2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« フラニーとズーイ | トップページ | えびすだいこく »

2014年11月23日 (日)

出雲大社から日御碕へ

141123izumo0
昨年の五月に「平成の大遷宮」が行われた出雲大社。
同年秋には伊勢神宮も二十年に一度の式年遷宮があり、こんなメモリアルな年にこの世に生まれる息子をうらやましく思ったものでした。
結局遷宮の年には参拝は叶いませんでしたが、秋晴れの連休、二年ぶりに出雲大社へ出かけて来ました。

141123izumo1
折しも11月23日は、秋の実りを喜び神様に感謝を捧げる「献穀祭」。
震災復興の祈りを込めた福島産のお米をはじめ、県内外の農家からお供えされた新米が続々と奉納される様子を見物することが出来ました。
以前に比べ、大鳥居の向いに出来たスタバをはじめお店が増えて、神門通りや境内の観光客数も増えたなぁ…という印象。遷宮効果を実感しました。
はじめて工事の覆い無しで拝見する本殿は、青空に映えて美しかったです。

古代には、巨大な柱に支えられた空中神殿が建っていた説がある出雲大社(全体像についてはこちらの記事をご参照ください)。今回の遷宮にちなんで再現事業が行われたとか。

141123izumo2141123izumo3

柱の遺構が発見された場所には実物大の円が描かれています。「まるー!」としゃがんで眺めているうちに団体ツアー客に取り囲まれ、ガイドさんに「はい、こちらのぼっちゃんと並べると柱の巨大さがおわかりいただけますね」と、タバコの箱扱いにされる息子(笑)

141123izumo4141123izumo5

人生初のおみくじにチャレンジ、の図。結果は「本年は運気が良く諸事が成就する年」「目上の人の引立てありて幸運に結ばれる」とのこと(吉、凶の記載はありませんでした)。まぁ、今年もあとわずかではありますが(笑)良い運勢が出て何よりでした。

141123izumo6
旧暦の10月10日から始まる「神迎祭」。今年は12月1日からだそうです。国中から集う神様の宿となる「十九社」の扉も、その時期には開け放たれて賑やかになることでしょう。

今回は、車でさらに島根半島の先まで足を伸ばし、日御碕(ひのみさき)へ行ってみました。

141123izumo9お昼は海鮮丼と、ちょっと奮発して小さい鮑をバター焼きで。美味!

海辺に建つ日御碕神社は、境内に「日沈宮」(天照大神を祀る)と、それを見下ろすように小高いところに建つ「神の宮」(スサノオノミコトを祀る)からなります。

141123izumo7
面白いと思ったのは、この「日沈宮(ひしずみのみや)」。伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守る」) との神勅により祀ったのが始まりと言われているのだそうで。夜の守り神、ってなんだかクールな響きです(笑)

141123izumo8
岬から見える経島(ふみしま)は神域となっており、8月に行われる年に一度の「夕日の祭り」に宮司さんが船で乗り入れる他は、一切人が立ち入ることを許されていないそうです。

141123izumo10
参拝後、真っ白にそびえ立つ日御碕灯台を見物に行きました。
秋の日はつるべ落とし。すでに夕暮れが迫っていて、日本海に沈む夕日を見物しようと、大勢の人が灯台前の岩場に腰を下ろして待っていました。

141123izumo11
また新しい思い出をたくさん作ることが出来た一日。無事に過ごさせていただいたこと、ありがとうございました…と、神社巡りの最後に改めて手を合わせたくなる、神々しい光でした。

« フラニーとズーイ | トップページ | えびすだいこく »

山陰観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フラニーとズーイ | トップページ | えびすだいこく »