2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« ムーンライト | トップページ

2017年5月14日 (日)

ミュシャ展

Dsc_9103
国立新美術館はただいま、草間彌生展とミュシャ展が同時期に開催されていて、チケット売り場は長蛇の列。

4歳児を連れて行くにはいかがなものか…とためらう気持ちもありましたが、そうこうしているうちに会期が終了しては何もならない、と、一念発起し、ミュシャ展を鑑賞してきました。

170514mucha1
敷地内のけやきは、草間彌生展の「木にのぼった水玉」というインスタレーション作品に変身していました。4歳児も興味津々で凝視。

少しでも人の少ない時間帯を選ぼうということで、今回は夕方4時に会場入り。

今回のミュシャ展は、パリでポスター画家として名声を得たミュシャが、50才を過ぎて故郷チェコに戻り、16年の歳月を費やして完成させた「スラヴ叙事詩」全20点の展示が目玉です。

…という事前情報はしっかり頭に入っていましたが、展示室の入り口を抜けたらいきなり、テレビで何度も紹介されていた「原故郷のスラヴ民族」の絵がドーン!と現れて、その迫力にビックリ。

他民族の侵入から逃れて身を隠す、この恐怖の表情が民族の原点とは…と、絵の前のこちらも痛みを感じてしまいました。

170514mucha3
スラヴ叙事詩、順路の後半では展示室の撮影が許可されています。身長100㎝の息子と並べると、作品の大きさが伝わるでしょうか…

今から十数年前、プラハを訪れた時にミュシャ美術館へ行きました。そして、この連作の製作にあたり、ミュシャが村人に衣装を着せてポーズをとらせたモデル用の写真を色々と観ることが出来ました。

その際、大きすぎてここには実物を飾れない、とあった実際の作品に、東京でお目にかかれるとは…と感慨に耽りつつ、巨大な空間の隅々までぎっしり描き込まれている人々をじっくり見ていると、時間がいくらあっても足りません。

170514mucha4
…という訳で、閉場時間が刻々と迫る中、館内からはどんどん人の姿が消えていき、しまいにはこんな感じで静かに、四方から絵に囲まれていました。
係の方に追い立てられながらも、これはこれで、なかなか感動的なものがあり…

息子が、オーディオ解説の機械を気に入り、静かに壇れいさんのナレーションに耳を傾けてくれていたのもありがたかったです(笑)

170514mucha2
連作の着地点となる「スラヴ民族の賛歌」。
ところが、スラヴ叙事詩がとうとう完成した頃には、すでにチェコスロバキアは独立を果たし、絵画の主流もキュビズムの時代を迎えていて、「時代遅れ」のレッテルを貼られてしまいます。

紆余曲折の末に、いまだに常設で展示される場所も作られないまま…という事実は、この大作に込めたミュシャの思い入れの強さ、深さがひしひしと絵から伝わってくるだけに、一層切ないものが(涙)

ただ、閉館を知らせるアナウンスを聞きながら駆け足で観た、後半の展示の「これぞミュシャ!」という有名なポスター類には、時代の空気と見事に一体化して、新しい潮流を切り開いたという、本物のパワーを感じました。
その美しさに魅了された当時の人々の熱狂が、作品の背後にセットになって、光を当てているようで。

画家の才能や情熱と、時代が求めるものとのめぐり逢いって、奇跡のようなことなんだなあというのが今回の感想。
そして、今になって「スラヴ叙事詩」の訴えるものが現実世界と強くリンクしていることも、身のすくむような恐ろしさを感じます…

« ムーンライト | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ムーンライト | トップページ