2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« ほっと一息 | トップページ | 鉄子の部屋 »

2014年10月30日 (木)

Happy Halloween

141031hellow1

オータムフェスティバル開催中のとっとり花回廊にて、菊人形ベアに大喜びの息子。

ハロウィンも今や、すっかり日本の秋の風物詩に定着した感が。
そのうち、玄関を開けると仮装の子どもたちにお菓子をせがまれる時代がやってくるのでしょうか。

141031hellow2

秋晴れの日曜日。
花回廊の年間パスポートの有効期限が今月で切れることに気づき、秋の花を見物に出かけてみたところ、ハロウィン企画で子ども用の仮装衣装が無料で貸し出されていました。

←「お好きなものを勝手に着てください」というシステムだったので、ベビーカーに乗せたままレンタルコーナーであれこれと試着。
本人も“ぼーち、ぼーち”と大喜びなのはいいですが、サイズが合わず覆面状態になってしまうものも…

赤ちゃんの頃から、どこから見ても完璧な「平たい顔の種族」の息子。
子どもの記念写真を撮りにいくと、まるでぬいぐるみのように可愛いコスプレが出来る衣装も最近は充実しているのですが、その手のものがまったく似合いません(笑)

とは言えせっかくの機会なので、ジャック・オ・ランタンの帽子とマントでハロウィン気分を味わってみた次第です。

この秋、鳥取では鳥取藝住祭とか、鳥取県総合芸術文化祭(とりアート)など、芸術の秋にふさわしいイベントが色々開催されているようで、その一環でこの日の園内では様々なパフォーマンスが繰り広げられていました。

141031hellow3
サルビアが咲き誇る花の丘では、お菓子の袋で出来たドレスを着たお姉さんたちが練り歩いたり、集めた袋を飾ったり。

141031hellow4
お姉さんたちの留守に近づいてみると、空き袋を使った色とりどりの風車がとてもきれいでした。

141031hellow5
こちらはギターの生演奏をBGMに、観客参加型の人形劇のワークショップ。
黒子の覆面で、人形作家さん指導の元、演技をしているのは…夫です(笑)
人形劇と聞くと素通りできない私に付き合って客席に座ったところ
「どなたかやってみたい方おられますか?…おられませんか…では、今私と目が合ったそこのあなた!」
と、いきなり巻き添えに(^_^;)
ちなみに、演じているのは片思いの末、やけ酒に溺れて悪酔いしている、という場面。深酒の表現はさすがに上手でした(いいのか?)。

141031hellow8
1年間、折に触れ足を運んで、その都度移り変わる季節の花々を楽しませてくれたフラワーパーク。秋バラもちょうど見ごろで、美しい花と香りを堪能しました。

息子はやっと咽頭炎から立ち直ったと思ったら、今週は鼻風邪を引いてあっという間に中耳炎になってしまい、この時に続いて二度目の鼓膜切開をする羽目になりました。
保育園の別のクラスではRSウイルスも猛威をふるっているようで…
季節の変わり目、大人も子どもも、しっかり食べてよく眠って、体調を整えていきたいものですね。

141031hellow7
満開のバラを背景に、古典的少女マンガの構図を狙ってみました(本人はいや~ん、はずかしー、のポーズ)。

« ほっと一息 | トップページ | 鉄子の部屋 »

鳥取のステキな場所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほっと一息 | トップページ | 鉄子の部屋 »