2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

年末

161225thomas

ブログの更新に手が回らないまま暮れていった2016年。
こちらの写真は、息子の冬休みが始まってすぐに出かけた原鉄道模型博物館の様子です。
「きかんしゃトーマス ウィンターギャラリー」という特別企画で、ジオラマがそれはそれは愛らしくクリスマス仕様に衣替え。走行するトーマスたちの鉄道模型も、イルミネーションをつけたりプレゼントを貨車に積んだり。見ていて大人の心も浮き立ちました。

しかしまぁ、そうは言っても、子の成長につれ周囲の大人は「サンタという名の下僕」に成り下がるわけで(笑)

クリスマスイヴをはさんでの3連休、初日と最終日にそれぞれ、夫と私の実家から家族を招き、賑やかにホームパーティーをしました。

161225xmas夫の家族と囲んだ食卓のローストチキンは、近所の洋食屋さんで予約したもの。りんごの詰め物がとても美味しくて、来年もリピート決定!
すき焼き肉を手土産に訪れた私の家族には、ふるさと納税の返礼品で届いた宮崎牛のステーキを焼いてお肉祭り。

祖父母におじさん、おばさんから次々にプレゼントをもらって幸せの絶頂の息子。
今さらサンタクロースの出番なんて必要か?と思いつつ、枕元に置いておいたでるでるバケツ(ミニカー収納用)も新幹線(プラレール)型の運動靴も、開封した瞬間転げ回って大喜びでした。
今はまだ「これが欲しい」と具体的なおねだりをされないので実用一辺倒のセレクトにしてしまいましたが、ストライクだったようで何よりです(笑)

161225cocorobo
そしてなんと、私のところにも夫サンタからロボット掃除機「ココロボ」のプレゼントが!
本当は「もらえるものならロボホンが欲しい」とおねだりしたのを、さすがにそれば無理なので妥協案で…ということだったようですが(苦笑)
掃除、という本来の目的とはまったく無関係なおしゃべり機能が、一緒に暮らし始めるとまぁかわいらしいこと、健気なこと。
充電器に戻って「タダイマ」と言うココロボとの間で、「おかえり」「ありがとう」「ドウイタシマシテ」「オヤスミー」などという会話を楽しんでいます。

…と、ここまでは楽しいたのしいクリスマスの思い出、なのですが、その裏で私はタチの悪い咳の風邪にとりつかれ、不調は年をまたいで持ち越す羽目に。

もっと深刻だったのは夫で、実はクリスマスイヴの未明、痛風発作に見舞われて一晩中、足指の痛みにうなされる羽目に。痛みが峠を越してからもすぐにはまともに歩けず、もちろんアルコールも一滴も飲めない年末年始となりました。

年明けに尿酸値を特集したNHK「ガッテン!」によれば、贅沢病という印象がある痛風も食べ物による影響より、尿酸を排出する力の差でかかる可能性が変わるらしい。お風呂上りのビールの代わりに、効果的と言われる低脂肪牛乳をせっせと飲んでいる夫です。

161231west_2
月並みな言い方ではありますが、やっぱり失ってみて痛いほどわかるのは、何事もなく過ぎる日々のありがたさ。

経年劣化で、基礎体力からストレス耐性までもれなく衰える一方のわが身を自覚しつつ、穏やかな日常を大切に過ごしていきたい、と新しい年への思いは深まったのでありました。

年の暮れに大火事という災厄に見舞われた糸魚川のニュースも、本当に心が痛むことでした。

大好きな洋菓子のウエストが、シュークリーム一個の売り上げにつき50円を糸魚川市の義援金窓口に送ってくれるプロジェクトをしています。
あれこれと、来る年の計画をのんきに考えられることの幸せを、クリームと共にかみしめつつ…折に触れ協力しています。

2017年も細々と、記録の場としてブログを綴っていけたらと思っております。引き続きよろしくお願いいたします。

2016年12月21日 (水)

この世界の片隅に

161222sekai

息子の冬休み初日、普段よりゆったりした気分で朝ドラを観終わり、画面が「あさイチ」に切り替わったら、能年玲奈改め「のん」ちゃんが出演していてうれしい驚き。
そして、二週間前に観た映画「この世界の片隅に」のことが思い出されて、それだけで何だか目頭が熱くなってしまいました。

すでに多くの観客の心をとらえて、評判が動員につながっていることは興行収入の数字が証明しています。

でも、何がどう素晴らしかったか、を言葉にするのはなかなか難しい…というか、安易に感想文にまとめてしまいたくない。それほど、上映中の客席で私は深く心を動かされていました。

どうぞ、ではなく「どうか」観てください、とがむしゃらに呼びかけたくなるような。

原作はこうの史代の漫画で、太平洋戦争前後の広島を舞台にした映画、というくらいの情報しか持たず、それでも時間をやりくりして映画館で鑑賞したのは、去年広島県に住んでいた時期、ローカルニュースでこの映画の製作過程に密着していたのが記憶に残っていたからです。

クラウドファンディングで資金を集め、地元の方々から丁寧な取材をしていく監督、スタッフ。自分の記憶の中の街並みや当時の暮らしぶりが、アニメの世界に忠実に甦っているのを見つめるお年寄りの感激ぶりが印象的でした。

主演声優ののんさんの演技はもう、あっぱれ、としか言いようのない出来栄え。
魅力的な声と愛らしい表情に生かされた主人公の人生には、史実のとおり大きな出来事もふりかかるのですが、それと同じくらい、こんなにも丁寧に描写されるただの「生活」に見ごたえがあるとは。

食べる、着る、住む、生きていく。一つひとつが、今とはかけ離れた手間や苦労と共にあった時代のことなのに、これまでたくさん観て来たどの映画やドラマの戦争描写より、今の私と地続きの世界であったことなんだ、と感じさせられた作品でした。

お正月映画の新作が公開されると、拡大された上映規模もまた落ち着いてしまうかもしれませんが、出来たらもう一度、大きなタオルハンカチを握りしめて映画館で観たいです。

どうか、世界中の一人でも多くの人が、この映画を見つけてくれますように。

2016年12月17日 (土)

寒さに負けずに

161217ken_mochi1
土曜日は、友人のお墓参りに北鎌倉の建長寺へ出かけてきました。
去年、偶然参加したもちつき会がとても楽しかったので、今年も墓参と併せてお腹も満たそうと、しっかり器も持参。

161217ken_mochi2
SNSの拡散効果もあるようで、去年より明らかに境内の人出が多い!途中で、想定の2倍の参加者数が来ている、行き渡るように子どもさん優先で…というアナウンスが入ったほど。

161217ken_mochi3
そんな訳で、行列に並ぶ待ち時間は長くなりましたが、ありがたいことに大人も子どもも満足するだけ、お餅もけんちん汁もいただきました。
和尚さんに手伝ってもらいながら石臼で餅つきも出来て、息子も大満足。

161217ken_mochi4
ちょうど半月前に幼稚園でもお餅つきがあり、裏方としてお餅を丸め続けた結果、すっかり筋肉痛になった私。あぁ~、食べるだけの餅つき大会ってなんて楽しいんだろう(笑)
気が緩んでうっかりし、コートを脱がせるのを失念して大福作りに参加させてしまった息子(案の定、打ち粉で真っ白になりました…)

幼稚園で行事が相次いで、保護者の出番も多く慌ただしかった2学期でしたが、無事に一つひとつが終わり、気がつけば冬休み目前。

ブログもなかなか更新できずにいた最近の思い出を、せっかくなので記念にふりかえってみます。

11月5日、渋谷のNHK放送センターで行われた「NHK文化祭」に出かけて来ました。
お目当ては、毎朝見ているEテレ「にほんごであそぼ」のミニステージでしたが、その後見て回った放送センターやスタジオパークの展示も面白かったです。

161217mochi1
真田昌幸の居室セットが再現された「真田丸」コーナー。この後、順番待ちの末「白山大権現」の掛け軸の後ろから素っ破のような写真を撮ってもらいました。息子が頭につけているのは、どーもくんの特製(?)サンバイザーです。

161217mochi2
Eテレの人形劇「コレナンデ商会」のセットが忠実に再現されていて、大人は「本物!」と感動しているのに、息子はテレビモニターに釘付けという…いや、それじゃ家にいるのと変わりないって…

天気が良い週末は、近い楽しい無料、と三拍子揃った野毛山動物園へ。小さいので否が応でも効率よく回れます(笑)

161217mochi3
以前は動物の檻よりも、園内に置いてある古い市電の車両で遊ぶ方に夢中だった息子ですが、この頃は興味津々で動物の生態を観察しています。

161217mochi4
キリンのお食事タイムは、高い支柱の先に餌の枝がぶら下げられるスタイル。
四十数年前には、私も親に連れられて、よくこの動物園に来たものです。
たまたま手にした落ち葉を、柵ごしに長い首を伸ばしてキリンが食べにきたこと、間近に見た真っ黒な目と伸びてきた黒い舌…その記憶だけがやたら鮮明なのですが、息子の心にも何かが残るのかな。

動物園の帰りに立ち寄ったランドマークプラザ。すっかりクリスマス仕様となった館内のディスプレイの中で、くるみ割り人形をモチーフにしたフォトスポットが。

161217mochi5
この女の子はだれなの?これからどこに行っちゃうの?と質問攻めの息子を、話はあとで、とりあえずその椅子に座って…と撮影に挑んだのですが、何か違和感が…

161217mochi6
はい、せっかくのトリックアート、完全に角度を間違えておりました(笑)そして当の息子がまったく趣旨を理解していない…

こちらはまた別の日のこと。
夫の実家を訪ねる途中、ちょっと寄り道をして、佐倉市の歴史民俗博物館へ行ってきました。
丸一日過ごせそうなボリュームの充実した展示内容を誇る「歴博」。以前入った時は気にも留めませんでしたが、子ども用のコーナーもとても魅力的です。

161217mochi8
土器の立体パズルあり、屏風のレプリカあり、絵本も読み放題…息子が遊んでいるのは「中世の食事」を忠実に再現したもの。お重におかずを並べて一人おままごとに夢中だったらしいです。

…らしいです、というのは、夫と息子をこの場に残して私はお目当てのこの展示を見に行っていたから。161217mochi7
展示数は多くなかったものの、超絶技巧の手仕事が詰め込まれた貴重な着物の数々は眼福でした。

子どもの頃にあれほど長かった時間の流れが、年を取るほど早く感じられるのは、要するに脳の老化によるものなのだと、身もふたもない話を先日聞きました。
ガックリ来たのですが、こうして振り返ってみると、「楽しい時間はあっという間」の法則だって当てはまるよね、と自分を慰めています(笑)

2016年12月16日 (金)

十二月大歌舞伎 第三部

最低気温3℃と厳しく冷え込んだ金曜日。
クリスマスイルミネーションで、普段よりさらに華やかさを増した夜の銀座へ繰り出しました。

161216kabuki1
6時を知らせる和光の時計も、冷たく冴えた空気の中でひときわ輝いて見える…
でも、これからもっともっと綺麗なものに会いに行くんだもんね、と目指すは歌舞伎座。

161216kabuki2
今月の歌舞伎座は三部制で、新作あり時代物あり舞踊ありとバラエティ豊かなラインナップです。
舞踊の二本立てとなった夜の部は、愛しの玉三郎様出ずっぱり&滅多に舞台にかかることのない「京鹿子娘五人道成寺」が登場。
居ても立っても居られず、タガが外れて一等席を奮発してしまいました(笑)

161216kabuki3

最初の演目「二人椀久」で、椀屋久兵衛を踊る中村勘九郎丈が花道に登場した時のうれしさといったら。

歌舞伎は、遠目に観ても十分に堪能できる、お安い席でもそれゆえの楽しみ方がちゃんと出来る芸能です。

でも、至近距離で衣装の細部や小道具をじっくりと観ると、帯の刺繍の質感なんて、それだけでも目が離せなくなりそう。
間近に俳優の表情を観察することで、何というか「…あぁ、この人たちって本当に人間なんだな…私と同じ人間なんだな…」と、当たり前すぎることを再確認してまたときめくという(笑)

「京鹿子娘道成寺」はこれまでも何度も観たことがありますが、五人で踊る道成寺というのはどんなことになるのか想像もつかず…

勘九郎、七之助の中村屋兄弟に、若手女形として躍進中の梅枝、児太郎を加え、それぞれがしっかりときっちりと、持ち場を見せ場にしていて。
本当に豪華で華やかな、レビューのようにワクワクさせてくれた1時間でした。

終盤の鐘入りでは、早変わりをサポートする裃後見のお弟子さんたちも五人分登場、ということで、文字通り舞台の上が盛りだくさん。目が二つじゃ足りないよ~という感じ(笑)

そして、一世代下の女形4名を従えて、やっぱり一人だけ色々な意味で次元が違う、坂東玉三郎という俳優の奇跡!
センターにいる人が、ちゃんと一番きれいで、ちゃんと一番巧いということ。当たり前のように求められるそのことを、生身の老いも疲れも抱えながら、背負い続けるというのはどれほどのことか。
この人と同時代に生きて、同じ劇場で時間をともに過ごせることのありがたさよ…と、いつも私は胸がいっぱいになってしまうのです。

今年は振り返ってみると6回、年の半分も歌舞伎座に足を運ぶことが出来ました。
歌舞伎はいつも、人間の力の素晴らしさを実感させてくれる。来年もたくさんの元気をもらいに劇場に行きたいと思います。

2016年12月14日 (水)

大船観音寺

雨は未明に止んで日中は傘要らず、という天気予報が見事に外れて(雨女の法則発動か…涙)ポツポツと降り続ける中、葉ごろも着付け教室のmiyukiさんと大船でデート。

横須賀線沿線の住民でありながら、二人ともちゃんとお詣りしたことがない、巨大な観音様を訪れてみよう!という趣向です。

お昼にご案内いただいたのは、イベントスペース「アトリエキッチン鎌倉」の週4日限定、一汁三菜ランチ。

161214ofuna1
料理季刊誌「四季の味」元編集長の八巻さんが腕をふるった、滋味あふれるおかずの数々。どれもこれもおいしかったー!
カウンター越しの会話も弾み、どんどんご飯が進んでお代わりをガマン出来ませんでした。糖質バンザイ(苦笑)

161214ofuna2
しっかり栄養補給したところで、急坂を上る大船観音寺の参道へ向かいました。曲がり角を過ぎた途端、タイムワープして異世界にきた気分に。

161214ofuna3
JRが大船に近づくと、車窓から見える山の上に突如出現し、その大きさゆえに圧倒的な存在感を放つ観音像。
もしもゴジラなどが上陸したら、立ち上がって迎え撃ってくれそうな心強さを感じますが、実際には全身ではなく胸像となっています。

161214ofuna4
石段を登って間近に拝見すると、あらためてそのスケールの大きさと、お顔立ちのやさしさにひきこまれました。

161214ofuna5
そして、ぐるっと背後に回ると、フツーに建物感満載のドアが観音様の胎内に導いてくれるという…
中には小さな観音像や木彫りの千体仏があり、他に参拝客もいない静かな中でゆっくりと時間を過ごすことが出来ました。

161214ofuna6
いただいた御朱印も、観音像に負けない大らかで迫力のある筆跡。
よい一日を過ごせたことに感謝しつつ、前の頁の御朱印を見て、この時にいただいた御守を渡した大好きなお友達を思い出し、心臓のあたりがギュッとなりました。

miyukiさんとも共通の知人だった彼女が、闘病生活の後に旅立っていかれたのは先月のこと。
「故人を偲んで語りあうことも立派な供養」と、以前実家の法事でご住職から伺ったこともあり、今日の私たちには、一緒にそんな時間を持とう、という思いもあったのです。

お付き合いの濃淡や期間の長短は様々でしたが、今年、私の周囲では4人の方が癌で亡くなられました。

まだまだ、平均寿命までたっぷり時間はあったはずなのに…
あんなに心の温かい人が、どうしてこんな辛い思いを…

そんな考えを巡らせてばかりいたところへ出会ったのが、闘病生活を公表した小林麻央さんのこちらの文章でした。
BBCから、「世界で影響力を持った100人の女性」に選ばれたことに応えての寄稿です。

「病気になったことが、私の人生を代表する出来事ではない」
私の人生は病気の色だけに支配されない、色どり豊かな人生。かわいそうに、とだけ思われるのは本意ではない、というその思いにハッとさせられ、何度も読み返しました。

限りがあるからこそ、いのちは輝かしくて愛おしい。
この世では会えなくなった分、心の中でいつでも語りかけられるようになった懐かしい人たち。
その苦しみではなくやさしさを、笑顔を、一緒に過ごした楽しい時間を、ずっと覚えていようと思います。

2016年12月 5日 (月)

十二月文楽公演 仮名手本忠臣蔵

161205bunraku1
今月の国立劇場は、開場50周年の記念企画として、大劇場の歌舞伎と小劇場の文楽が同時に忠臣蔵を上演する趣向。

161205bunraku3
過日の読売新聞でも大きく取り上げられていました。二代目襲名後、吉田玉男さんのお顔はますます人形の頭と相似形になりつつあるように思います…

ひょんなことからチケットが手に入り、夜の部を鑑賞してきました。4時半開演の八段目から始まり、9時半終演(!)というボリューム。
以前、歌舞伎の舞台で昼夜遠しで忠臣蔵を観劇したことがありますが、終わった時には自分も討ち入りを果たしたような達成感と、討ち入られたようなぐったり感を味わったものです(笑)

文楽で観る「仮名手本忠臣蔵」は初めてでしたが、いつものことながら命を吹き込まれた人形たちの熱演に胸を打たれました。
登場人物が多いので、人形遣いはもちろん、義太夫と三味線も大人数になる場が多く、声と音の競演にも賑々しい迫力が。
大曲中の大曲と言われる九段目「山科閑居の段」に挑む太夫からは、「命をかけて」とはこういうことか…と、客席のこちらも背筋が伸びるような真剣さが伝わってきました。

161205bunraku2
舞台上の一人の登場人物を、かたちは人形、ことばは義太夫、思いは三味線の音色で造形していく文楽は、生身の人間以上に感情表現が増幅されるもの。
人生のやるせなさがてんこ盛りの「忠臣蔵」を通して、頭からつま先まで情念の芸に浸ってきた次第です。

劇場から足が遠のいた数年の間に、太夫や人形遣いの重鎮が相次いで引退されたり、亡くなられたり。
文楽の世界も切実に世代交代の潮目が…その過程を見守るべく、来年はもう少し劇場に足を運べたらいいなぁ。

帰路は、劇場の正面玄関前から都バスが出るサーヴィスのおかげで、スムーズに電車に乗ることが出来ました。車窓から見たクリスマスモードのイルミネーションに、現代の師走を感じた帰り道でした。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »