2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« メディアとうちの子 | トップページ | 皆勤賞 »

2017年3月10日 (金)

ラジオと私

昨年の秋から、自宅で細々と仕事を始めました。

内容はデータ入力がメインで、イマドキのフレーズを使えば「在宅テレワークで事務処理を請負っております」という感じになるのでしょうが、実感としては、要するに出来高制の「デジタル内職」です(笑)

頭をフル回転させるような場面はほとんど無くて、機械的に書類とパソコンに向きあって作業をしていくのですが、シンとした中だとかえって集中力が妨げられるタイプの私。
(試験勉強もラジカセを鳴らしながらやっていた…)

ふと思い出したのが、やはり家を職場にしているお友達が、BGM代わりにラジオを聞いている、と話していたこと。
東日本大震災の時、防災対策のつもりでダウンロードして、全然使う機会がなかったiPadのradikoを開き、たしかTBSラジオが面白いと言ってたなぁ、と、聞いてみたらこれが、確かに楽しい!
幼稚園へ息子を送って帰宅し、家事を済ませてパソコンデスクに向かうと同時に、ラジオを流すのが習慣になりました。いまやすっかり仕事のお伴に欠かせないものになっています。

音楽の合間におしゃべりが流れる、というのが定番スタイルのFM局と違って、パーソナリティーのおしゃべりが中心で、天気予報、ニュース、交通情報がこまめに入る日中のAMラジオの世界って、何だかとても「はたらく人の伴走者」という感じが強くて、温かい。

耳だけから入る情報で、こちらも意識の大半は自分の仕事の方に向けているのにも関わらず、テレビ番組を見ている時には感じたことがないような親和性の高さを、電波の向こう側に感じてしまうのです。
なぜなんだろう?
テレビショッピングではそんなことないのに、ラジオショッピングでおススメされるものはことごとく欲しくなっている自分が怖い(笑)←まだ買ったことはないです

まさか、自分が毒蝮三太夫の「汚ねぇ顔したババぁだなあ!」の毒舌を毎日楽しみに聞く日が来るとは。
「好き」の扉は人生のいたる所に隠されているなぁ、と実感させられているこの頃。

170310radio
もう何年も前、山口晃画伯のエッセイ漫画を読みたいばかりに入手した「BRUTUS」のラジオ特集。
文字では全然わからなかった「ミュージックプレゼント」のテーマ曲がリアルで聞けた時、「あぁ、アレが、コレか!!」と回路がつながった凄い快感がありました。

« メディアとうちの子 | トップページ | 皆勤賞 »

今日のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メディアとうちの子 | トップページ | 皆勤賞 »