2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

* link *


無料ブログはココログ

« お誕生日ばんざい | トップページ | 春ねぎの味 »

2014年3月24日 (月)

お祝いあれこれ

三連休は、息子の1歳のお祝いのために夫の実家に帰省していました。

昨年からスカイマーク航空が米子に就航し、成田便が出来たことで、千葉の義実家へぐんと行きやすくなりました。

LCCは利用したことがなかったので、子連れ旅にはどうだろう…?と少々不安もありましたが、米子空港のチェックインカウンターにはスカイマークのロゴが入ったcombi社のベビーカーがずらりと並び、優先的に搭乗させてもらうことも出来てよかったです。
連休とあって機内は満席、赤ちゃんを抱いた乗客も多く見かけました。

コーヒーショップでホットミルクとベーグルを買って機内のおやつに持ち込み、空腹と耳鳴り対策をした効果か、息子も終始ご機嫌の空の旅。

140325bd2_2

米子鬼太郎空港(←正式名称)では、遠来のお客様をたくさんの妖怪が歓迎いたします

4ヶ月ぶりの対面で、大きくなった!こんなに動き回れるの!と、成長を大いに喜んでもらえました。
夜泣きで眠れないでしょう?おむつでかぶれなかった?男の子はしょっ中熱を出すでしょう?…と、自らの経験をふり返りながら心配してくれる義母。
実は、そのあたりの苦労をあまりしていないので、思えばこれまでの息子は相当育てやすい部類の子だったんだなぁ、とかえって恐縮してしまいました…
 

お祝い会の当日は私の両親も同席して、祖父母4人に代わる代わる抱かれて息子はニコニコ。

鳥取では、1歳のお祝いといえば「一升餅」と「えらびとり」が定番行事なのだとか。

一生食べ物に困らないよう、願いを込めて一升分の鏡餅を背負わせる。
並んだ複数の品物から、赤ちゃんが最初に取るものでその子の将来を占う。

…いずれも、色々な地方で行われているものだと思いますが、実は双方の実家共「そんなこと聞いたこともやったこともない」という状況でした。
でも、周囲の先輩ママさん達から「絶対楽しいからやった方がいいよ~!」と勧められたこともあり、息子のお祝いは鳥取スタイルに決定。居並ぶ誰もが初めての体験で、これもまた面白かったです。

そろばん(商売の才)、筆(芸術・物書きの才)、巻尺(職人の才)、財布(お金持ちになる)…
半分遊びとはいえ、将来がかかっているとなると若干、切実な緊迫感も漂う中(笑)
並んだ品物に向かってハイハイで突き進む息子、結果は…

140325bd1_2 そろばんにまっしぐら、でした!立派な商人になってね(笑)

その後、風呂敷に包んだ一升餅を息子の背中に結わえつけ、泣くこともなく力強くつかまり立ちする姿に一同拍手喝采、でした。

おめでとう、が飛び交う場というのは本当に良いものですね。
笑顔いっぱいの幸せな一日でした。

息子の初めての誕生日。たくさんお祝いのメッセージや贈りものをいただいて、心からありがたさをかみしめています。
以前ブログで紹介した、私たち夫婦の結婚式を司式してくださった牧師先生も、年賀状で出産を報告したところ息子宛のバースデーカードをわざわざ送ってくださり、大感激でした。

息子自身の記憶には残らない思い出だけれど、これだけ祝福されて育ったということをきちんと伝えてあげたいです。

<おまけ>

前回のブログに載せたバースデーケーキは大人のお祝い専用で(笑)
まだ、生クリームや卵をたくさん使ったものを食べていない息子用には、一晩水切りしたヨーグルト(もったりとクリーム状になります)と食パンで「なんちゃってケーキ」を作りました。

140325cake1_2

一応、ケーキに見えるよね?ね?と自画自賛

140325cake2

見かけは関係ないお年頃…おもちゃとしても好評?だったようで

残骸はスタッフが美味しくいただきました!

« お誕生日ばんざい | トップページ | 春ねぎの味 »

子育て右往左往」カテゴリの記事

コメント

お誕生会ってさ、実は親のためのものじゃないか、って思うよ。
本人は生まれた時のことなんて覚えてないわけだし、生まれるまでのこと、産んだ時のこと、成長の記憶…そんなものが走馬灯のように蘇ってくるんだわ。
だから面倒でも旦那の誕生会は義父母とやるし、双子の誕生日も私のもの!なんて思っちゃう。そのうち彼氏彼女と一緒に祝うようになるんだろうけど(笑)

皆を幸せにしてくれる、本当に天使だね。これからもたくさんの幸せを分け合えますように。

きっと大きくなるころにはそろばんも「これっていったい何?」という
過去の遺物になっているのでしょうか?
商人になった暁には何かお役にたてますように(笑)

>R&Mさん

コメントありがとうございます!
そうね~、成長を喜ぶというのは本人の気持ちというより、周りの思いだものね。1年なんとかやってこられた、という感慨と共に、これからもお誕生日を重ねていきたいものです。
いつかは家でのお祝い事なんて見向きもしなくなるのかしら。
いや、なってくれないと困るんだけどね…親がすぐ年寄りになってしまう分、早く自立してもらわないといけないので、そこは切実に!!(笑)

>mayさん

子育て中の同僚に聞くと、結構そろばんを選んだというお子さんが多いみたい。並んだ珠がおもちゃに見えて魅力的なのでしょうか?
珠算教室って、まだまだ根強く生き残っているんだそうですよ。小学校でもそろばんの授業ってありましたよね?今はどうなのでしょう。
親は二人して数字に関してからきし弱いので、いっそ暗算の訓練でもさせて助けてもらいたいかも…(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お誕生日ばんざい | トップページ | 春ねぎの味 »