2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

* link *


無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日 (月)

アカデミー賞

150223moore

月曜日は休暇を取っており、息子を保育園に送り届けて大急ぎで所用を済ませ、アカデミー賞授賞式を観ていました。

WOWOWに加入して10年余、2月末恒例のお楽しみになっているレッドカーペットウォッチング。

去年あたりから、白のタキシードを着るスターが増えてきた印象(一歩間違うと昭和の演歌歌手か漫才師になるチョイスですが、去年のマシュー・マコノヒーといい今年のベネディクト・カンバーバッチといい、さすがの着こなしでした)。

一方、女優陣には赤のドレスを選ぶ人が目立って、日本人の感覚では紅白歌合戦を連想してしまったり(笑)

「かぐや姫の物語」が受賞を逃したのは残念でしたが、今年は大好きなジュリアン・ムーアが下馬評通り、主演女優賞を獲得したのがうれしかったです。

写真は、2010年に香港を訪れた時に撮った1枚。
日曜日、セントラル駅の周辺は、大勢のアマ(メイド)さんが路上に集合し休日を過ごすことで有名です。
(返還前に旅した時はフィリピン人が殆どだったのが、この頃にはインドネシアからの出稼ぎらしき女性も増えていて、時代の変化を感じました)

当時、ブルガリの広告キャンペーンに起用されていたジュリアンの写真が、どのシリーズも本当に美しくて大好きでした。この時も壁面の巨大広告に思わずカメラを向けたのだと思うのですが、働く女性を女神が見守るような、不思議な構図の1枚に。

ブギーナイツ」「ことの終わり」「めぐりあう時間たち」…まだオスカーをもらったことがないのが意外(だってあの人がもらっているのに…以下自粛)なほど、素晴らしい仕事を残している彼女。
近作の「キッズ・オールライト.」では年齢相応の、あっちこっちダルダル、しわしわになった所を惜しげもなくさらしていて、そんな潔さも好きです。
今回受賞した主演作「アリスのままで」も、いつか必ず観てみたいと思います。

アカデミー賞の授賞式では、毎年必ず、物故者の追悼コーナーが設けられます。
今年は、メリル・ストリープがスピーチをしていました。その中で、ジョーン・ディディオンという詩人が書いた

'A single person is missing for you and the whole world is empty.'

という一節を引用し、私たちの人生を満たしてくれた多くの才能ある人々を失って、空虚を感じずにはいられない、という意のことを語っていました。

この「空虚」~emptiness、という言葉を聞いて、前日から重くのしかかっていた哀しみを改めてかみしめました。59歳の若さで急逝された、坂東三津五郎丈のことです。

まだ子どもだった頃、NHKの朝ドラ「おていちゃん」に出ていた八十助さんのファンになりました。司会をされていた「ワーズワースの庭で」という情報番組も大好きだったし、古畑任三郎の最高傑作は三津五郎丈が犯人の棋士を演じた回だと思っています。
襲名の前後に私生活で波風が立ったことを、口惜しいような歯がゆいような、そんな思いで受け止めていました。

踊りについては何の知識も持ち合わせない素人目にも、端正で、それでいて指先まで自由に、心のままに操る動きの美しさは伝わりました。
私が生の舞台を観た最後は、奇しくも香港旅行と同じ2010年。
演目は長男・巳之助さんとの「連獅子」でした。

授賞式の中継が終わった後、舞台の合間をぬって行われた巳之助さんの会見を見ました。
飄々とした柔らかい物腰の中にも、丁寧に選ばれた言葉で、取り乱すことなく応答する様子。立派になって…と、親戚のおばちゃんスイッチが発動し、また涙、涙。

歌舞伎界はあちらもこちらも、後ろ盾の師匠を亡くした若者ばかりになってしまって、これはいったいどういう思し召しなのか。茫然としてしまいます。
次世代の若手が奮起して歌舞伎界を支えて…というのは簡単。
でも、唯一無二の存在が欠けてしまったら、結局のところその穴は虚ろなまま、決して埋まることはないのです。
長い時間をかけて、開いてしまった穴の場所が記憶から薄れていくまで、寂しさを堪えていくしかないとわかっていても…本当に、残念という言葉しかありません。

2015年2月21日 (土)

雪遊びと神の湯

過日の息子のスキー場デビューが、雪遊びを満喫した!というには今一つだったため、近いうちにリベンジを…と思っていたところ、土曜日は雨も降らず気温も高め。

息子の保育園が終わった後で、大山方面へ出かけてみることにしました。
スキー場まで行かなくても、標高が500mを越えたあたりから、突然道路の両側に除雪の跡の白い壁が出現。

150221daisen1
家から30分ほど走って、大山登山口の近くで車を降りました。mont-bellのショップには見事なつららが出現。刺さったら命が無さそう…

150221daisen3
3年前のこの時のブログで紹介した、大山寺へ向かう参道は、紅葉シーズンの印象とは打って変わって、真っ白に様変わり。
サクサクと雪を踏む感触を楽しんで、息子は一人で歩いていってしまうので焦りました(親の足元の方が覚束ない)。

150221daisen2
ちなみに今回も、そり遊びには興味を示さず。仕方がないので雪だるまに代りに乗ってもらいました(なぜか“よしよし”と頭をなでる。激励か?)

150221daisen4
参道の中腹にある郵便局はこんな感じ。ポスト周辺だけはちゃんと除雪されているところに職業意識を感じます。(でも中に入るのは大変そう…?)

実は、本当のお目当ては、郵便局の真向いにあるこちらの建物でした。去年オープンした日帰り温泉施設「豪円湯院」

150221daisen5
この日の朝、広島県の赴任先から戻った夫が「夜明け前からスキー場に行く車で道が結構混んでた」と話していたので、もしかしたらお風呂も大混雑かな…と覚悟していましたが、時間帯がピークを過ぎていたのか、貸切に近い状態でのびのびと、冷えた体を温めることが出来ました。

地下1200mから湧き出しているという温泉。解説を読むと、酸化還元電位の値が日本の天然温泉の中で最大級。…と言われても、何のことやら全くピンと来ませんが(苦笑)
とにかく、お湯の感触がまろやかなことには感動しました。さすがは、ミネラルウォーターの採水地にもなっている土地柄!
露天風呂で積もった雪を眺めながら、水が空と山の間を循環して、その恵みを私たちがおすそ分けしてもらっていることに、しみじみと思いを馳せました。
(その間、男湯では、くらい!こわい!と暴れまわる息子をなだめすかして、温まるどころではない夫の奮闘があったようです…)

150221daisen6
夕食は、休憩処で特製のおぼろ豆腐を豆乳鍋で味わいました。温泉水を使い、原料の大豆も鳥取県産。濃厚で美味しかったです。お豆腐大好きな息子も、「おかわりください!」(←最近覚えたフレーズ)を連発していました。

大山が古来、山岳信仰の対象で「大神岳(おおかみのたけ)」とも呼ばれることから、この温泉の名称が「神の湯」となったそうです。自然の恵みでリフレッシュ出来たありがたいひとときでした。

2015年2月14日 (土)

冬のおやつ

この冬、実家の弟が焼き芋作りにハマったそうで、オーブンの温度設定や焼き時間をあれやこれやと試行錯誤して最高の焼き上がりを追求していたようです。
さつまいもの種類も色々と試して比べていたとか。安納芋を取り寄せたから…とわざわざおすそ分けをしてくれたこともありました(嬉)

離乳食の頃から芋、豆類が大好物の息子にとっても、焼き芋は最高のご馳走です。
私はアルミホイルに包んで、オーブンレンジのグリルで40分ほど焼き、その後15分ほど放置して余熱を通しています。

150201oyatsu2

アルミホイルの方にピントが合ってしまいました…

ほくほくの熱々をいただくのが幸せ!なのはもちろんですが、ホイルに包んだまま冷蔵庫に入れても数日は保存できるので、作るときは大抵、数本まとめ焼きです(笑)
(冷やすと水分が出て、ほくほくからぺちゃぺちゃに食感が変わりますが、芋ようかんっぽくて私はそちらも好き)

子どもには出来るだけ食品添加物を口にさせたくない、という思いはありながらも、手作りおやつを作るか?といえばその努力はしないダメ母…(汗)
今の季節、困ったときには焼き芋とみかんを出せば息子はゴキゲンなので、大変助かっています(笑)

150201oyatsu3_2

こちらの写真は去年、みかん狩り農園に行った時のもの。
スタイをオレンジ色に染めて、3~4個分は平らげていたと思う…

繊維質やビタミンCを積極的に摂取しているおかげか、寒い日々も風邪知らず・便秘知らずで元気に過ごしてくれているのはありがたいことです。

そして、息子の目を盗んで私はこんな、健康志向ゼロのおやつで虫養いをするのでありました…(≧m≦)

150201oyatsu1

ミスドのクロワッサンドーナツは油脂に胃が負けてしまいましたが、ブルックリンD&Dは美味しく味わえました。

2015年2月 8日 (日)

スキー場デビュー

息子が歩き回るようになった頃から、「今度の冬は、雪遊びも存分に楽しめるね」と折に触れて話していました。

ところが、去年に続き今年も、ずっと地元にいる人も
「今年の雪は少ないわ!」
とお話しされるくらいで、積もるほどの雪は月に一度あるかないか、という状態。
子連れで通勤する身にはありがたいことなのですが、息子にスキーウェアをプレゼントし、いつの間にかソリまで買って車に積んでいた夫にしてみれば、いつになったらこのグッズは陽の目を見るのだ?ということになり…

思い立ったが吉日、ということで、この頃「ごろんご ゆきだるま」 という絵本を気に入っている息子に「ゆきだるまを作りに行こう!」とお出かけ支度をさせ、桝水高原スキー場へ行ってきました。

しかし、天気予報には曇りと雪マーク。
市内はちらつく程度でも、標高が上がるにつれてどんどん雪の勢いが強まっていき…

150208ski1
駐車場に着いた時にはこんな状況になっていました。あぁ、雨女のお母さんでごめんね(涙)

ゲレンデには有料のキッズパークもありますが、ソリ遊びをする程度なら初心者ゲレンデの下で十分。
…しかし、息子は夫があの手この手で誘っても、「イヤ!」「しない!」の一点張りで頑なにソリに乗ろうとしません(笑)

150208ski2

親の心子知らず

150208ski3
すったもんだの末、「もつー!もつー!」と夫の手からソリを奪い取り…牽いて歩き回るのが楽しい、という結論に達したようです(;´д`)

150208ski4
その挙句…夫、入魂の雪だるまが完成する頃には、何となく燃え尽きた感の表情(苦笑)

この日のゲレンデで一番盛り上がっていたグループは、タイからの観光客の皆さんで、悪天候にもひるまず、雪の感触を存分に味わっておられました。
…でも、車で30分で来られるところに住んでいるんだから、私たちは天気の良い日にいくらでも出直せるんじゃないの?と気がついて(遅い?)早々に帰宅の途についたのでした。

150208ski5_2息子のスキー場デビューは、こんな感じで終わりました。
本人のテンションが一番高かったのは、レストランでカレーライスとぜんざいを食べていた時だったという(笑)

米子市内はその日の夜から本格的な雪となり、お正月以来の積雪となりました。翌朝にはマンションの外廊下も吹き込んだ雪で真っ白。

150208ski6_2
保育園の園庭でも雪遊びが楽しめたそうで、こんなことなら、わざわざ昨日山の上まで行くことはなかったんじゃ…?と、自分たちの間の悪さに苦笑いするしかなかったのでありました。

2015年2月 1日 (日)

シネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」

150201cinema1

昨年三月に上演された話題の舞台が、シネマ歌舞伎の新作となってスクリーンに登場。
歌舞伎座までの道のりは果てしなく遠い今の私でも、近くのシネコンなら何とか行ける!…という訳で、上映終了間際に滑り込みで鑑賞してきました。

舞台一杯に、藤を描いた銀屏風を広げた中での玉三郎丈の藤娘。
初々しく溌剌とした様子が何ともかわいらしかった、七之助丈の藤娘。
それぞれの踊りを客席で観たのは、もう何年も前のことですが…今も、美しい記憶として焼き付けられています。

そしてこの度、「二人藤娘」としてこのふたりが同時に舞台の上に。
玉さまが尾上菊之助丈と組んだ「京鹿子娘二人道成寺」でも思ったことですが、
「ただでさえ美しいものが、二倍になって出て来た」
…そのことの豪華さ、贅沢さに、まずは圧倒されてしまいました。

同じ振付をぴたりとシンクロさせて見せたかと思えば、睦み合う男女の役になってお酌をしあい、頬を寄せ合い…
その艶めかしさといったら、背筋がゾクゾクするほど。
大好きな映画「暗殺の森」の、有名なレズビアンタンゴのシーンを思い出しました。

150201cinema2

でも、演じているのは本当の女性ではなく女形の役者。女形でしか表現し得ない美、というのを玉さまはずっと追求してきたのだと思います。

今回のシネマ歌舞伎(編集も坂東玉三郎本人)は、舞台の様子と併せて、化粧をしたり衣装をつける様子が映し出されるのですが、幕が上がる前に集中を高めていく姿、舞台を下りて、素のままの背中を見せて楽屋へ戻って行く様子など、華やかさの裏側をあえて見せたところに、女形の美は役者の努力によってゼロから造り上げられる表現なのだ、というメッセージが含まれていると感じました。

引き続いて始まる「日本振袖始」は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治する伝説がモチーフになった舞踊。
元は近松門左衛門が作った文楽ということで、昨年は文楽の島根公演でも上演されたそうです。出雲神話の本場で見てみたかったなぁ…。

今年の歌舞伎座のお正月公演では、「蜘蛛の拍子舞」でクモ女を舞っていた玉さまですが、本作ではヘビ女。
姫の姿をしていても本性は大蛇、という前半部分の妖しさ、眼つきやちょっとした首の動きで、やっぱり人間じゃない!と思わせる恐ろしさ…
客席のこちらは、カエルのように魅入られてすくんでしまいました。

後半、恐ろしい隈取りをして八つの首を持つ大蛇に変化する、歌舞伎ならではの見せ方も面白かったのですが、衣装変えの間に長唄の大薩摩が入っていて、これがまたとても迫力があり聴き応え十分。

歌舞伎の伴奏は座って演奏するのが普通ですが、大薩摩は唄方と三味線が並んで立ちます。
三味線の人は、木の台の上に片足を置いて、膝に三味線を乗せて爪弾くのですが、その様子で速弾きするカッコよさといったら、ギターアンプに足を乗せたギタリストさながら!でした。

歌舞伎の面白さは、本当に奥が深くて豊かだなぁ、と思います。スクリーンで観る楽しみというのも、今ではすっかり定着した感がありますし、今の私のようになかなか生の舞台を観られない身にとっては貴重な機会だと実感しました。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »