手にしている幸せ。疑いもなく未来のあれこれを楽しみにできるありがたさ。
本当は、どれもこれも当たり前のことではない、心から感謝して大切にしなければいけないものなのだと、ふと立ち止まって考えさせられることも…無限ではない与えられた時間を、充実させて生きたいものです。

170623lotf_2再演された高橋大ちゃんのダンスショー「LOVE ON THE FLOOR」も、迷った末に結局観に行ってきちゃいました!去年の公演から更にブラッシュアップされた内容で、会場一体となって大盛り上がり、心が弾むステージでした!

170630unagi
昔むかし勤務していた会社の先輩に、私、未だに時折ご馳走になっております…人の縁とはありがたいもの。
心身に蓄えたエネルギーで、来るスーパー猛暑をやり過ごしたいものです!

2017年6月 3日 (土)

大英自然史博物館展

170603ueno1
この春の上野界隈は、観に行きたい展覧会があれもこれもとあったのですが、足を運べたのは「バベルの塔展」とこちら、国立科学博物館の「大英自然史博物館展」。

初来日という始祖鳥の化石をはじめ、巨鳥モアの骨格標本やらエジプトで見つかったという猫のミイラやら、貴重な展示の数々に、世界は不思議に満ちている…とワクワクしながら鑑賞しました。

170603ueno2館内の展示物はほとんどが撮影OKでした。
息子には、学術標本よりはモニターに映し出されていたCGアニメ(夜、誰もいない大英博物館の中を、生き返ったモアや魚竜が動き回るという、よく出来た短編)がウケており、おかげで大人はじっくり好奇心を満たすことが出来ました。

常設展にも興味津々だったのですが、さすがに4歳児の気力体力に限界が来て、「地球館」のみ鑑賞。しかし、巨大空間にぎっしり佇む剥製たちを観られただけでも十分、満足でした。

170603ueno3
このコレクション、元々は個人のものだった、というのが一番のびっくりポイントだったりする…人間の探求心ってすごいなあ。

170603ueno5
二階建てになっていて、足元の床から剥製さんを見下ろすことも出来ます。前から一度来たいと思っていたスポット、次はゆっくり常設展を観て回ろう…と思いました。

170603ueno4
この少し前、幼稚園の遠足で訪れた「八景島シーパラダイス」。剥製も標本も凄いけど、生き物の命が躍動する様子もやっぱり、感動的です。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »