2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

国宝を見に行く

自宅から3キロ足らずの距離にあるのに、訪れたことがなかった観光名所、明王院。
本堂と五重塔が国宝に指定されている、由緒あるお寺です。
曇り時々雨、で遠出も、公園遊びにも今一つ…という日曜日の午後。ふと思い立って出かけてみることにしました。

150712moyou1
芦田川を渡って車はあっという間に到着…ですが、山の中腹にある寺院へ行くには、まずは参道を登っていかなくてはなりません。

この日、お気に入りの長靴を履いていたせいか「(自分で)あるく!」と息子は大張り切り。
ちなみに、紫外線対策はまったく要らない天候でしたが、「かぶる!」と言って聞かないため帽子も着用…
泣いてもわめいても自分の意思を押し通したい、理屈や常識は関係ないぜ!…と、ただいまそんなお年頃でございます(ため息)。

150712moyou2
アスレチック気分だったか、途中で心折れることもなく長い階段を登頂してくれました。親の足元の方が危険だったりして(苦笑)

150712moyou3
蒸し暑さに耐えつつ境内に足を踏み入れると、目に入るのがこの光景。朱塗りの五重塔は南北朝時代に建立されたものです。
私たちの他には人影がなく、しーんと静まり返った中に、時折鳥の鳴き声が響いていました。

150712moyou6_2
お賽銭ちゃりーん、は息子の大好物(全力で投げ込むのでかなりの確率で跳ね返る)。手を合わせることを教えているのですが、なぜかいつもキリスト教式になっています。
150712moyou4
夏越の祓はこの辺りでは七月末に行うようで、こちらでも茅の輪が設置されていました。神社ではなく、お寺で茅の輪くぐりというのも不思議な感じです。
案内表示もなく話を聞ける人もいなかったため、謎は謎のまま。完全に公園の遊具と勘違いしている人が約1名…

150712moyou5
傘を差しながらの見物は残念でしたが、滴るような緑の美しさは、雨の日だからこそ際立っていたようにも思いました。

ビルが立ち並ぶ市街地からほんの数分のところに、千年以上前から別世界のような空間が存在していることに驚きつつ、さてイトーヨーカドーで買い物して帰ろう…と現実に戻っていったのでした(笑)

2015年6月27日 (土)

キリンの赤ちゃん

150627zoo1
市立動物園で、先日生まれたキリンの赤ちゃんが初公開されるということで出かけてきました。

本格的な動物園に息子を連れて行くのは初めてのことです。
本物の動物たちを間近に見て、どんな反応を示すかな?と親の方が楽しみにしていましたが…

150627zoo2
本人は、園内のあちこちに置かれた木彫りの動物には大喜びしていましたが、動物の檻の前では意外とクールな反応でした。
一番テンションが上がったのは、園内でおやつにアイスクリームを食べた時(汗)

150627zoo3
しかし、お母さんキリンに寄り添う小さな赤ちゃんキリン、本当にかわいらしかったです!
柵で隔てられているお父さんキリンも、子どものことが気になって仕方ない様子。

150627zoo4

お母さんキリンが赤ちゃんを置いて、屋内に入っていくと…

150627zoo5
心配しなくていいよ、とでもいうかのように、赤ちゃんに頬を寄せるイクメンぶり。ジーン…

150627zoo6
こちらはライオンの檻の前にて。パイロンを動かしたくて、大きな音を立てた息子に向かって「ガウッ!」と雌ライオンが一喝。
さすがの迫力に、いたずらの手もすぐ止まりました。

夫がしみじみと息子に
「お母さんライオンに怒られたね~、どこのおうちもお母さんが一番怖いんだよ~」←オイ

私が小さかった頃、横浜の野毛山動物園に父がよく連れて行ってくれました。
たまたま枯葉を手に持っていたら、柵ごしにキリンがぬーっと首を伸ばして、灰色の舌で私の手から葉っぱをくわえ取った瞬間は、40年以上経った今も鮮明に覚えています。

この後の人生で、息子は何回動物園に足を運ぶことになるかな?どんな思い出が出来るかな?後々まで記憶に残るのは、どんな情景なのでしょう。

150627zoo7
ミーアキャットの群れの中で、体重管理に熱心な一匹に遭遇。その姿勢、見習いたいものです(笑)

2015年6月26日 (金)

今週のお弁当

150626lunch16月23日のお弁当箱

アスパラガスのじゃこ炒め

長いものバターしょうゆ焼き

豚肉の野菜ロール

蒸しブロッコリー

玉子焼き

150626lunch26月24日のお弁当箱

にら入り玉子焼き

にんじんのグラッセ

鶏むね肉の竜田揚げ

蒸しブロッコリー

ナスの肉みそ炒め

150626lunch36月26日のお弁当箱

玉子焼き

にんじんのグラッセ

豚薄切り肉の冷しゃぶ風マリネ

アスパラガスとしめじのバターしょうゆ炒め

今週のお弁当作りは3日分でした。

食材の買い出しは基本的に週末にまとめ買いしますが、この頃はそこから一歩作業を進めて、出来るだけ作り置きおかずを作るようにしています。

よく参考にしているのが、SNSでお友達が紹介していたこちらのサイト。

つくおき- 1週間の簡単作り置きおかず・常備菜のレシピ

お弁当と夕食の両方に対応できるようメニューを考えて、買った食材を使いきり、金曜日にすべての保存容器がきれいに空くのは快感!

保育園から帰った後、べったり甘えてくる息子にも
「ごはんのおかずは出来ている」
と思うと、心に余裕をもってお相手できます。
「明日の自分を助けられるのは、今日の自分しかいない」ということなんですよね。

しかしこの作業、考えてみたら毎週おせち料理を作っているようなもので、休日気分がかなり犠牲になるのは否めないかも…(苦笑)

2015年6月21日 (日)

倉敷の朝市

150621kurasiki

尾道と倉敷の中間に住んでいながら、全然足を伸ばしていない、もったいない状況であることにふと気がついて(笑)日曜日は朝から倉敷へ出かけて来ました。

お目当ては、月に一度、駅前の商店街で開かれる朝市「三斎市」です。

150621kurasiki1

私と夫は、この時以来3年ぶり。今回も、野菜に果物、パンにちりめんじゃこ…と、色々と買い込んできました。
あなごめしやご当地丼など、食べものの販売も充実していて、食べ比べブランチを楽しめました。

11時にはすっかり撤収モードになり、あっという間に普段のアーケード街に戻るのを見届けて、腹ごなしに美観地区を散策。

150621kurasiki0
橋の下から不意に、大きな二羽の白鳥が現れてびっくり(一瞬、作りものを浮かべているのかと思ってしまいました…すみません)。優雅な姿が美しい街並みに似合っていました。

150621kurasiki2
ところかまわず駆け回る息子を追いかけているうちに、偶然足を踏み入れて、意外な穴場だったのが倉敷物語館。中庭のテラス席で、併設のカフェの飲み物がいただけました。

素敵なカフェやレストランはたくさんあるけれど、どこも小さい子ども連れで入るのはためらわれる落ち着いた雰囲気のお店なだけに、この解放感(しかも空いてる)。色々な意味でありがたかったです。

その後、ベビーカーの上で息子がぐっすり昼寝していったのを幸い、駅前のアウトレットで子ども服を物色。バーゲンシーズンを先取りしてSALEの文字が躍っており、大人も戦利品を獲得しました(笑)

150621kurasiki3
この日の夕食は、帰り道で見つけたインド料理店で。お子様用のプレートがあり、息子もインドカレーデビューを果たしました。
(お皿の脇にいるのは、飲食店でおとなしくさせるためにいつも私がテキトーに作る、おしぼりの人形)

…しかし、昼間たくさん歩き回って体力を使ったはずなのに、珍しく寝つきが悪く、普段は8時過ぎに入浴して9時過ぎには眠っているところを、なんと11時近くまでお目々ぱっちり!
あの手この手で寝かせようとしたこちらが疲れてしまいました(日曜の夜なのに…)。
甘口といえども、スパイスのパワーは侮れない…ということでしょうか???

2015年6月19日 (金)

今週のお弁当

150619lunch16月15日のお弁当箱

肉じゃが

鮭の竜田揚げ

蒸しブロッコリー

玉子焼き

+胡麻入りわかめごはん(ふりかけを切らしました)

150619lunch26月16日のお弁当箱

玉子焼き

オクラとみょうがの煮びたし

鶏むね肉のマヨ&チーズグリル

切干大根とにんじんの煮物

+ひじきふりかけごはん(夫が帰宅途中に酒屋に寄り道して、缶ビールの箱とあわせて甘酒とひじきふりかけを買ってきてくれました)

150619lunch36月18日のお弁当箱

玉子焼き

枝豆入りショートパスタのサラダ

ズッキーニのおかか炒め

鶏ハムロール

ラタトゥイユ

※ショートパスタはお友達からのお土産。ドイツ製でクマのフォルムをしています

150619lunch46月19日のお弁当箱

切干大根とにんじんの煮物

肉団子とアスパラガスの旨煮

ピーマンの塩昆布炒め

玉子焼き

+わかめごはん(ふりかけは買いましたが、何となく気分で・笑)

火曜日と金曜日の切干大根の煮物は、週末に大量に作り置きしたものです。

そんな常備菜の仕込みをはじめ、集中して家事に勤しむとき、この頃よくBGMに聴いているのがゲスの極み乙女。(ヘッドホン使用音量大きめ)

仕事で膨大な入力作業をしている最中も、なぜか脳内にこの歌がエンドレスで流れていました(笑)
気持ちいいテンポが、種々の作業を捗らせてくれる感もあり。

私以外私じゃないの

当たり前だけどね

だから報われない気持ちを整理して

生きていたいの

普通でしょう?

中年の心の琴線にも十分に触れるスバラシイ歌詞だと思います。(ただ、時折このニュースの大臣の歌声が思い出されてしまうのが…トホホ)

2015年6月18日 (木)

デコポンのジャム

150617natu
夫の出勤時間に合わせて家族全員で家を出て、息子を保育園に送り届けた後、一人自宅に戻る。

起床後はお弁当作り、夫と息子の朝食の用意、晴れた朝には洗濯…と慌しく、自分のことは洗顔と着替えがやっと、という状態なので、ここから出勤するまでの40分弱が、平日の私にはとても貴重な時間になります(苦笑)

まずは朝ごはん。
セールがあるとまとめ買いして、冷凍庫に常備してあるエルクアトロギャッツのベーグルを丁寧に温めて(私はレンジ1分の後トースターで軽く焼きます)、マグカップにたっぷりミルクティを作って。

仕事を始めて、新しい生活に臨む自分の背中を押すために、先日とっておきのジャムを開封しました。

三重県の第2南勢就労支援センターというところで作られている「Natureジャム」の、デコポンジャムです。
ゴールデンウィークに久しぶりに松阪を訪れたこの時に、CafeTomiyamaで購入しました。

果肉とてんさい糖だけで低糖度に仕上げられているということで、果汁の美味しさがぎゅっと詰まった味わいは格別。いわゆるマーマレードとは一味ちがう、ジュースを食べる、というような感覚で。
アールグレイのベーグルとの組み合わせに、目下はまっております。
保存料不使用で日持ちはしないとのことですが、あっという間に食べ尽くしそうなので心配ご無用!

150617natu2

もう一つ、気に入っている食べ方が、ヨーグルトに甘酒を混ぜて、さらにこのジャムを一匙トッピングするというもの。
(甘酒はストレートタイプではなく、希釈して飲む濃いタイプがおすすめ)

発酵パワー倍増で、腸内環境を整えていこう!という訳で、こちらは息子も一緒にデザートにいただくことが多いです。

身体の内側に良質なエネルギーを補給すると、玄関のドアを開ける気合いも違ってくる気がします。
じめじめした梅雨の時期を、元気に乗り切っていきたいものです。

2015年6月13日 (土)

今週のお弁当

150613lunch16月8日のお弁当箱

枝豆入りおからの炒り煮

蒸しブロッコリー

じゃがいものグリル

野菜の肉巻(にんじん、いんげん)

玉子焼き

150613lunch26月9日のお弁当箱

切り昆布の煮物

いんげんの胡麻和え

鶏のマスタード焼き

玉子焼き

※前の日に見たNHK「サラメシ」で、お弁当の玉子焼きを作る際、卵にマヨネーズと牛乳を加えてふっくら仕上げている奥様の技が紹介されており、早速真似してみました。めんつゆで味付けすると、マヨネーズ感はまったく残りません。切れ端を自分のお弁当に入れることもあり(笑)ふっくら増量は大歓迎…ということで、しばらくこのスタイルの玉子焼きにしてみようと思います。

150613lunch36月11日のお弁当箱

アスパラガスのグリル

鮭の竜田揚げ

小松菜とにんじんのおひたし

手綱こんにゃくの煮つけ

玉子焼き

150613lunch46月12日のお弁当箱

にんじんとアスパラガスのおかか和え

コロッケ(冷凍食品)

きのこと豚肉のマヨネーズ炒め

玉子焼き

枝豆入りわかめごはん

12日は息子の保育園の参観日でした。
仕事を休めない私に代り、夫があり余る有給休暇を使って参加。この日は「親子でクッキング」と題して、一緒にサンドイッチを作るとのこと。

楽しそうでいいなぁ、行きたかったなぁ~と、二人分のエプロンや三角巾を用意しながら羨んでいましたが…
お迎えに行ったら、先生が「お母さんの分、とっておきました」と、ラップに包んだサンドイッチを冷蔵庫から出してくださいました!

150613lunch5
…という訳で、これが息子の人生最初の手料理。ありがたく噛みしめていただきました。
厨房に立てる男子に育てたい、という希望は常々持っていますが、こんなに早く息子が作ったものを口に出来るとは思いませんでした(笑)

マーガリン、チーズ、ハム、キュウリ、マヨネーズをパンにはさんで、ラップにくるむところまでが作業内容だったようですが、本人もノリノリで楽しかったようです。
しばらくはサンドイッチブームが続くかな…?

150613lunch6
こちらは、先日保育園の畑で収穫した玉ねぎ。息子も「うんとこしょ、どっこいしょ、ってぬいたの!」とその日は誇らしげに報告してくれました。
園庭の片隅に吊るされて、そのうち給食のおかずになるのかな?

2ヶ月前はあんなに毎朝泣いていたのがウソのように、今では保育園が大好きになった息子。家では出来ない一つひとつの貴重な体験を、目いっぱい楽しんで過ごしてもらいたいものです。

2015年6月12日 (金)

味仙

金曜日は夫が休暇を取ったため、早い時間に家族三人が顔を揃えました。

新しい仕事がスタートして2週間。
転職の経験は多くても、慣れない場所で、知らないことを一つひとつ覚えていく期間というのは疲労感も格別です。

作り置きおかずのストックも尽きたし、もう、今日は晩ごはん作る気力ない!と泣き言をいったら、それでは就職祝いにご馳走してあげよう、とありがたい申し出が(嬉)

それなら、とリクエストしたのがこちらのお店です。

150612ajisen1
地元では長く愛されている有名店だそうですが、実は転居通知を送った東京在住の友人から、家に近いはずだから…と教えてもらって、ずっと来訪の機会を伺っていたのです。

まだ日の高いうちに出かけ、開店の6時と同時にお店の中へ。
順番待ち用のリストが常設されているということは、ピーク時は行列必至なのでしょうか。

150612ajisen2
皆が並んでも食べたい、お店の看板メニューがこちら「台湾ラーメン」。

もやしとたっぷりの挽肉、そして鷹の爪が大胆に盛られて、激辛系が苦手な私は一瞬不安になりましたが、食べてみると濃いスープの味に辛味が馴染んでいて、クセになりそうなおいしさでした。

隣の席に座った仕事帰りらしきお姉さんは、「大盛りで辛めにしてください」と男前なオーダーをしておられました。

150612ajisen4
ほとんどのお客さんが、台湾ラーメンにビール一杯、おつまみ一品程度でさくさくと席を立たれる中、あれこれ注文してお皿をテーブルいっぱいに並べているわが家は異色の存在だったかも(笑)

台湾ラーメンはさすがに食べさせられなかった息子ですが、にら玉炒め(ニラ大好物なのです)や肉団子、ちまきなど、どれも「もっとくださーい!」と満面の笑顔で頬張っていました。

150612ajisen3
気合いが入るあまり、ナス炒めのお皿にダイブしそうな勢い。落ち着け、おちつけ(苦笑)

1年間の単身赴任で、平日は母子家庭状態だったせいか、家族が一緒に暮らしている今も、夕食時に父親が帰っていることは稀なせいか…

3人で食卓を囲んでいる時、息子はよく、私と夫の顔を交互に見ては
「おとうさんもいるね。おかあさんもいるね。いっしょにたべるのおいしいね。」
と、泣かせることを言います。

お腹いっぱい食べて、お店を出たのは1時間後。まだ十分に外は明るくて、やっと涼しくなってきた空気を味わいながら散歩して帰りました。

2015年6月 8日 (月)

今週のお弁当箱

150607lunch2_26月2日のお弁当箱

ラタトゥイユ

きのことアスパラガスのバターしょうゆ炒め

豚のしょうが焼き

ブロッコリーの胡麻和え

玉子焼き

150607lunch36月4日のお弁当箱

玉子焼き

コロッケ
(冷凍食品)

肉じゃが

ズッキーニのおかか炒め

※翌日のお弁当と、緑色のおかずを一つ入れ替えたらもっと見栄えがよくなったかも(反省)

150607lunch46月5日のお弁当箱

玉子焼き

ピーマンの塩昆布炒め

アスパラガス入りミートボール

小松菜とにんじんのナムル

郵便受けにポスティングされているピザのデリバリー用メニューを大切に取っておいて、
「こんどこれたべるの」
「このピザにしようかなー」
…と、ひとりごとをつぶやきながら妄想に耽る、最近の息子(汗)

不憫に思った夫の発案で、週末は近所にあるサルヴァトーレ・クオモへランチを食べに行きました。

150607lunch1
ランチビュッフェは休日価格で¥1200とお手頃。かつ、4歳未満は無料なのですが、大食漢の息子がその扱いなのは何だか申し訳ないキモチ…

私も夫も、子どもの頃は食が細くてガリガリのやせっぽちだったので、どういう遺伝子のいたずらでこのようなことに?…と、わんこピザ状態の息子の給仕役を務めていました(笑)

2015年6月 4日 (木)

虫歯予防デー

150604bag1
息子の通う保育園から、
「6月4日から食後の歯みがきを始めるので、コップ・歯ブラシ・コップ入れの袋を用意してください」
というお達しがありました。

虫歯予防デーに合わせて啓発イベントがあり、園児の皆で歯みがき講習を受けるらしい。
コップは100均でプラスチックのマグを探して、巾着袋は手縫いで自作しました。

以前、通っていた保育園は、入園準備品で手提げバッグと手縫いの人形を作ることになっており、産後8週から息子を預けたわが家では、寝不足の身に鞭打って針を持つ羽目に(苦笑)
今回のコップ入れは、その時バッグを縫った余り布で作りました。

150604bag2
前の保育園で、息子がいつも遊んでいたお人形(お母さんの着古した服から作ってほしい、という指示だったので、長年着ていたタートルネックのフリースを裁断しました)は、今では自宅の、絵本やおもちゃの並ぶ棚の一角に鎮座しています。

実はこのコーナーにいるのは、寝る前の息子の歯みがきタイムに出番が来るトリオなのです。

以前のブログでもご紹介した、電池で動く歯みがきクマちゃん。
2ヶ月ほど前から、このクマとロディの起き上がりこぼし、そしてお人形を布団の上に並べて、皆で一緒に歯を磨く…というのが、息子の中でのお約束になったらしく。

どんなに眠そうに目をこすっていても、律儀に棚から自分で出してきて、クマちゃんのスイッチを押し、歯みがきが終わるとまた、元の場所にしまいます。

いつまで続く習慣かわかりませんが、今のところは、この子たちのおかげで(?)虫歯も無いようで…
頑張って手作りしたお人形も、新たな活躍の場が出来て、本当によかったです(笑)

2015年6月 1日 (月)

6月、波乱の幕開け

ゴールデンウィークが終わってから、本腰を入れて仕事を探し始めたところ、幸いにも望んでいた条件に当てはまる求人が見つかり、とんとん拍子に話が進んで、6月から働き始めることになりました。

150601libra
いつもお世話になっている図書館の自習用デスクは、採光ばっちりの窓際に一人用机が並ぶという、素晴らしい居心地。
履歴書を作りながら、ここが飲食可なら、マグボトル持ち込んでノマドワーカー気取りでデジタル内職するのもいいだろうなぁ…などと夢想していました(笑)

150601libra2150601libra3


ランチのお店も近くに色々と。「Le Ciel Cafe」のオムライスは薄味のデミグラスソースと野菜がたっぷり。

でも、実際には余裕があればあるだけ怠けてしまって、予定が詰まっていないと効率が上がらない、やる気スイッチを失くしがちなタイプの私。

半分旅人の気分で、自由な時間を満喫するのも楽しいけれど…
責任をもって関わる居場所が出来ることで、見知らぬ土地での「生活」が本当の意味で始まるものだと、これまでの経験を通して学んできました。

幸運とご縁が導いてくれた新しい道。がんばることが出来る、それ自体に感謝したいです。

…と、ここで話が終わればよかったのですが。

周囲からも温かいエールをもらって、気合いを入れていた5月最後の日。
滅多に熱を出さない息子が、39℃の高熱と嘔吐下痢症の症状でぐったりと寝込む事態に(涙)

休日診療に駆け込み、日曜日でも開いている調剤薬局を探し回り。
夜も、苦しいのかなかなか寝付けない息子に付き合って、翌日は睡眠時間2時間(!)で初出勤する事態となりました。

近くの病児保育に空きがあり、夫の協力で息子を連れていってもらって、何とか仕事には行けたものの…
色々な種類の緊張が一度に押し寄せて、かえって何も感じなくなるレベルでした(苦笑)逆に良かったのか?

診断は感染性胃腸炎とのことで、一日で症状はおさまり、夫と私がウィルスをもらうこともなかったのは不幸中の幸いでしたが。
子どもって、「よりにもよって」というタイミングで体調を崩すものなのですよね。

そんな訳で、波乱の幕開けとなった6月ですが、過ぎてしまえば笑い話。
病児保育の預け方もわかったし…と前向きに捉えつつ、健康にまさる宝なし、としみじみ思った出来事でした。

点滴代りの甘酒を片手に、兼業主婦生活、これからもがんばってまいります。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »