2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

* link *


無料ブログはココログ

« お祝いあれこれ | トップページ | 惜別 »

2014年3月28日 (金)

春ねぎの味

週末ごとに買い出しに出かけている、地元農協の産直市場(一応「ファーマーズマーケット」と小洒落た名称がついています・笑)。
この冬、野菜の価格高騰が報じられる一方で、申し訳ないくらいのお値段で新鮮な旬の食材を入手出来るので、わが家の台所の心強い味方です。

並ぶ野菜の品揃えが時を追うごとに変わっていく様子に、季節の移り変わりを実感。

140322negi_2

今年も、春ねぎが出荷されるシーズンがやってきました。
売り場の一角にある生花コーナーでは、桜の切り枝も花盛りです。

社会人になってから長いこと、冬の終わりから春にかけてが一番の繁忙期で心身をすり減らす仕事をしていたせいでしょうか。実は未だにこの時期は気持ちがざわついて、落ち着きません(単に“木の芽時”ということか?)。
でも、少しずつ日暮れの時間が遅くなり、街のあちこちで色々な花が咲き始め、瑞々しい味わいの旬の味を楽しめる…そんな、小さな「春の発見」に、活力をもらっています。

少し細めだったり曲がっていたり、規格外のものだと7~8本入りの袋が100円で買えるねぎ。
(ちなみに米子市のキャラクターも、白ねぎがモチーフになった「ヨネギーズ」)
加熱するととろとろと甘く、お味噌汁に入れてあげると息子も大喜びで手づかみ食べしています。

140322negi2 ごま油でさっと炒めて、酒としょうゆ麹で味つけする、超・シンプルな一皿が目下のお気に入り。
しょうゆ麹は人から頂いて美味しさにハマり、材料を混ぜて置くだけ、という簡単さに惹かれて自分でも手作りするようになりました。

消費税増税前に、という誘い文句にうっかりほだされて(苦笑)、結婚以来17年使った冷蔵庫を先日新調しました。
ところが、わが家の冷蔵庫は食器棚の奥に設置されているため、冷蔵庫の中身のみならず、食器類もすべて出して棚を移動させなければならず(!)一大作業になってしまいました。

ねぎ炒めを載せたお皿は、その時に久しぶりに目にした、ベトナムで買った安南焼。
祖母へのお土産にして、ずっと使ってくれていたのを、亡くなった後で形見分けにもらってきた思い入れのある品です。

大切な食器でも、しまい込んでいるだけではもったいないと思い、これからは日常使いにすることにしました。
簡単な料理でも、ちょっとご馳走の雰囲気が醸し出されるかな…と期待(笑)

« お祝いあれこれ | トップページ | 惜別 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

先日母の実家から大量の下仁田ネギと深谷ねぎがやってきまして
ネギ単体でこういうおかずがあるとは知りませんでした。
さっそく今夜にでも!

>mayさん

元々は飛田和緒さんのレシピ本に載っていたんです。
しょうゆ麹が無くても、炒めて仕上げにおしょうゆをじゃじゃーっとかけ回すだけで、本当に立派なおかずになりますよ。
栗原はるみさんレシピで、生椎茸と炒め合わせるのもおすすめです。
季節の変わり目、ネギをたくさん食べて風邪予防に励みましょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お祝いあれこれ | トップページ | 惜別 »