2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

* link *


無料ブログはココログ

« 花回廊の春 | トップページ | ナルキッソス »

2014年5月 9日 (金)

行きたかった場所へ会いたかった人と

ゴールデンウィーク中に、祖母の七回忌法要が行われることになり、昨年の9月以来、久しぶりに三重へ行ってきました。

鳥取に越してくる前に8年間暮らしていた松阪は、偶然にも父の実家に近く、不思議な縁で、一人で田舎の家にいた祖母の最晩年にたくさん一緒の時間を過ごすことが出来ました。
最期の看取りの日々にはそれなりに辛い思いもあったけれど、今ふり返れば、ユーモアのセンスに長けていたおばあちゃんと、いっぱい笑いあった記憶ばかりが甦ってきます。
自分の祖父母とはつながりが薄かった夫も、たくさんのやさしさを生前の祖母に注いでくれました。

なかなか顔を合わすことのない親戚が一堂に会し、祖母の写真に陰膳を据えて賑やかなひとときを過ごすことが出来て、普段家族から離れて生活している私にとって、とても心安らぐ時間でした。
やはり、ご先祖様は大切にしなければ(笑)

長旅のもう一つの目的は、前回時間が無くて果たせなかった、懐かしの味、再探訪!

中国道から伊勢道を経て、運転手の夫の疲れを「うなふじ」の“外はカリッ、中はふわっ”の鰻で癒した後、私が夢にまで見た(笑)こちらのお店へ…

140430mie1

和洋喫茶 レモンの木

140430mie2 140430mie3

手作りのシロップで作られるかき氷は、シーズンには県外からもお客様が詰めかける名物メニュー。
一番人気はいちごだそうですが、私の定番はグレープフルーツ!
クラシカルな器に盛られたプリンアラモードも大好きなメニューでした。

140430mie5

初めてこちらのお店に来た時は、mayさんに連れてきていただいたのでした。

あの頃は地元でキモオデ(着物でお出かけ)もよくしていて、帯に手ぬぐいをかけて氷に舌鼓をうちながら、延々おしゃべりを楽しんでいたものです。

今回、お仕事の合間を縫って、わざわざmayさんがお店まで会いに来てくださいました!うれしかった~!

息子も抱っこしてもらえてご機嫌でした(持たせてもらったiPhoneで初めてのselfieを撮らせてもらったり。下ぶくれの顔がムーミン状態・笑)。 

おしゃべりに花を咲かせているうち、いつしか閉店時間が迫り、我々が最後の一組に…店主さんのご好意で、息子もご機嫌で遊ばせていただきました。

140430mie4_1 140430mie4_2     

フリーダムに「いないいない、ばぁ~!」を満喫。mayさんお付き合いありがとう~

翌日は松阪に足を伸ばし、家の近所でオープン当初から行きつけにしていたこちらのお店へ伺いました。

140430mie6

cafe tomiyama

8月にリニューアルして店内の様子は変わりましたが、店主ご夫妻が手作りで形づくられていた温かい雰囲気はまるで変わらず。
そのことが、大勢のお客様で賑わう様子とあわせて、とても嬉しかったです。

140430mie7

第二のわが家のように、一人でも友達連れでも、いつもくつろがせてもらっていた大事なお店でした。
大好きだったスフレロールを、マリアージュフレールのお茶で味わったら、まるでタイムスリップしたような感覚。いちごのミルクプリンは息子も大いに気に入っていました。

140430mie8_2

この日もカレンダー上は平日だったのですが、以前の職場でご一緒していたメンバーが集合してくれました。

私たち夫婦が転勤で三重から鳥取に転居する際、同じ顔ぶれでこちらのお店でティータイムの送別会を開いてくれたのでした。

まさか子連れでこの場所に戻ってくるとは…と、改めて人生の不思議に思いを馳せる母の感慨にはお構いなしで、息子は窓の外を行き来する車や人に夢中。

大好きだった場所で、会いたかった人たちと近況報告に花を咲かせ、幸せな時間でした。

そして、自分の記憶の中に大切にとってあった美味しい味が、どのお店に行ってもそのまま変わらず楽しめたことが、本当にうれしかったです。

次の機会はいつ巡ってくるかわからないけれど、必ずまた会いに来る!皆の笑顔とこの味に…(笑)と心に誓ったのでした。

140430mie9 自分も含めて、一昨年末から去年の春にかけてちょっとしたベビーブームが起きていた私の周辺。
実はtomiyamaのご夫妻にも、息子と同級生になるお嬢さんが誕生していたのでした。

こちらでも閉店時間までゆっくりさせていただいて、保育園から帰ってきたお嬢さんと対面することが出来ました。

今度会う時は、おしゃべり出来ているかな?楽しみにその機会を待っています。


« 花回廊の春 | トップページ | ナルキッソス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

サリィさんは地元でも人気者!
みんな待っているんですよ~
殿下といないいないばぁを延々とできる私はきっと精神年齢は同い年(笑)

それにしてもtomiyamaもずいぶん行っていません。
読んでいたら行きたくなっちゃいました!

>mayさん

予定をやり繰りしていただいて、本当にうれしかったです!
mayさんはじめ、会いたいといってくださる友達がいることのありがたみをかみしめました~
息子も、延々チャイルドシートに乗っていたストレスを一気に解消できたと思います(笑)
ありがとうございました。

tomiyamaはリニューアルオープンの後は営業時間が短くなりましたが、紅茶のラインナップが増えて、より一層素敵なお店になっていましたよ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花回廊の春 | トップページ | ナルキッソス »