2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

若冲展

160429ueno1
大型連休の初日は、朝から上野公園へ出かけてきました。お目当ては、東京都美術館で開催中の「生誕300年記念 若冲展」です。

午前中は上野動物園を見て回って、息子が昼寝している間にじっくり鑑賞する計画でしたが、持参のベビーカーで上野駅から公園を目指す途中で速攻、寝落ち。
それならばプラン変更…と、80分待ち(!)の行列について入場を待ちました。

初期から晩年までの代表作はあれもこれも皆観られる、という感じで、混雑は覚悟の上で足を運んだ甲斐があったと、疲れを忘れ興奮状態で鑑賞しました。

有名な鶏をはじめとする生きものの描写もそうですが、枝に積もった雪が何かの拍子にパサァ…と散って落ちていく、そんな一瞬の音まで伝わってくるような表現にしびれました。

続々と放送されるテレビの特集では、細密描写の技法の凄さが科学的に解説されたりしていますが、「描く」力と同様に「視る」力も常人離れしていた人だったのだなぁ、ということがよくわかりました。

対象を観察して観察して、細部まで色も形も写し取って、出来上がった絵はリアルの五割増しくらい存在感の圧が強まっている印象です。
ただの写実ではない、「絵にしか描けない美しさ」。その実物を浴びるように観られる贅沢さを堪能した時間でした。

混み合う場内でベビーカーが邪魔にならないように、夫と交代で隅の方で待機して鑑賞。時間がかかったせいか、息子も最後の方で目を覚まして「ぞうさんだ」「とりさんだ」とつぶやきながら、しげしげと見つめていました。

昼食後は動物園へ。
「パンダが見られるんだよ~!」と言ったら「アイスクリームがいい!」と、息子との会話はまったくかみ合わず…
親の教育が悪くて、動物園はソフトクリームを買ってもらえるところ、と息子の中では論理が出来上がっているようで(涙)

無事におやつタイムも済ませ、こちらも親子連れで大賑わいの園内を見て回りましたが、若冲展の余韻がまだまだ後を引いていて、大型鳥類の檻の前でつい、長い時間を過ごしてしまいました。

160429ueno3
リアル火の鳥みたいな鳥を発見。品格のある横顔と美脚に見とれてしまいました。ヘビクイワシ、という名前もインパクト大

160429ueno2
寝起きで短い時間観ただけの息子も「さっき、こんなとりさんの絵見たね~!」と思い出していたので、三歳児の心にも強い印象が残ったようです(駅に貼ってある若冲展のポスターもお気に入りです)。

160429ueno4
夫と私が今の息子の年齢だった頃に、ランランとカンカンが日本にやってきて、空前のパンダブームが起きたのでした。

若冲が生きた時代にパンダがいたら、きっと絵に残したことでしょう。それはどんな作風だったかな?

一日を通して、様々なかたちを与えられて生きる、いのちの不思議さ、美しさに思いを馳せた上野の休日でした。

2016年4月24日 (日)

港区の休日

義父の描いた絵が出品されている公募展を鑑賞するため、乃木坂の国立新美術館に出かけてきました。

160424minato1
美大で油絵を専攻していた義父が、自営の仕事が一段落したのを機に再びキャンバスに向かい始めてから、もう二十年近くの年月が。
脳出血で倒れた後も、リハビリの日々を経て毎年、百号の油絵を出品しています。

日々の介護から絵のモデルまで、義父を支えている義母の分も含め、1枚のキャンバスには長い時間が詰まっていることに思いを馳せながら鑑賞しました。
多くの作品が集まる展覧会は、そういう時間の集合体だと思うと、何だか見る側の身も引き締まるようです。

160424minato2
黒川紀章がデザインしたこの美術館に足を運ぶのは久しぶり。
別の展示室でイッセイミヤケ展を開催中で、ロビーにはあの、プリーツで作られたカラフルなオブジェが行き交う人を見下ろしていました(息子にはちょっと恐怖だったようです・笑)

昼食に向かった近くのデニーズが思いのほか混んでいたため、ウエストの青山ガーデンへ。

160424minato3
五月末まで、シュークリーム一つにつき50円の義援金を熊本地震の被災地義援金として送るシュークリームプロジェクトが実施されています。

せっかく、滅多に足を運ばないエリアに出かけてきたのだから…と、六本木から東京タワーまで足を延ばしてみました。

160424minato4
子どもの日を前に、あちこちで鯉のぼりがはためいているこの頃。ミッドタウンの庭もこんな感じです。

そして東京タワーに到着すると、赤い鉄骨をバックに、333匹の鯉のぼりが勢ぞろいして泳いでいました。

160424minato5
中に1匹、鯉ならぬ「さんまのぼり」が混じっています。大船渡市へ復興のエールとして毎年掲げられるものなのだそうです。
鯉のぼりの下では猿回しのおサルさんが奮闘中でした。

160424minato6
館内では公式キャラ、ノッポンのお出迎えが(双子という設定だそうですが、この時は弟のみ登場)。
朝のうち降っていた雨は上がったものの、重い雲がかかって遠くの眺望は見られませんでしたが、展望台から街を見下ろすのは気持ちの良いものでした。

160424minato7
四方の床に「ルックダウンウィンドウ」なるのぞき窓が作られています。
絶対大丈夫、と頭ではわかっていても、真下をのぞき込むとちょっと、胃のあたりがぞわぞわする…

160424minato8
…って、こちらの方は怖いもの知らず(高所平気症か?)
ン十年前に夫とデートで来た時より、ずいぶんあか抜けた印象の東京タワー。名所は次々に増えても、観光名所としての現役感は十分でした。

160424minato9

2016年4月23日 (土)

「本物」のトーマス

超人的なレベルの鉄道模型製作者であり、鉄道関係の収集家(そして本業はサラリーマン!)だった故・原信太郎氏。そのコレクションを展示しているのが、原鉄道模型博物館です。
BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で紹介されていたのを見て、いつか足を運んでみたいと思っていました。

来月までは「きかんしゃトーマス スペシャルギャラリー」というイベントを開催中。
世界最大級というジオラマの線路でトーマスやパーシーが走ると知り、トーマス狂いの息子と二人で出かけてきました。

160423hara1
横浜駅から地下街を通る途中、見つけたチラシですでに大騒ぎ。橋を渡ればあともう少しだから…

館内には、精緻な鉄道模型や世界中を旅して集めたという鉄道グッズなどが美しく陳列されて、まさに鉄ちゃんの桃源郷という感じだったのですが、じっくり鑑賞する余裕はなく(涙)

トーマスはどこで走ってるの!という息子の声に押されるように、巨大ジオラマ「いちばんテツモパーク」へまっしぐら。

160423hara2
本物の1/32というスケールの、一番ゲージの模型が線路を走る様子は、音がリアルで迫力満点でした。
線路も砂利も車輪も実物と同じ素材を使ったというこだわり、3歳児には通じただろうか…

駅舎や橋、そして線路脇の家並みや人物に至るまで、よくもまぁこれほど作りこんだこと、と感動しました。そんな舞台に、おなじみの機関車たちが元気よく走り回っているのですから、子どもも大人も大興奮です。

160423hara3_2
転車台にゴードンがいるよ!あ、機関庫の中にヘンリーも見えるよ!あっちにいるのはダグラスじゃない?きゃーヘリコプターのハロルドも飛んでる!

…と、大喜びしている私に向って「おかあさん!みえない!だっこ!」と必死の訴えだった息子(ごめんなさい)。

160423hara4
現在はフルCGアニメとなっている「きかんしゃトーマス」ですが、初期のテレビ番組は鉄道模型を使った人形劇(機関車たちを動かして演じさせることで精一杯だったのか、人間はまったく動きがないという…)。

そして、今回私たちが目にしていたのが、まさに実際の撮影で使われていた模型たちなのだそうです。
「あのトーマスは、本物なんだよ!本当のトーマスなんだよ、わかる?」
という母親の解説は、息子にはまったく意味が通じてなかったと思いますが…というか、親の声など夢中でジオラマに入り込んでいる間はまったく聞こえていなかったでしょう。

夫いわく「模型であの衝突事故の数々を演出する方が、CGよりよっぽどすごい技術だと思う」と。私も同感です。
新旧の映像を比較するのにお勧めなのが、息子が大好きなこの歌「じこはおきるさ」。

これを見てると、トーマスたちの働くソドー鉄道には乗りたくない(笑)(ちなみにお話の中では「幸いけが人は出なかった」というナレーションで片づけられます)

160423hara5
トーマス、ゴードン、オリバーのそれぞれモデルになった機関車の模型が陳列されていました。日本のD51をモデルにした「ヒロ」というキャラクターもいます。

160423hara6
こちらは1番ゲージよりやや小さい、HOゲージというサイズの模型でみなとみらい地区を再現したお部屋。
トーマスの世界から「あ!京浜東北線だ!」といきなり身近な世界に(笑)
ジオラマの部屋はいずれも、朝~昼~夜とライティングで時間が移り変わり、それぞれの景色の美しさが楽しめます。観覧車の時計が示す時刻もちゃんと進んでいくのに感動。

模型に対してこんな感想を持つのは矛盾しているのだけれど、いやぁ、本物ってすごいな…と、引率役の大人が心から楽しめた素晴らしい展示でした。

…と、大満足で出口へ向かおうとしたら、目ざとい息子はキッズコーナーの存在を見逃さなかった…

160423hara7_2
出た!タカラ○ミーの陰謀(注:個人的な感想です)
展示のプラレールと同じ部屋には、トーマスのおもちゃや絵本で自由に遊べるスペースがあり、当然のごとく1時間以上の足止めとなりました…

その間、椅子に座ってゆっくり休めただけよかったのですが、なだめすかしてやっと出口に着いた時には、イベント限定の崎陽軒特製トーマス弁当が完売していたのが残念でした。

2016年4月22日 (金)

幼稚園の日々、始まる

おかげさまで息子は先週、無事に入園式の日を迎え、「幼稚園の年少さん」という身分になりました。

一時保育でお世話になっていた保育園も含めれば、「園」と名の付くところにお世話になるのはもう、4ヶ所目(!)

引っ越しで保育園を変わる度に、指定の持ち物も準備やり直し…という状況だったので、入園準備にもあまり力が入らず(苦笑)
用意するように言われたアイテムも、すでに使ってきたものの応用で何とか済ませてしまったのですが、上履きを入れるシューズケースだけは、今回のために一から作りました。

160411nyuuen4
今までお世話になった保育園は、室内は裸足で過ごすのが原則だったので、上履き自体が何だか新鮮です。
表地はトミカのはたらくくるま、裏地はディズニーの「カーズ」という、大人の事情まるで無視のオリジナリティ(笑)布地は親戚からのいただきもの。息子には好評でした。

160411nyuuen1
入園式当日、休暇を取ったという夫に一瞬、びっくりしてしまったのですが、蓋を開けてみればほとんどのお父さんが出席しておられ、自分の昭和な感覚をちょっと反省…

160411nyuuen3
ピアノの鍵盤に触ってみたくて何度も席を立ったり、集合写真の撮影でいつまでも足を揃えられず「お膝をくっつけて!」と指導されていたり。
親は冷や汗を拭きつつ見守っていましたが、名前を呼ばれた時は大きな声で「ハイ!」と言えました。やれやれ。

終了後、近所の神社に立ち寄って、「がんばりますから見守ってください」と皆で手を合わせてきました。

160411nyuuen2_2
そして、初日にして制服も靴も砂利まみれになるという展開…入園式に着物はどうかな、とちょっと悩みましたが、やっぱり男児の母親にはまだまだハードルが高いです(涙)

試用期間のような最初の一週間はあっという間に終わり、今週からはお弁当がスタートしました。

仕事の都合で夫のお弁当が要らない日も度々あるので、ブログでお弁当箱の中身を記録するのもすっかり途絶えて今に至りますが、息子は朝食の席で父親の手に渡されるお弁当箱が強く印象に残っているようで、

「お父さんがいつも行く『かいしゃ』は、お弁当を食べに行くところ」

…という認識だそうです。そんな楽しい所ならどんなにいいか…と、これは夫の嘆き。

160411nyuuen5 160411nyuuen6

息子の幼稚園も一日置きに給食が出るので母親の負担は少ないのですが、箱の中身が空っぽになっているかどうか、蓋を開ける時のドキドキ感は今まで知らなかった感覚です(笑)
初日のお弁当(左)では、家では大好物のプチトマトやアスパラガスが手つかずでビックリ。でも、二日目からはきかんしゃトーマスのお弁当箱のご利益か、キレイに完食してくれています。

始まったばかりの新しい生活。
親も子も、緊張もすれば疲れもするけれど、通園の途中でつばめの巣を見つけたり、園庭に子どもたち皆で作った鯉のぼりが掲げられたり、毎日楽しい発見が。
私の衰えかけた脳が覚えていられないことでも、息子の記憶には残るかもしれません(笑)

子どもの頃に感じていた一日の長さ、濃密さは、今ではすっかり遠いものになってしまって、時間はあっという間に後ろに飛んでいくばかりですが、3歳の心を想像しながら、成長していく息子の背中を見守っていきたいと思っています。

2016年4月10日 (日)

子どもと一緒にどこ行こう

今年に入ってから、近所にある公立のスポーツ施設で、週一回の「親子体操クラス」に参加してみました。

リトミックなど遊びながら身体を動かす内容で、親の体力不足はまったく問題にならなかったので一安心(笑)
跳び箱や平均台、縄跳びなどの道具を使わせてもらうのも面白かったようで、3ケ月のプラグラムを休まず通うことが出来ました。
息子、人生初の皆勤賞。風邪をひくこともなく元気に冬を乗り越えた証でもあり、ありがたいことです。

160409blog1
平成27年度下半期は、息子にとって初めての「保育園に通わない半年間」でありました。

生活習慣や食育、睡眠リズムなど、息子にとって大切なことはほぼ、保育園の先生方あってこそ身についたようなもの。
元々の性格もあって、お友達に囲まれて過ごすのが大好きだったのに、親の都合でがらりと環境を変えてしまい…

そのせいか、指しゃぶりや赤ちゃん返りのような様子が見られたことも。
制限していたテレビやDVD類も、引っ越しの片づけに追われるうちについ、長々と見せてしまうことに。
結果、家で過ごすようになった途端に昼寝の時間もだらだら伸び、夜寝る時間は遅くなり…(汗)

日中、たっぷり身体を動かしてエネルギーを使わせた方がいいのはわかっていたし、お昼寝も適度な時間で切り上げさせるべきとも思っていましたが。
雨の日、寒い日、こちらが疲れている日は公園遊びに付き合う気力もなく。
昼寝している間に「あれも、これも」とやりたいことが出てきて、ついついずーっと寝かせてしまう日々でした。お恥ずかしい限りです。
160409blog3
外に出られない日の運動不足解消に、NHK「あさイチ」の後の「みんなの体操」に挑戦中、の図(結構むずかしいのですが、息子は見ているだけで面白かった様子)。

160409blog4
室内で思い切り運動できる、ボーネルンドの室内遊び場「キドキド」には本当にお世話になりました。
最初は怖がって近寄らなかったトランポリントラックも、何度か通ううちに大胆に走り回るようになりました。

何しろ人口の少ないところで暮らしてきたので、子連れで人混みに出たり混雑した電車で出かけるのも、初めの頃はおっかなびっくり。
今ではすっかり、外食好きの親に付き合って(?)お出かけするのも慣れたものです。

160409blog5 160409blog6

お店の可愛らしさについ入ったキャスキッドソンのキャスカフェ、やっぱり男子はこの雰囲気に似合わなかった(笑)
有楽町マルイのSKEWは、窓際の席から駅が見下ろせ、新幹線が行き交う様子も見えるので電車好きにはおすすめです。

160409blog9 160409blog10

同い年の息子さんがいる、弟の同級生がおすすめスポットとして教えてくれたのが、横浜駅東口にある日産グローバル本社ギャラリー
平日の午後には、幼稚園の制服のまま遊んでいる子どもの姿も。電車も車も大好きな男子にはたまらないスポットです。

160409blog8
入園前の最後の平日は、miyukiさんが葉山から遊びに来てくださいました。元ラジオDJに絵本を読み聞かせてもらうという贅沢な時間!

160409blog2

体操クラスの帰り、がんばったご褒美を兼ねていつも寄り道していたスタバ。「キッズココアください!あったかいのでいいです!」と注文も覚えて自分で言う(生意気)。

顔なじみになった店員さんに、今日が最終日だったことを伝えると、こんなメッセージがカップに…(感涙)

サイズ感といいやんちゃぶりといい、「ひとまねこざる」のおさるのジョージを連れて歩いているような感じでぐったり疲れる感じの日々でしたが、それでも気がつけば少しずつ、サルから人への進化を遂げており(笑)
幼稚園生活が始まれば、外の世界でまたぐんぐんと成長していくことでしょう。「三歩進んで二歩下がる」でも十分だから、元気よく自分の道を歩いていってほしいものです。

2016年4月 7日 (木)

お花見日誌

開花宣言が出されてから、肌寒い雨混じりの天候が続いた横浜。
家族でお花見を楽しむことは結局出来ずじまいで、花散らしの大雨が降ってしまいました。
この三年、毎年違う住所で桜を見ていることを考えると(更に、その前年は出産直後で花見どころではなかった)、改めて、目まぐるしい歳月であったことよ…と感慨が(笑)

初めてこの街で迎える春本番。こんなところにも!と花見処を見つけるのも楽しいことでした。
母子二人のお出かけで、やりたい放題に拍車がかかって来た息子に振り回されながらの、優雅さのかけらもないお花見でしたが、しみじみ桜は美しかったです。

【3月31日】

160407sakura1
天気が良く、いつもより少し遠くの公園まで足を伸ばしてみたら、思いがけずたくさんの鯉のぼりが川面の風に揺れていました。
鳩まで飛び回ってにぎやかな川辺。

【4月1日】

160407sakura2
段葛の補修工事が終わったというニュースを見て、フラっと出かけた鎌倉。桜も全て若木に生まれ変わっていたのはちょっとした誤算…

160407sakura4 160407sakura3

小町通りのおもちゃ屋さんのディスプレイとたい焼き屋さんの休憩で、息子には十分満足なお出かけだったようです。

【4月4日】

160407sakura5
この日はR&Mちゃんのお宅を訪問。小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんは春休み中で、ブロックで遊んでもらい息子は大喜び。
朝からの雨がやんで、別れ際に皆で少しだけ桜を見られました。それぞれ、新学期がんばろうね。

【4月6日】

160407sakura6
そして、天気予報ではどこの予報士さんも「お花見は今日がラストチャンス!」と力説していたこの日。
簡単なお弁当を作って、バスで保土ヶ谷公園までお花見に行って来ました。

160407sakura7
広い園内の桜は今にもこぼれ落ちそうな満開ぶり。ああ〜桜見た!と満足度100パーセントの気分でした。

どちらかと言うと、頭上の花より地を這う蟻やてんとう虫に夢中だった息子は、最初は怖くて諦めてしまった長い滑り台を一人で滑りきることが出来て、こちらも達成感を味わう1日だったようです。

160407sakura8
あの滑り台、一人ですべれたね~とどや顔でドーナツを食す(笑)
そして混雑していた帰りのバスでは、見知らぬおじさんのご厚意に甘え膝に乗って悠々とお帰りでした…

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »