2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

* link *


無料ブログはココログ

« 2歳の転機 | トップページ | お引越し »

2015年3月25日 (水)

カフェの朝ごはん

鳥取県民になって1年も経たないうちに妊娠・出産・育児の日々に突入したため、食べ歩き大好きな私が「いつか行きたい!」と思いながら、とうとう叶わなかったお店が色々ありました。

(いつもこのブログを読んでくださっている方には、“それだけあちこち行ってたら十分では…”と呆れられるかもしれませんが(;´▽`A``)

それでも、隙間の時間にホッとくつろげる、お気に入りの場所をいくつか見つけられたことは、とてもラッキーでした。

白壁土蔵をリノベーションした「善五郎蔵」という建物の中にある小さなカフェも、そのひとつ。

150323cafe1

M.KURA COFFEE

150323cafe2 150323cafe3

カウンターだけの小さなお店の中は、ドアを開けると珈琲の香りで満たされています。
週末だけモーニングの営業をされていて、水切りヨーグルトを添えたハチミツたっぷりのバゲットトーストか、サラダ添えのサンドイッチが選べます。

先日遊びに来た従妹も、長旅の翌朝に連れていったところ、とても満足していました(コーヒーが得意じゃない彼女のために、ミルクを特別たっぷりにしたカフェオレを作ってくれた店主さんに感謝)。

このお店もそうですが、女性のオーナーが独りで切り盛りしている感じのいいカフェ(喫茶店、と言った方が似合うお店も含めて)がこの辺りはいくつもあって、それぞれのこだわりが、それぞれの居心地の良さを作り出しているのが素敵です。

顔なじみになったお店に、この度引っ越すことになりまして…とお別れを言って回っているこの頃。
この期に及んで(苦笑)また、何とも雰囲気の良いカフェが通勤路にオープン。

150323cafe4150323cafe5

アパートメント喫茶

引っ越し準備に明け暮れる一日のエネルギー補給に、モーニングをいただきました。
お店でいただくジャムトーストは、自分ではなかなかこうはいかない、というくらいジャムの量がどっさりでうれしい。一期一会になってしまうのが切ないくらい、美味しかったです。

こちらのお店も若い女性が独りで営まれているようでした。写真撮影の許可をいただくと「こんな程度のものでよろしければ…」と恐縮されたのが、先に紹介したお店の方とまったく同じで、かわいらしかった!

一人ひとりの夢が形になった場所。
いつかこの街を再訪した時に、すべてのお店が変わらずにあってくれたらいいなぁ、と、お世話になった皆さんのご健勝をお祈りする次第であります。

お金もモノも、あればあるだけもれなく面倒もついてくるので、お金持ちになりたいとは思わない。老後にとびきり贅沢しようとも思わない。
でも、いつでも好きなようにお気に入りの喫茶店に足を運べること、その点においては生涯現役でいたい(笑)
そんなことをしみじみと思うこの頃です。
これからもお小遣い稼ぎ、がんばります…

<おまけ>
150323cafe6アパートメント喫茶のある通りには、「米子湯」という銭湯があります。

普段、息子と一緒の入浴タイムは自分のことは後回し。
腰痛や肩こりが辛くなった時は、仕事を終えて保育園に迎えにいくまでのわずかな時間にこちらに飛び込んでいました。

午後の銭湯はほとんど貸切状態で、深くて広い浴槽でのびのび手足を伸ばすと、芯から温まって、身体がウソのように楽になります。
血行を良くすることは本当に大事なんだなぁと実感…。

「銭湯は裏切らない」
というのは、故・立川談志師匠の名言ですが、ここもお気に入りの場所の一つでした。

ちなみにこちら、浴室の壁画はよくある富士山ではなく、パンやのろくちゃん等の絵本を描かれた長谷川義史さんが米子の風景を描いたもの。いつか息子も一緒に連れて行こうと思っていたのですが…

叶わなかったことは、「いつかまた」のお楽しみが先に増えたということでもある。そう思うことにしましょう。

« 2歳の転機 | トップページ | お引越し »

鳥取の美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2歳の転機 | トップページ | お引越し »