2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« 倉庫に通う週末 | トップページ | ふっくら布ぞうり »

2016年5月21日 (土)

團菊祭五月大歌舞伎

160521kabuki1

尾上菊之助丈のご長男、寺嶋和史ちゃんの初お目見得を観に、團菊祭の歌舞伎座へ行ってきました。

伊勢志摩サミットを直後に控え、銀座の街中も警官隊やパトカーが目につき、物々しい雰囲気でした。

夫が息子の子守りを引き受けてくれることになり、せっかくだから…と早めに出かけて、歌舞伎座タワーの中をうろうろと見物。

160521kabuki2
どうして、どうして写真になってこんなところに並んでしまっているの…?と、未練がましくメソメソしてしまう…

何年ぶりかの、着物で歌舞伎鑑賞。暑さ対策に、レース袖の爽竹長襦袢を着ていたら、乱入してきた息子に
「おかあさん、どうして今日はおよめさんなの?」
と目を丸くされる(笑)

160521kabuki4

直前に、実家の箪笥から「この時期でも着られそうな単衣、何かなかった?」と引っ張り出した、無地の紬。大叔母の遺した着物で、お茶席用だったのか一つ紋がついています。
洒落袋帯に薔薇の帯留を合わせて。

160521kabuki5
幕見席の常連である私ですが、この日は二等の「なんちゃって桟敷」(桟敷席の2階)を
同行のお友だちが押さえてくれました。
お礼に千疋屋のフルーツサンドを持参。大好きな辨松の赤飯弁当も用意して、充実の観劇。
160521kabuki3

一、勢獅子音羽花籠 
二、三人吉三巴白浪
三、時今也桔梗旗揚
四、男女道成寺

鳶頭や芸者衆が舞い踊る華やかな舞台で、花道を抱っこされて登場した和史ちゃん。
ご機嫌は今ひとつで、口上の途中で扇子をポイっと人間国宝の吉右衛門じいじに投げつけるという暴挙に出る(笑)
2歳半という年齢を考えると、本人も相当がまんを強いられているだろうに、そして見守る親はさぞ痩せる思いだろうに…と、双方の心情が思いやられて、笑いながらも目頭が熱くなってしまいました(^-^;

子どもの頃から知っていて、まだまだ若手と思っていた俳優たちが、すっかり親の世代となって歌舞伎界を引っ張っているという事実に、時の流れ(と、年を重ねた自分)を実感させられます。

菊之助、海老蔵、松緑と同世代が演じた三人吉三は、この顔合わせで通しで観たいと思わせる組み合わせでしたし、他に比べて地味な演目に思われる「時今―」も、松緑の引き算の演技、溜めの芝居に客席がぐーっと引き込まれました。

そして何より、最後を締めくくる「男女道成寺」は素晴らしかった!
大喝采の中で幕が閉まるのを見届けながら、

「…美しいって、正義ね!」

と、訳のわからないことを口走ってしまいました。
若々しさに修練の積み重ねが合わさって、ひれ伏したくなるような輝きが菊之助・海老蔵ご両人の舞台から溢れ出ており、「眼の正月」という言葉がぴったりのひと時。
これこそ芝居見物の醍醐味、と大満足で家路につきました。

国宝じいじ達にも末永くお元気でいていただいて、お孫さんの成長を見守りよい役者に育ててほしいものです。
観客の側も、健康維持とお小遣い稼ぎを心がけなければ(笑)

【おまけ】

160521kabuki6
歌舞伎座の翌日は、ニッパツ三ツ沢競技場に横浜FCvsセレッソ大阪の試合を観戦に行ってきました。前日同様、晴れて気持ちの良い観戦日和。
そしてサッカー界の人間国宝と言ってもいい存在、KINGカズは先発出場。ゴールはなりませんでしたがキレキレの動きで、こちらもいつまでもがんばってほしい!と心から思いました。

« 倉庫に通う週末 | トップページ | ふっくら布ぞうり »

文化・芸術」カテゴリの記事

着物・和装」カテゴリの記事

コメント

羨ましい! 歌舞伎座が近いって良いですねえ。
菊之助・海老蔵の「男女道成寺」、どんなにきれいでオーラいっぱいだったか、目に浮かぶようです。観たいなあ。
涼しげな色の無地紬のお召し物、素敵です。帯の色とのコーディネートが爽やか。帯留をアップで拝見したかったです。
お祝いの公演ですから、一つ紋も良かったかもしれませんね。

>1go1exさん

コメントありがとうございました。
お返事もしないまま日々の用事に追われているうちに、あの海老蔵の記者会見。ご長男のかんげん君と我が家の息子は生まれが数日しか違わない同い年なので、本当に胸が詰まりました。マスコミに暴かれるような形での公表は、小さい子どもたちの気持ちを思っていろいろ考えていただろう親にとってはある意味、無念だったろうと思ってしまって。
華々しい舞台の上だけが役者の人生ではないことを考えさせられました…

着物を褒めていただいてとてもうれしいです。自分でも、もっと小物使いが記録に残せるようちゃんと写真を撮ればよかった、と反省しました(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 倉庫に通う週末 | トップページ | ふっくら布ぞうり »