2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 砂丘でハッピーバースデイ | トップページ | ほっと一息 »

2014年10月20日 (月)

旅の備忘録

近場とはいえ旅気分を堪能し、無事に台風19号をやり過ごして、さあ今週もがんばりましょう…と日常に戻った連休明け。
前の週から保育園で大流行していた咽頭炎を、息子があっという間にもらって高熱と咳でダウン(涙)

一日休んで安静にした結果、熱の方は早く落ち着きましたが、喉が痛むのか食が進まず…
結局、週末には二日連続で点滴のお世話になりました。
今年の秋は、息子はよほど点滴とご縁があるようです(二度あることは三度…の流れはご勘弁願いたいですが…)。

時折咳は出るものの、食欲は戻って機嫌よく遊べるようにもなったので、このまま快方に向かってくれることを願っています。

楽あれば苦あり。そんな訳でブログを更新する余裕もありませんでしたが、もはや遠い日々の出来事に思える(苦笑)鳥取の旅のあれこれをご紹介します。

141012mosaebi
鮮度が落ちやすいため、地元以外では流通していない猛者海老(もさえび)丼。身は刺身で、頭は揚げて。ぷりぷりで甘くて美味でした。鳥取港に近い賀露町の市場「かろいち」内の食堂にて。

141012uradome1
透明度の高い海と、波が作り上げた壮大な光景が名物の浦富海岸(うらどめかいがん)。
名物の遊覧船に乗るのを楽しみにしていたのですが、台風による強風のため運行停止で残念でした。
やむを得ず車で展望台に移動し、景勝を楽しみました。右手に見えているのが千貫松島です。

141012uradome2
その後、長い長い遊歩道を汗だくで歩いて(階段が整備されていますが、上り下りがあり運動不足の身にはちょっとハード)、鴨ヶ磯海岸という小さな浜に下りてみました。
透き通った海が空の青を映して、様々に色を変えて沖の方へ広がっていく様子。本当にきれいでした。
141012uradome3
荒波が長い時間をかけて岩を削ったのでしょうか、入り江には小さな洞窟が出来ていて、時折そこから「ザバーン!」と押し寄せる波しぶきが吹き出てくるのが迫力です。
白砂と海のコントラストが美しく、息子を交代で抱いて歩いた腕の疲れも吹き飛ぶ眺めでした(…でも、帰りは延々登り坂という…ここでも楽あれば苦あり)。

141012coco1
おやつタイムは、私のたっての希望で大江の郷自然牧場のカフェ「COCOガーデン」まで足を伸ばしました。
週末、とうとう砂丘に行くつもりなんですよ~と職場で話したら、そこまで行くなら絶対、パンケーキを食べて来た方がいい!と何人もの同僚にハゲしくオススメされたスポット。

幹線道路から山の中の道に入り、地図が示す場所を目指し、
「…本当にこの道で、あってるのかな?」
と不安になって尚、しばらく車を走らせたところに、突然このような建物が現れます。駐車場には県外ナンバーの車がいっぱい、店内に入るまで30分待ちの盛況でした。

141012coco2
多くの人を山間の地に引き寄せる、これが噂のパンケーキ。
平飼い卵のメレンゲで焼き上げたというふわふわの食感は、感動的ですらありました。
息子も取り分けてやると大喜びで頬ばっていましたが、次回は必ず一人で一皿完食する、と誓いました!
添えてもらったソフトクリームがまた、玉子の味が濃厚で、懐かしい甘さで美味しかったです。

パンケーキはジャック・オ・ランタンの顔が描いてあり、店内もお庭も入魂のハロウィンデコレーション、お店の方々も全員仮装して気合いが入っていました。

…が、敷地内を少し歩けば、見えてきた風景はいかにも日本の里の秋。
(山羊が飼われていて、エサやりの時間で息子にも係の方が声をかけてくださったのですが、尻込みして近寄ろうとしませんでした)

141012coco3

息子が着ているのは、出産祝いにいただいたcody cobyのUVカットポンチョ。オールシーズン対応ということですが、保育園の行き帰りのベビーカーではもちろん、寒暖の差が激しい季節の変わり目のお出かけ時にも、さっと後ろから羽織らせてしまえるので、今の時期はとっても重宝しています。
本人も「ぼーち、ぼーち(帽子)」とフードを被るのを面白がってくれるので助かります(機嫌の良い時限定)。

旅が大好きな私にとっては、息子が生まれたことで気軽に出かけられなくなったことはもちろん、旅先でも子どものペースを最優先しなければいけないことは正直、残念です。

でも、山と積まれた用事に追われ、いつも「これが終わったら次は何?」と気が急いて、結局は目の前のことにも今ひとつ集中していないような、雑な暮らし方をしてしまう…
そんな普段の生活をリセットして、丁寧に流れている時間を味わえる、旅はやっぱりいいものだと思いました。
子育てが一段落するのを待っていたらすっかり年を取ってしまうので(苦笑)たとえ小旅行でも、これからも色々な経験を重ねていきたいです。

« 砂丘でハッピーバースデイ | トップページ | ほっと一息 »

山陰観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 砂丘でハッピーバースデイ | トップページ | ほっと一息 »