2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

* link *


無料ブログはココログ

« 春ねぎの味 | トップページ | サクラサク »

2014年3月31日 (月)

惜別

世界選手権が終わって、オリンピックシーズンのフィギュアスケートもとうとう幕を下ろしました。

密度の濃い、ドラマチックなシーズンのラストにふさわしく、生中継で(←ここ大事。フジテレビ、今回“は”よくやった!)いい演技がたくさん観られて、本当に幸せな大会でした。

「日本のエース」の称号は間違いなく羽生くんに受け継がれるとして…
大好きな高橋大ちゃんの滑りの持ち味については、正統な後継者は町田くんだなぁ~とずっと感じてきたので、今季の大躍進はとても嬉しかったです。

 

Machida_2 140331skate_2

息子もまっちーの美しいポージングに刺激されたようです(ウソ)

嬉しかったことと言えば、もちろん真央ちゃんの金メダルも!
ソチの悔しい思いを挽回する完璧なショートプログラムを滑りきり、フリーも貫禄の演技で、笑顔の真央ちゃんを観ながらこちらは号泣でした。

試合の合間に流れる住友生命のCM、ほほえみながらスーっと遠ざかっていく映像に、思わず「行かないで~(涙)」と声をかけたくなることも何度か(苦笑)

去就に注目はあつまりますが、まずはゆっくり、身体と心を解放して過ごしてほしいです。
「フィギュアスケートっていいな、って思いました」という言葉がここで聞けて、良かった。

今回はこの試合で引退を明言した選手たちも多く出場していて、ラストダンスに観る側も万感の思いがありました。
「思いが伝わる」っていう言葉は、言い古された表現ではありますが、本当にそうとしか言いようのない瞬間が何度も味わえました。

自国開催の、2万に近い大観衆の大会で、喝采と共に競技生活に別れを告げたあっこちゃんの姿。
本当によかったね、と目頭を熱くしつつ、この場に怪我で出場出来なかった大ちゃんのことを、つい考えてしまったり…

羽生くんにしろ町田くんにしろ、何がすごいって、自分を客観視して、プロジェクトを作り上げるかのように着々と目標に向かっていくところ(と、それを達成してしまう強さ)。
あんなに若いのに、きっちりセルフプロデュース出来てしまうところに舌を巻きます。

一方、振り返れば大怪我から復活するまでは「ガラスのエース」という呼称がついて回った大ちゃん。
氷の上ではあれほど豊かな表現が出来るのに、リンクの外では魔法が解けたように、艶っぽさも凛々しさも消し飛んでしまう(笑)
不思議な子だなぁ…と、ぽかんと口を開けた表情のインタビューを見ながら思っていたものでした。

でも、自分の居場所はスケートリンクの他にはない、ここを去ったら自分は輝けない…そんな思いに突き動かされてただ滑っている、踊っている。
頭で考えるより、心が身体と一体になっている、そんなスケーターだからこそ、夢中になったんだなぁとも思います。

大ちゃんとこの映画の主人公を、いつも重ねて見てしまう私です。

膝の怪我が快癒して、どんな形であれ、また氷上に戻ってきてくれることを心から願っています。
「フィギュアスケートっていいな」と理屈抜きに思わせてくれる、あの演技がまた観たいです。

親戚でも知り合いでもないのに、つい「~くん」「~ちゃん」と呼んでしまう、愛すべき日本のフィギュアスケーター。黄金期の日々、たくさんの夢を見させてもらいました。
本当に、お疲れさまでした!

« 春ねぎの味 | トップページ | サクラサク »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春ねぎの味 | トップページ | サクラサク »