2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 自家製レモンシロップ | トップページ | さようなら2歳の夏 »

2015年8月14日 (金)

瀬戸内海の夏休み

夏季休暇で夫が東京の赴任先から戻り、半月ぶりに家族3人が顔を合わせた1週間。

図らずも、広島で過ごす夏は最初で最後…ということで、近場の観光を満喫しようと決めました。

13日は尾道へ。坂の町の風情をのんびりと味わうには、夏の暑さに小さい子連れ、という状況はハードルが高いと思いましたが、とりあえずは千光寺公園のロープウェイに乗り、展望台を目指しました。

150813onomichi1150813onomichi2

乗り物好きの血が騒ぐ?マンホールのフタにも大興奮の息子

しかし、前日からの雨の名残りで、本来なら眼下に広がるはずの瀬戸内海のパノラマは…完全に「心の眼で見る」状態に(苦笑)

150813onomichi3
展望台のレストランに出ていたソフトクリームの看板にかじりつこうとする息子を引き離して、山道を下り(気温が低い日だったのがせめてもの慰め)、千光寺にお参りしていると、少しずつ天気が回復して、眺望も楽しめるようになりました。

150813onomichi4
ご朱印をいただく間、各種お守りを販売するおばちゃんのかなり押しの強いセールストークを聞かされ続けたのには少々、困りました(-ε-)

150813onomichi5_2
ロープウェー乗り場の近くには「恋人の聖地」(プロデュースは桂由美らしい)なる一角が。寄り添う猫のモニュメントと、願いを込めて錠前をつけるためのスペース…
ちょっと、昭和の清里とか軽井沢あたりに通じるセンスを感じてしまいました。

150813onomichi6_3私の中では、尾道、という言葉から最も色濃くイメージが思う浮かぶのは、小津安二郎の映画「東京物語」なのですが…

あの空気感を追体験するには、ちょっと訪れるスポットが違っていたみたいです(苦笑)

(ちなみに有名なラスト近くの場面は浄光寺というお寺でロケされたとのこと)

ロープウエイを降りて港へ移動し、本当は尾道水道クルーズの船に乗る計画だったのですが、波が高いため運休。
「きょうはロープウェイとおふねにのるんだよね~。」と朝から楽しみにしていた息子。
これは大泣きのパターンか~とガックリ来ていたら、親切なインフォメーションの方に「目の前の向島と往復する渡船で雰囲気だけでも味わえますよ」とアドバイスいただきました。

150813onomichi7
片道100円(2歳児は無料)、数分置きに渡し場を行き来する小さな船は、生活航路としても現役。
追加料金を払うと自転車のまま乗れるようで、しまなみ海道のサイクリング中らしき観光客の姿も多く見かけました。5分弱の行程でも、潮風の中で移り変わる景色を楽しめて、素敵な時間でした。

翌日は海水浴日和。去年、買ったはいいが一度も使うことのなかった息子用のボート型浮き輪を今年こそ!という意気込みで、しまなみ海道を通って生口島へ行きました。

150814setoda1
目指すは「瀬戸田サンセットビーチ」。お友達から息子さんのお下がりをいただいた水着も、やっとデビューさせることが出来ました。

150814setoda0_2
この時期にしか着せられないグレコローマンスタイル(笑)
前夜、サイズ確認のため試着した時から、意外なほど本人も気に入った様子で、このまま寝る~、と言い張ったほどでした。

大好きな水着でテンションが上がったのか、海に入ってからも大はしゃぎ。
保育園のプール遊びでは、水が顔にかかるのがちょっと怖いみたいです…と、先生から度々報告を受けていたのですが…

150814setoda2
なかなか出来ない、と聞かされていた「ワニ歩き」(腹ばいになって腕で前進)を波打ち際で突然始めました!
息子は満面の笑みで「うみのみず、からーい!」
その後も、跳ねた水しぶきが口の中に入ってくるのが面白くて仕方ない様子。決め手は塩味か!どこまで食いしん坊だ?

150814setoda4
瀬戸田といえばレモンを筆頭に柑橘類の一大産地。そして、大好きなジェラートショップドルチェの本店があるところ。

帰りに寄っていくつもりが、ビーチの一角に売店が出ているのを発見し、それなら今すぐ食べたい!とテラスのテーブルでいただきました。

去年の海水浴デビューの時とは打って変わって、大喜びで波と戯れる息子の姿が見られて、親は連れてきた甲斐があったと満足。紫外線と運動で疲れた身体に、ジェラートの冷たさ、甘さは沁みわたりました。
散々、海水の味見をした息子の喉にも、きっといつも以上に美味しかったことでしょう(笑)

« 自家製レモンシロップ | トップページ | さようなら2歳の夏 »

備後観光」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自家製レモンシロップ | トップページ | さようなら2歳の夏 »