2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 乗っ取られ騒動 | トップページ | いつでもモーニング »

2015年1月17日 (土)

低地

木曜日のニュースで、今年の芥川賞・直木賞受賞作が決まったことを知りました。
この頃は読書の愉しみともすっかり遠ざかっていますが、直木賞受賞作の「サラバ! は去年からあちこちで凄まじいまでの賞賛を目にしていて、いつかぜひ読んでみたいです。

昨年手に取った数少ない作品の中で、最も心を揺さぶられたのはジュンパ・ラヒリの最新作「低地」 。こちらも、新聞やネットの書評でずいぶん話題になっていました。

インド・カルカッタの郊外で、片時も離れず育った年子の兄弟。
成長するにつれ、物静かで学究肌の兄と、活発で冒険心に富んだ弟の進む道は分かれていく。
兄がアメリカ留学を果たす一方で、弟は過激な政治活動にのめり込んでいき、両親と身重の妻の目の前で命を落とすことに…

若い弟の死から数十年にわたって、惨い出来事の傷を心に刻みながら、周囲の人々はどう生きたか。
遺された兄、妻、その娘を中心に、彼らが積み重ねていく日々の歩みが、著者(と訳者)特有の、深みのある文章で綴られていきます。

淡々とした語り口なのに、静謐な中にもずっと緊張感が漂っていて…
早く続きが読みたくて、でも最後のページにたどり着いてしまうのが惜しくて。
魅力ある長編ならではのそんな読み応えを、全編を通してずっと感じていました。

ジュンパ・ラヒリは、存命の作家では最も好きな人、と言っても過言ではありません。
彼女の作品に触れると、人は生まれ育った風土や、育まれた家族の在り様や、出会った人々や出来事によって、他の誰とも違うその人自身になっていくのだ、ということを、心の奥深いところでしっかりと再認識させられます。

「予習しておけるようなものではない。あとになって振り返り、一生かかって見つめ直し、何だったのかわかろうとするしかない。」

これは、長編第一作「その名にちなんで」の一文です。

ある面では運命の導きであり、一方では自身の選択であり。その両方が縄のようにより合わさって、人は一生の物語を作り上げていく。
一人ひとりが、「そのようにしか生きられない」人生を一歩一歩切り拓いている。
本を閉じた後は、そのことに改めて思いが及ぶのです。

去年から今年にかけて、私の周囲では大きな変化に直面したり、重大な決断を迫られる局面を迎えた人が多くいました。自分自身も含めて、のことです。

ままならなさも、人生の味わいのうちなのかもしれない。彫りの深い経験ほど心の奥行を増してくれるものなのかもしれない。
今の年齢になって、そんな思いを噛みしめながら、彼女の作品をじっくりと読み返してみたい誘惑に駆られています。

« 乗っ取られ騒動 | トップページ | いつでもモーニング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乗っ取られ騒動 | トップページ | いつでもモーニング »