2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

* link *


無料ブログはココログ

« 夢と魔法と恐怖の国 | トップページ | 葉ごろも着付け教室納涼会 »

2016年8月20日 (土)

鼓童 創立35周年記念コンサート

160820kodo0
同級生の友人からお誘いをいただいて、サントリーホールで「鼓童 創立35周年記念コンサート」を鑑賞してきました。

160820kodo1
開演前の腹ごしらえは、ホールの向かいにあるオーバカナルにて。大きくてふわふわのチーズオムレツに、お代わりOKのバゲットが進んで困りました(笑)

松阪に住んでいた頃、近所の文化会館で公演があったのを観て以来の「鼓童」。芸術監督に坂東玉三郎が就任してからのステージは初体験です。

160820kodo2
玉三郎×ブルガリという共同企画で映画の鑑賞会が始まるんだそうです。会場で一際目立っていたお花。

三夜連続公演だった今回の記念コンサート。
私たちが観たのは、「第三夜~飛翔~」と名付けられた最終日。「BLUE TOKYO」「DAZZLE」という二組の男性ダンスグループとの共演でした。

S席は人気で取れなくて、360度ステージを客席が囲むサントリーホールならでは、真横から舞台を見下ろすA席になったのですが、これが思いのほか楽しめました。

いつもなら、客席からは大太鼓に正対する演者の背中が見えていて、その筋肉が躍動し、だんだん汗が光ってくる様子も音の迫力に凄みを加えているのですが、この日は太鼓にバチを振り下ろす横顔の表情をじっと見つめて聴くことになり、その真剣味に心打たれたのです。

ダンスパフォーマンスも、「飛翔」という名に恥じない躍動感で、限られたスペースでそんなに跳んではねて、落っこちない??とハラハラするくらい。
こちらの方は、さすがに時折(これはきっと、正面から見たらこういうかっこいいフォーメーションなのよね)と脳内補完する必要がありましたが(笑)

当日のステージの様子は鼓童のFacebookで紹介されています。

ラストは、空に向かって見えない大太鼓に演者がバチを振り下ろした瞬間、暗転。という、未来を暗示させるとてもかっこいい幕切れ。
再びスポットライトがついた時の客席の拍手は割れんばかりで、勢ぞろいした出演者たちと手拍子で一体になったカーテンコールは素晴らしい時間でした。

そんな興奮の中、スッと涼しい空気の色をまとわせて、
「あたしもちょっと入れてくれる?」
という感じで舞台袖から挨拶の列に入っていく玉三郎丈を、ほぼ真上からじっくり目で追えたのも眼福でありました。
(スーツ姿でも、やっぱりどこか人間離れしていた…)

160820kodo3 160820kodo4

サントリーホール内には35周年を記念した特別展示のコーナーも。変わることを恐れず進化することを選んだ鼓童、その歩みをこれからも観ていきたいと思いました。

ちなみに、この日出演していたBLUE TOKYOは、青森大の男子新体操部が母体になっているダンスグループなのだそうで。
「東京オリンピックの開会式は、これでいけばいいんじゃない?」と大盛り上がりだった私たち。二日後のリオ五輪閉会式で、東京プレゼンテーションに男子新体操チームが出て来た時はテレビの前で拍手喝さいでした!

« 夢と魔法と恐怖の国 | トップページ | 葉ごろも着付け教室納涼会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢と魔法と恐怖の国 | トップページ | 葉ごろも着付け教室納涼会 »