2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

* link *


無料ブログはココログ

« 地蔵盆 | トップページ | みるくの里 »

2014年8月31日 (日)

バターナッツかぼちゃ

まっさらな状態で生まれてくるはずの子どもの舌が、どのように「おいしい」「まずい」という判断を下しているのでしょう?
離乳食の時代から、食べものの好き嫌いはハッキリと態度に出て、一口食べてべーっ!と吐き出すものもあれば、その逆も。

息子の場合は、ジューシーな食感よりはホクホクした食材の方が好きなようで、メロンやトマトは大の苦手。
保育園のお昼に出てくると、つまんで隣のお友達の皿に入れてしまうほど(!)でした。

赤ちゃんの頃から一貫して大好きなのが、かぼちゃや芋、豆類です。
いつも週末の買い出しでお世話になっている産直市場で、ある日こんなかぼちゃを発見しました。

140730butternut1
ラベルに書かれた「バターナッツかぼちゃ」という品種名を見て、いかにも濃厚で美味しそうな語感に惹かれ(笑)買ってみました。 

熱のこもるキッチンでは、夏場の煮物は気が進まず、ついスチームケースとレンジで済ませてしまいます…(枝豆もこの夏はずっとレンジで茹でていました。電気はありがたいです)

140730butternut2

そんな手抜きの蒸し煮料理でも、塩麹と少量のバターで美味しく仕上がりました!
繊維質が少ないかぼちゃなので、本来はポタージュに向いているらしいです。

ちなみに、8月も末になってから、突然息子にトマトブームがやってきました。
煮込んだトマトは好き、ケチャップも好き、でも生のトマトは離乳食の頃からガンとして受け付けなかったのが、「ト!」「ト!」とお代わりを要求し、ざく切りにしたのを際限なく食べる姿に、どんな心境(と味覚)の変化?とびっくりです。

***

140831suigosai2
台風11号の影響で中止になった松江のお祭り「水郷祭」の花火が、30日に順延になりました。
通常2日に渡って打ち上げられる花火、9000発が一夜で上がるという話を聞いて、宍道湖まで見物に行ってきました。

名物の夕日は雲に隠れていましたが、夕食をとったホテルのレストランから美しく染まった黄昏の空を堪能。

本来は、宍道湖の湖面に花火が映る情景が見ものだということでしたが、人の賑わいを避けて、やや離れた場所の道路脇から鑑賞しました。

140831suigosai1
周囲の見物客から「やっぱり今年はいつもと違う!」「さすがは9000発!」という声がひっきりなしに上がっていて、初めて来たけど得した気分(笑)思わず拍手が起こるほどゴージャスなスターマインが何度も見られました。

終了20分前に、後ろ髪を引かれつつ退散。名残惜しかったですが、渋滞もなく、1時間後には車中でぐっすり眠った息子を布団に寝かせてやれました。

9月に入る前に秋を感じる涼しい日が続いて、今年の夏はあっけなく後ろ姿を見せていくようです。8月のフィナーレを豪華な花火の思い出で飾った夜でした。

« 地蔵盆 | トップページ | みるくの里 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山陰観光」カテゴリの記事

コメント

子どもの食べ物の嗜好って、どんどん変わるんですね。
そんなところにも成長が感じられますね。

サリィさんはいつもルクエを上手に使いこなしておられるなあと思います。
私も買ったのですが、まだ全然使えていません。
ルクエを使った料理レシピを見て、参考にするとよいのでしょうね。

花火の写真、とてもきれいです。
夏の終わりに花火大会を楽しめたなんて、羨ましいです。
私は長らく打ち上げ花火を見ていないので、見に行きたいと思うのですが、あまりの人出の多さにいつも怖じ気づいて取りやめてしまいます。

>1go1exさん

口に出来る食材の種類も成長と共に広がっていきますし、好き嫌いを行ったり来たりするものもあって、ブロッコリーなどは何度「好き期」「嫌い期」を繰り返したことか。面白いですね。
専用のレシピ本も参考にしていますが、私は「ラップをかけてレンジ加熱」というようなレシピは全てRukueのお世話になっています。ラップの用途がおにぎり専門になりました(笑)
小さい子連れで人の多いところに行くのは、本来は褒められた行為ではないのでしょうが…今回の花火は行ってよかったです。最後まで見て帰った同僚は、渋滞で帰宅は午前1時だったそうで、涙をのんで早めに切り上げたことも正解でした。折り合いをつけて色々なことを楽しんでいきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地蔵盆 | トップページ | みるくの里 »