2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« いつでもモーニング | トップページ | シネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」 »

2015年1月31日 (土)

「しばり」と「とごり」

この冬、息子はまだ重い風邪をひくこともなく、元気に保育園に通ってくれていて、親としては本当にありがたいことです。

水痘の予防接種を除けば、最後に小児科のお世話になったのは12月初めのこと。
実はそれも、体調不良と言っていいのかどうか、後から考えてもよくわからないのですが…

ある朝、いつも通りの様子で起きてきた息子を着替えさせていると、なぜかソファにつかまって片足立ち。
普段はしない動作でしたが、その時は、フローリングの床が冷たいのかな?位に考えて、保育園にも「体調は変わりなく元気です」とお伝えして預けました。

ところが1時間も経たないうちに、先生から電話で

「ちょっと様子がおかしいです。いつも元気にお部屋を歩き回るのに、ハイハイで移動しています。足に異常があって立てないのではないでしょうか?さわっても痛がったりはしませんが…」

…という連絡をいただきました。

思いもよらない事態にアタフタの私、同僚も心配して、病院の情報など色々アドバイスをしてくれました。

怪我するような出来事はなかったはずなのに、一体何が?と途方にくれながら早退の準備をしている私に、皆がかけてくれた言葉が

「しばりじゃない?」

というものだったのです。

初めて耳にする言葉にキョトン、の私。それって全国共通の言い方じゃないの?とビックリの一同。
ちなみにしばりというのは棘のことだそうで、しばりがたった、という言い方をするそう。要するに、足の裏に何かが刺さっていて立つと痛いのでは?と言ってくれていた訳です。

電話で問い合わせたいくつかの整形外科は、息子の年齢を伝えると“小児科のある大きな病院へ行ってください”という回答で、総合病院を受診しました。
結果は…
小児科「何も刺さっていないようだし、最近高熱を出すような事はなかったなら菌の影響などではないでしょう。股関節に何かあるのかな?整形外科で診てもらったら何かわかるかも」
整形外科「股関節の動きに異常は無いし、触られて痛がらないのは異常がない証拠です」

結局、レントゲンさえ撮らず「今は立ちたくない気分、ということでしょう!」二三日様子を見たら大丈夫じゃないですか、と言われて帰宅したのでした。

右足を床につけたがらない状態はしばらく続きましたが、食欲やご機嫌は快調で、そのうち何事もなかったように歩けるように。
いったい何だったんだろう?という謎と、「しばり」という米子弁の知識を残して事態は収束したのでした(苦笑)

以前住んでいた三重でも、何を言われたのかとっさにわからず、「これって標準語じゃなかったの?」と驚かれた経験は度々ありました。

中でも印象的だったのは「とごり」。「とごる、とごっとる」とも言うのですが、液体の中で何かが沈殿している状態を指すのだそうで…
語感があまりにもしっくりはまっているので、溶け残っている、というよりこちらの方を普及させたいと思うほど(笑)

息子が再び歩き出したことを心から喜んでくれた周囲の皆のように、土地の言葉を教えてくれたのは、その時々で親身になってくれた、お世話になった人たち。
こうして振り返ると、あらためて住む先々でいいご縁に恵まれたことを実感します。

150131daruma
あっという間に過ぎていった1月。お正月にお嫁業務をこなした私を気遣って、義妹がかわいいお菓子を差し入れしてくれました。干支にちなんだダルマさんのクッキー、月末が賞味期限だったのですが、もったいなくてギリギリまで食べられず…(^-^;
たくさんのやさしさに支えられて、日々を送っている私。感謝、というほかありません。

« いつでもモーニング | トップページ | シネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」 »

今日のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちびさん、心配だったね、何事もなかったようでよかった。読んでてドキドキしたよ。

小さい子を抱えていると、周囲の親切が身にしみるよね。一人じゃない、支え合って生きてるんだ、と実感します。ずっと大切にしたい記憶だね。

足の裏に棘が刺さって…って、そんなこともあるんですね。
まったく子育ては何が起きるかわかりませんね。でも、結局は短期間で平常に戻られたようで、何よりです。
転居先で良い縁に恵まれるのは、きっとサリィさんの人柄があってのことですよ。
小さい子どもがいるときは、周囲の人たちとの関わりがとても大切だと思います。
ほんとうは、小さい子どもがいなくても、なんでしょうが。

>RMちゃん

コメント&ご心配、ありがとう!
本当に突然のことだったので、雪がちらつく中、遠くの病院まで抱っこ紐にくくりつけて向かう途中は本当に気持ちが落ち込んでしまいました(涙)
身体的な原因はない、と言われたら言われたで、心理的に何かが負担になっていたのかな?と日頃の子育てに自信がなくなったり。
そんな時、やっぱりまわりから温かい言葉をかけてもらえるのは本当にありがたいよね。
私も立場が変わった時には、惜しまずに手を差し伸べていきたいと思わされます。

>1go1exさん

おかげさまで3日ほどで普段通りになり、その後もまったく歩き方などに変わった様子がないので、本当に安心しました。ご心配ありがとうございます。
子どもとの日々は、予想外の出来事の繰り返しですね。だからこそ楽しかったり、感動があったりもするのですが…出来れば、うれしい驚きだけを味わっていたいです(笑)
あたたかい人との関わりの中で、息子がすくすく育ってくれていることは、本当に幸運でありがたいことだと思います。当たり前のことと思わず、私もその場その場で誠実な大人でありたいものです。

文章を読んでびっくりしましたが、なんともないようで本当に良かったですね。
まわりの人たちとの交流が多いと、心強いですね。

ささやかですが、最近町内会のパトロールを引き受けました。下校時間、子供たちを見守るのです。
あと、今年は、上の子が留守番できそうなので、夫の実家(徳島)に下の子を連れて
ちょこちょこ帰省してみようかと思っています。下の子が大きくなってしまう前に
少しでもたくさん見てもらおうかなぁと思っています。
旅行も楽しいけど、帰省も大事かなぁと、色々思いをめぐらせています。
こんな感じで、今年もはりきっていこうと思います。
頑張ってください。

>marikoさん

ご心配いただいてありがとう。お返事が大変遅くなってごめんなさい!

私は住む先々で、主に仕事を通じていい人とのご縁をつなげてきたので、逆に本当の意味での「ご近所づきあい」というのはあまり経験がないんです。いわゆる「ママ友」というのもね。
転勤生活がいつまで続くかわかりませんが、町内会や子ども会で周囲のおじさん、おばさん達に見守られながら育った自分自身を振り返ると、そんな風にしっかり地域に根差すことも素晴らしいと思います。もちろん帰省もね。私も毎年、父方の実家で長い休みを過ごしたことはとても自分の世界を広げてくれたと思っているよ。
お互いに、よかれと思った道を信じて進んでいきましょう!よかったらまたコメントくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつでもモーニング | トップページ | シネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」 »