2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

* link *


無料ブログはココログ

« 「本物」のトーマス | トップページ | 若冲展 »

2016年4月24日 (日)

港区の休日

義父の描いた絵が出品されている公募展を鑑賞するため、乃木坂の国立新美術館に出かけてきました。

160424minato1
美大で油絵を専攻していた義父が、自営の仕事が一段落したのを機に再びキャンバスに向かい始めてから、もう二十年近くの年月が。
脳出血で倒れた後も、リハビリの日々を経て毎年、百号の油絵を出品しています。

日々の介護から絵のモデルまで、義父を支えている義母の分も含め、1枚のキャンバスには長い時間が詰まっていることに思いを馳せながら鑑賞しました。
多くの作品が集まる展覧会は、そういう時間の集合体だと思うと、何だか見る側の身も引き締まるようです。

160424minato2
黒川紀章がデザインしたこの美術館に足を運ぶのは久しぶり。
別の展示室でイッセイミヤケ展を開催中で、ロビーにはあの、プリーツで作られたカラフルなオブジェが行き交う人を見下ろしていました(息子にはちょっと恐怖だったようです・笑)

昼食に向かった近くのデニーズが思いのほか混んでいたため、ウエストの青山ガーデンへ。

160424minato3
五月末まで、シュークリーム一つにつき50円の義援金を熊本地震の被災地義援金として送るシュークリームプロジェクトが実施されています。

せっかく、滅多に足を運ばないエリアに出かけてきたのだから…と、六本木から東京タワーまで足を延ばしてみました。

160424minato4
子どもの日を前に、あちこちで鯉のぼりがはためいているこの頃。ミッドタウンの庭もこんな感じです。

そして東京タワーに到着すると、赤い鉄骨をバックに、333匹の鯉のぼりが勢ぞろいして泳いでいました。

160424minato5
中に1匹、鯉ならぬ「さんまのぼり」が混じっています。大船渡市へ復興のエールとして毎年掲げられるものなのだそうです。
鯉のぼりの下では猿回しのおサルさんが奮闘中でした。

160424minato6
館内では公式キャラ、ノッポンのお出迎えが(双子という設定だそうですが、この時は弟のみ登場)。
朝のうち降っていた雨は上がったものの、重い雲がかかって遠くの眺望は見られませんでしたが、展望台から街を見下ろすのは気持ちの良いものでした。

160424minato7
四方の床に「ルックダウンウィンドウ」なるのぞき窓が作られています。
絶対大丈夫、と頭ではわかっていても、真下をのぞき込むとちょっと、胃のあたりがぞわぞわする…

160424minato8
…って、こちらの方は怖いもの知らず(高所平気症か?)
ン十年前に夫とデートで来た時より、ずいぶんあか抜けた印象の東京タワー。名所は次々に増えても、観光名所としての現役感は十分でした。

160424minato9

« 「本物」のトーマス | トップページ | 若冲展 »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「本物」のトーマス | トップページ | 若冲展 »