2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

* link *


無料ブログはココログ

« Jacob's Staff | トップページ | カフェの朝ごはん »

2015年3月19日 (木)

2歳の転機

息子が生まれた日のことは遠い昔のことのように思える一方、あっという間に「赤ちゃん」から「男の子」に変貌を遂げてしまったようにも感じられるこの頃。

おかげさまで、本日2歳の誕生日を迎えることが出来ました。

150319bd1
つかまり立ちからよちよち歩きが始まった春。

150319bd2
初めての海水浴や保育園のプール遊びを楽しんだ夏。

150319bd3
おしゃべりが上達して、歌のレパートリーも増えた秋。

150319bd4
そして冬が終わり、四季が一巡しようとしている今。小さく生まれた息子は、いまや身長85㎝、体重12キロに。
目を離すとすぐに走り回って、自分で「はやかった!」と自画自賛するこの頃です(苦笑)
モノの名前や文字や数字など、興味を持ったことの吸収力には驚かされてばかり。
正直、親の方が子の成長のスピードについて行けてない…

突然の夫の転勤で、平日は母子ふたり暮らしになってしまった1歳の日々でした。
時折小児科のお世話になることはあったものの、よく食べよく眠り、元気に大きくなってくれたおかげで、大過なくこの日を迎えることが出来たこと。
ありがたい、というほか言葉が見つかりません。

海にも山にも、空いた道を30分走れば遊びに行ける。地元で作られる食材を、水源が良質な地下水という美味しい水道水を使って料理できる。
思えば、子どもはもちろん大人の心身にも、本当にやさしい土地柄の中で子育てを始められて、わが家は幸運でした。

ただ、何事も「始まれば終わる」のが世の常。
この春、私と息子も夫の赴任先で新しい生活をスタートすることになりました。
新居も決まり、4月からの保育園も決まり、落ち着いたら職探しをする予定。
今は、引っ越しの準備作業や勤務先での引き継ぎに、気が休まらない日々を過ごしています。

150319bd5今日、息子の保育園では、昨年に引き続き、お誕生日を祝う飾りつけをしてくださいました。

生後二か月からお世話になった息子にとっては、まさに第二のわが家だった保育園。
行くのを嫌がったことは皆無で、反抗期に突入した今でも、先生の顔を見ると大喜びで飛びついていきます。

今年度で退所することを申し出た際は、お別れが本当に寂しいです、ずっと成長を見届けたかった…と言われる先生と、差し向かいで大泣きしてしまいました。

子どもの順応性を信じている一方で、親の都合で大好きな場所と引き離してしまうことには、割り切れない思いが拭いきれません。

行く先々で、良い出会いに恵まれるほど、お別れの寂しさも味わうことになる…転勤族の切なさですね。

大好きな人々 大好きな明け暮れ
新しい「大好き」を あなたと探したい

NHKの朝ドラ「マッサン」を見る度に、主題歌のこのフレーズにジンときているこの頃です。

人生はアドベンチャー!私もエリーちゃんのように、折れない心で前に進んでいきたいです。

« Jacob's Staff | トップページ | カフェの朝ごはん »

今日のつぶやき」カテゴリの記事

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

息子さんの2歳のお誕生日、おめでとうございます。
大きなけがや病気をなさらず、本当に良かった!
でもまたお引っ越しなさるんですね。
せっかく慣れ親しんだ土地に別れを告げるのはおつらいことでしょう。
息子さん、新しい環境にもうまくなじんでくれるといいですね。
ほんとうに、転勤族は大変。同情してしまいます。

>1go1exさん

ありがとうございます。本当に濃密な時間を過ごして、あっという間にここまで来たという感じです。

自分たちが選択した道とはいえ、確かに転勤は子連れの身には大変なことで…
子どもが育っていくにつれ、違う種類の苦労があるだろうな、と思うとなかなか気の持ちようが難しいのですが(苦笑)
物事には何でも、いい面と悪い面の両方があるのだから…と、割り切っていくしかないですね。
曲がり角の先に待っているものを、赤毛のアンのように前向きに、楽しみに進んでいきたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Jacob's Staff | トップページ | カフェの朝ごはん »