2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« スマホ元年 | トップページ | とんどさん »

2015年1月 6日 (火)

一年のはじまり

150106ny
2015年最初のブログ更新となります。あけましておめでとうございます。
夫婦共に9連休となった年末年始。大晦日からお正月三が日にかけては、夫の実家に帰省して過ごしました。

150106ny2_2
チケット代を比較検討した結果、今回は最寄の米子空港ではなく、JALで出雲空港を利用することに。
ちなみに正式名称は“出雲縁結び空港”。ゆるキャラのしまねっこがあちらこちらで出迎えてくれます。

冒頭の写真は、機上から見た富士山の雄姿。新しい年を迎える気分にふさわしい、惚れ惚れする美しさでした。
山陰は、他の日本海側の地域同様、元日の前後にかなりの雪が降ったのですが、同じ日本とは思えない穏やかな天気が続いて…箱根駅伝の中継でも、青空をバックに富士山が本当にきれいに見えていましたね。

150106ny3
近所の神社に初詣に出かける際、息子はこんな風におめかししていきました。
この着物、今から45年前に夫が生まれた時に、義父の実家から贈られたものなのですが、一度も袖を通されることなく箪笥にしまわれていたそうで。
息子に機会があったら着せてやってほしい、と送ってもらったのは一昨年のお宮参りの頃。
以来、歩けるようになったらお正月には着物を、と思っていて、念願が叶いました。

ただ、当の息子は足にまとわりつく裾に違和感があったのか、あまり喜んでいる様子はありませんでしたが…(苦笑)

150106ny3_2オカーサンはこの格好。着物で初詣に行けるのはいつのことやら…

実家支援も、家事労働以上に傾聴ボランティア(愚痴聞き役とも言う)の比重が大きくなってきたこの頃ですが、家族が顔を合わせられる機会の一つひとつを、大切に味わっていきたいものです。

米子に戻った翌日、わが家の氏神様にもお詣りに行きました。
お正月の積雪が街中に残っていて、息子は軒先のしめ縄飾りについた橙を見ては「ミタン!ミタン!またいた!」と大興奮でした(ミカンが大好きで、毎食のデザートに不可欠なこの頃)。

150106ny4
境内の狛犬を見て、「らいおん~!」と喜んでいるところ。
この直後、石段で尻餅をつき、濡れた路面でお尻がびちゃびちゃに…(ノ_-。)

決して後戻りできない道を、ドタバタと夢中で進む子どもとの日々。四十代も折り返し地点となり、自らの経年劣化に向き合う毎日…
今年もそんな暮らしの断片を、マイペース更新で綴っていけたらと思っています。何卒よろしくお付き合いください。

波風はあって当たり前として、それでも笑顔でいられる時間が少しでも多い年になりますように。

« スマホ元年 | トップページ | とんどさん »

今日のつぶやき」カテゴリの記事

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

遅まきながら明けましておめでとうございます。
冒頭の富士山の写真、素晴らしくきれいですね! これを肉眼で見られたのだと思うと、羨ましい限りです。
息子さんの着物姿、可愛い! こんな年頃の男の子用に作られた着物って、珍しいのではないでしょうか(七五三のときのような礼装でなく、普段着の着物で)。
私も娘たちが幼い頃、実家の母に頼んでウールのアンサンブルを作ってもらい、お正月に着せました。5〜6歳の頃だったか。けっこう喜んで着ていましたよ。
今はもう、孫にウールの着物を作ってやろうと思っても、ウールの着物地が手に入らないかもしれませんね。
サリィさんのこのブログはいつも楽しみに読んでいます。今年も愛読させていただきます。

>1go1exさん

コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします!
機上からみた富士山、年頭のあいさつ代りに家族や知人にも送って、縁起が良さそうと待受け画面に設定してくださった方もありました。歌のとおり、本当に富士は日本一の山です。

この着物は生地はモスのような触感で、さらにお揃いのちゃんちゃんこ共々薄く綿が入っているので本当に温かいと思います。まだまだ丈が伸ばせるので、あと何年くらい着られるかなぁ、と…お正月の楽しみが一つ増えました。自分の息子には着せる余裕がなかったという義母が喜んでくれたのもよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホ元年 | トップページ | とんどさん »