2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

* link *


無料ブログはココログ

« 魔窟のパン | トップページ | 水始涸 »

2014年9月23日 (火)

秋の帰省

秋分の日の飛び石連休。月曜日に夫共々休暇を取って、3泊4日で千葉県の夫の実家へ帰省してきました。

わが家にとっては大変使い勝手のよかったスカイマークの米子―成田便は、この度あえなく路線廃止が決定(涙)
二度目の搭乗で乗り納めとなってしまいました…

140920kisei1

記念に(?)上昇中の機内から大山の雄姿をパチリ。

義実家の近くに二十年来の友人が住んでいて、帰省の際に都合がつく時は、ランチやお茶に付きあってもらっています。
(広い心で自由行動を許されているお気楽な嫁です・笑)
今回は、少し前から付近に越して来たというもう一人の友達も来てくれて、十数年ぶりに顔を揃えた3人の組み合わせで、楽しいランチタイムを過ごしました。

140920kisei2

貝殻亭ガーデンサロン

ずっと雨マークだった天気予報がいい方にはずれて、気持ちよく晴れた日曜日。私以外の家族は、息子の水族館デビューを果たしに葛西臨海公園へお出かけです。
昼間、母親と離れて過ごすことに慣れきっている息子はずっとご機嫌ではしゃいでいたそうで、こういう時まことに好都合(笑)

140920kisei3
予約をしたら広い庭の眺めが楽しめるサンルームの席に案内してもらえました。

バブル景気の尻尾をつかんで就職した私(翌年に卒業した学年は就職氷河期に苦労しています)。
社会人1年生の初々しい時代を共に過ごした仲間。顔を合わせれば、あの頃と同じ気分で話が弾みますが、気がつけば四十路の折り返し地点…
現在進行形の「人生いろいろ」について語り合ううち、あっという間に時間が経ってしまいました。

140920kisei4
こちらは、戸棚の隅から夫が見つけて「懐かしいな~」と出してきたおもちゃ。寄木細工で出来たミニチュアの車と、木彫りのクマちゃん。

マンション暮らしの転勤族の習性で、息子の身の回り品も不要になったらどんどん手放してしまいますが、夫がずっと遊んでいたものをお義母さんが捨てずに取ってある気持ちも、しみじみよくわかります…

140920kisei5
別々のところからお土産としてもらったものらしいのですが、クマを車に乗せるのにちょうどいい大きさで、息子も大喜びで楽しんでいました。

普段、大勢のお友達や先生と過ごす保育園と、母親と二人きりの自宅、という正反対の環境で過ごしている息子にとって、家族の輪の中心になって皆からちやほやされるのは、新鮮で快い経験だったことでしょう。

そのせいか、夕食の席で突然、一人ひとりを指差して
「ばあたん」
「じい」
「おたぁたん(お母さん)」
と口にしたので、びっくり仰天!記念すべき夜となりました。
夫も最初は「じい!」と言われていましたが(笑)必死の指導が実って「とーたん」も覚えたようです。

140920kisei6

帰りの便では、雲海から顔を出す富士山がくっきりと見えました。次に会える日を楽しみに…ごきげんよう、さようなら。

« 魔窟のパン | トップページ | 水始涸 »

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

わ~~!
いよいよ言葉を覚えてきたのですね!
賑やかになりますね~
そのうち「おふくろ」「おやじ」と呼ばれるようになるのでしょうか(笑)

赤ちゃんことばでなく、ちゃんとした日本語で(?)身近な人を呼べるようになったんですね。素晴らしい成長。おめでとうございます。
子育ては何かと大変だけれど、こんなとき苦労が吹っ飛びますね。
うちの孫は生後1カ月になりました。
自分で子育てしたときと比べると、日々の過ぎていくのがとても早いように感じます。

>mayさん

男の子は女の子に比べて言葉の発達は遅いことが多いそうで、息子も「ん!」とか「にゃ!」とか言うばかりだったのですが(想像の翼を広げて意を汲むのが大変でした・笑)、この頃は話せる言葉の数も増えてきて、面白いです。口まねもするので、うかつに汚い言葉を出せません…
夫や実家の弟を見ていても、成人すると男性って母親に直接呼びかけるようなことがない気がしますね。一生懸命呼んでくれる今を大事に味わいます(笑)

>1go1exさん

お孫さん、無事にお宮参りを済まされて、すくすくと大きくなっておられるご様子、うれしいですね!
他人の子どもの成長は早い、と言いますが、自分の子どもでもこんなにあっという間に大きくなってしまうのか…と、これは私が並外れて高齢の母だからかもしれませんが(笑)ブログでも書いていなければ感慨に浸る間もなく毎日が過ぎてしまったことでしょう。
少しずつ言葉で意思疎通が出来るようになり、親子の関係も新たなステージに進んでいるのを実感しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔窟のパン | トップページ | 水始涸 »