2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« アフタヌーンティー | トップページ | 日曜日のドラマ »

2014年5月23日 (金)

ガレットと中耳炎

金曜日の夜、珍しく夜泣きして何度も目を覚ました息子。翌日の午後から微熱が出て、どうなることかとドキドキしていたのですが、日曜の朝になったらすっかり熱は下がっていました。

発熱中もずっと活発に遊んでいたし、これなら心配することはなさそうだ…と胸をなで下ろし、以前から行ってみたかったカジュアルフレンチのONZEへランチに出かけました。

140518onze2

お目当ては、この季節にお誂え向きのテラス席と、評判のガレット。

140518onze3

定番をあえて外して、私はエビとアボカド、夫はじゃがいもとチキンを選択。どちらも大正解!

ガレット(そば粉のクレープ)は私の大好物なのですが、近辺ではなかなか食べられる機会がないのを残念に思っていたのです。ひょんなことから口コミでこちらのお店のことを知り、飛んできた甲斐がありました。

140518onze4

多少の風邪では旺盛な食欲が落ちることはない息子。

コースについてきたにんじんのポタージュがいたく気に入り、前菜のひじきのトマト煮も、おすそ分けしてみたところ「んマー!んマー!」(←ごはん、とかお腹すいた、とかもっとよこせ、という気持ちをいっしょくたに表す声らしい)とお代わりを要求されました(汗)

大人のお皿から食事が取り分けられるようになって、お出かけの幅も広がったこの頃。
いただきものの使い捨てスタイ(コストコで見つけてくださったものと記憶)と、キャリフリーのチェアベルトをとても重宝しています。

食前食後に、テラス席に面した芝生のお庭で思う存分運動も出来て、とても気持ちの良いランチタイムでした。

140518onze1

…が…!

ここから話は急転直下。

明るい日差しの下で息子の隣にいた夫が、息子の右耳がガビガビになっているのを発見しました。

これはいわゆる「耳だれ」というヤツではないだろうか、ということは…
前々日からの不調は、もしかして中耳炎?と、親は二人して納得したり、肩を落としたり。

同僚のお子さん達も中耳炎になるのは日常茶飯事で、熱が出た、切開した、鼓膜にチューブを入れた…という話は色々聞いていました。
痛いのはかわいそうだし、一度かかると繰り返すとも聞くし、何とか回避したいものだとそれなりに気を配っていたのですが。

翌月曜日に、息子にとっては初めての耳鼻科受診。やはり中耳炎との診断でした。
すでに耳だれは出てしまっているので、鼓膜を切って膿を出す処置はしなくてもいいのかな?と素人考えでいたのですが、診察の結果先生は

「切開しましょうね。そこのベッドで処置しますから、お母さんは足の方を押さえてください」

1分後には、バスタオルで首から下を簀巻きにされた息子を看護師さん達と押さえ込む羽目に…

私がうろたえてはいけない、と精一杯の笑顔で「大丈夫だよ~怖くないよ~」と呼びかけていたつもりですが、泣き叫ぶ息子にその声が届いたとはとても思えません(^_^;)。

あっという間の処置でしたが、終わった時には、私もイヤな汗をぐっしょりかいていました。

その後、中耳炎の自体は順調に治っていきましたが、ハードな体験をしたせいか、息子は甘えん坊の抱っこマニアになってしまい、食事も膝の上でないと食べなくなったのには手を焼きました。

きっと、言葉に置き換えられない分、不快な感情が心の中で渦巻いているのだろうなぁ…
と頭でわかっていても、何をしてもご機嫌ナナメでぐずり続ける息子を前に
「泣きたいのはこっちだよ…」
とゲッソリしてしまう瞬間も。
そんなストレスのはけ口は、私の場合は甘い物への逃避です。というわけで、ミスドの抹茶シリーズのドーナツをやたら食べていた日々でした(苦笑)。

風邪と中耳炎は親戚みたいなもの、というのは息子のかかりつけの小児科で言われた言葉です。
周囲のお母さん達も保育園の先生も、慣れたもので色々アドバイスをしてくれて心強かったです。これからも耳鼻科とのお付き合いはある程度覚悟しないといけないかと思っています。

美味しいガレットで幕を開け、息子の中耳炎デビューにふり回された一週間でした。

140518onze5

【おまけ】

ちょっとだけなら一人で立てる
→ちょっとだけなら一人で歩ける
まで進化中!

おっとっと~♪

« アフタヌーンティー | トップページ | 日曜日のドラマ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

大変だったんですね。お見舞い申します。
今まで、子育て関連でわりと病気の話題が少なかったので、元気なお子さんなんだなあ、親孝行だなあと思っていました。
うちの娘たちはずいぶんよく病気をしました。受けられるだけの予防接種はすべて受けても、風邪はしょっちゅうだし、手足口病だのりんご病だの、次々と病気をもらってきます。
耳鼻科や眼科にも行きました。眼科も泣きますよ。子どもの身になって考えれば、泣いて当たり前ですけれどね。
そんな娘たちも小学校に上がってからはめったに病気をしなくなりました。
保育園に通っている時期が一番病気にかかりやすい時期なんだと思います。

>1go1exさん

コメントありがとうございました。
高熱を出したりすることはあまりないのですが、集団生活をしているだけあって、やれ咳が出る、お腹の調子が悪い…など、調子を崩すことはしょっちゅうなんですよ。つまらないことはブログに書く気がおきないだけで(笑)予防接種も入れたら半月に一度は小児科のお世話になっている気がします。
保育園が多少の体調不良なら受け容れてくれるので、仕事を休まずに済んでいるのは本当に助かっているのですが…聞くところによれば少しでも咳が出ているうちは登園停止、というところもあるようで、病児保育の充実は本当に国レベルで何とかしてほしい切実さだと思います。
よく食べてよく眠ってくれるだけでも、充分親孝行な育てやすい子だと感謝はしていますが…(笑)

お薬飲ませるの、大変ですよね・・。なつかしく思い出しました。
苦い抗生剤の類は、 パルムというアイスクリーム(チョコレートのもの)に
さりげなく混ぜて飲ませました。バニラアイスがチョコレートでコーティングされているので
バニラアイスとチョコレートの間に、薬をサラサラっと挟んで、ぱくっと食べさせます。
薬局の帰りにパルムを買い、「風邪ひいたけどアイス食べれるなっ」と言いながら
よく服薬させてました。何かナイスな解決策があると良いですね!

うちの息子が昨年夏に入院した時を思い出しました。採血や点滴の時、私は息子の目に触れないところで待機させられましたが(助けを求めても母親が助けてくれないと、親への不信感を抱いてしまうこともあるそうで)、仕方がないとはいえ簀巻きにされ泣き叫ぶ息子の声を聞くだけでも辛いものがあり、しかも戻ってきた息子の腕には、なかなか血管が見つからなかったのか、針を刺した後が3,4か所あったりして、大人でも痛いのに、1歳の子供にはとても怖くてたまらないのに、もっと採血の上手なスタッフはいないの?とちょっと病院に恨み言を言いたくもなりました。今はすっかり元気ですが、鼻水はしょっちゅう出しているので、また痛くて怖い思いをさせないよう、中耳炎には気を付けないといけませんね。

>marikoさん

コメント&アドバイスありがとう!
2週間にわたる耳鼻科通いも、やっと無罪放免になり、飲めない薬ともひとまず縁が切れて、親子そろってストレスフリー(笑)な食事を楽しんでます。
パルムに薬を仕込むとは素晴らしいアイディア。まだアイスクリームは食べさせたことがないのだけれど、もう少し大きくなったら試してみますね。
甘い味付けがしてある薬でも、イヤなものは徹底的にイヤで何に混ぜても拒否反応というのが、本当に謎で…結局直球勝負で、もはや最後の方はレスリング状態(笑)元気でいてくれるだけでありがたいです、まったく。

>ISOさん

そうそう、ISOさんの息子さんも大変な思いをされたんですよね。
泣き叫ぶ処置も終わってしまえばケロリとして、耳鼻科の先生に愛想良く手をふったりハイタッチしたりしているのが救いでしたが(苦笑)
中耳炎は皮膚にいる細菌が原因で起こることもあるそうです。
鼻吸い器も息子の大嫌いなものの一つなのですが、私もがんばって鼻水対策、していかないとなぁ…と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフタヌーンティー | トップページ | 日曜日のドラマ »