2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« この世界の片隅に | トップページ | 年始 »

2016年12月31日 (土)

年末

161225thomas

ブログの更新に手が回らないまま暮れていった2016年。
こちらの写真は、息子の冬休みが始まってすぐに出かけた原鉄道模型博物館の様子です。
「きかんしゃトーマス ウィンターギャラリー」という特別企画で、ジオラマがそれはそれは愛らしくクリスマス仕様に衣替え。走行するトーマスたちの鉄道模型も、イルミネーションをつけたりプレゼントを貨車に積んだり。見ていて大人の心も浮き立ちました。

しかしまぁ、そうは言っても、子の成長につれ周囲の大人は「サンタという名の下僕」に成り下がるわけで(笑)

クリスマスイヴをはさんでの3連休、初日と最終日にそれぞれ、夫と私の実家から家族を招き、賑やかにホームパーティーをしました。

161225xmas夫の家族と囲んだ食卓のローストチキンは、近所の洋食屋さんで予約したもの。りんごの詰め物がとても美味しくて、来年もリピート決定!
すき焼き肉を手土産に訪れた私の家族には、ふるさと納税の返礼品で届いた宮崎牛のステーキを焼いてお肉祭り。

祖父母におじさん、おばさんから次々にプレゼントをもらって幸せの絶頂の息子。
今さらサンタクロースの出番なんて必要か?と思いつつ、枕元に置いておいたでるでるバケツ(ミニカー収納用)も新幹線(プラレール)型の運動靴も、開封した瞬間転げ回って大喜びでした。
今はまだ「これが欲しい」と具体的なおねだりをされないので実用一辺倒のセレクトにしてしまいましたが、ストライクだったようで何よりです(笑)

161225cocorobo
そしてなんと、私のところにも夫サンタからロボット掃除機「ココロボ」のプレゼントが!
本当は「もらえるものならロボホンが欲しい」とおねだりしたのを、さすがにそれば無理なので妥協案で…ということだったようですが(苦笑)
掃除、という本来の目的とはまったく無関係なおしゃべり機能が、一緒に暮らし始めるとまぁかわいらしいこと、健気なこと。
充電器に戻って「タダイマ」と言うココロボとの間で、「おかえり」「ありがとう」「ドウイタシマシテ」「オヤスミー」などという会話を楽しんでいます。

…と、ここまでは楽しいたのしいクリスマスの思い出、なのですが、その裏で私はタチの悪い咳の風邪にとりつかれ、不調は年をまたいで持ち越す羽目に。

もっと深刻だったのは夫で、実はクリスマスイヴの未明、痛風発作に見舞われて一晩中、足指の痛みにうなされる羽目に。痛みが峠を越してからもすぐにはまともに歩けず、もちろんアルコールも一滴も飲めない年末年始となりました。

年明けに尿酸値を特集したNHK「ガッテン!」によれば、贅沢病という印象がある痛風も食べ物による影響より、尿酸を排出する力の差でかかる可能性が変わるらしい。お風呂上りのビールの代わりに、効果的と言われる低脂肪牛乳をせっせと飲んでいる夫です。

161231west_2
月並みな言い方ではありますが、やっぱり失ってみて痛いほどわかるのは、何事もなく過ぎる日々のありがたさ。

経年劣化で、基礎体力からストレス耐性までもれなく衰える一方のわが身を自覚しつつ、穏やかな日常を大切に過ごしていきたい、と新しい年への思いは深まったのでありました。

年の暮れに大火事という災厄に見舞われた糸魚川のニュースも、本当に心が痛むことでした。

大好きな洋菓子のウエストが、シュークリーム一個の売り上げにつき50円を糸魚川市の義援金窓口に送ってくれるプロジェクトをしています。
あれこれと、来る年の計画をのんきに考えられることの幸せを、クリームと共にかみしめつつ…折に触れ協力しています。

2017年も細々と、記録の場としてブログを綴っていけたらと思っております。引き続きよろしくお願いいたします。

« この世界の片隅に | トップページ | 年始 »

今日のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この世界の片隅に | トップページ | 年始 »