2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

* link *


無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

惜別

世界選手権が終わって、オリンピックシーズンのフィギュアスケートもとうとう幕を下ろしました。

密度の濃い、ドラマチックなシーズンのラストにふさわしく、生中継で(←ここ大事。フジテレビ、今回“は”よくやった!)いい演技がたくさん観られて、本当に幸せな大会でした。

「日本のエース」の称号は間違いなく羽生くんに受け継がれるとして…
大好きな高橋大ちゃんの滑りの持ち味については、正統な後継者は町田くんだなぁ~とずっと感じてきたので、今季の大躍進はとても嬉しかったです。

 

Machida_2 140331skate_2

息子もまっちーの美しいポージングに刺激されたようです(ウソ)

嬉しかったことと言えば、もちろん真央ちゃんの金メダルも!
ソチの悔しい思いを挽回する完璧なショートプログラムを滑りきり、フリーも貫禄の演技で、笑顔の真央ちゃんを観ながらこちらは号泣でした。

試合の合間に流れる住友生命のCM、ほほえみながらスーっと遠ざかっていく映像に、思わず「行かないで~(涙)」と声をかけたくなることも何度か(苦笑)

去就に注目はあつまりますが、まずはゆっくり、身体と心を解放して過ごしてほしいです。
「フィギュアスケートっていいな、って思いました」という言葉がここで聞けて、良かった。

今回はこの試合で引退を明言した選手たちも多く出場していて、ラストダンスに観る側も万感の思いがありました。
「思いが伝わる」っていう言葉は、言い古された表現ではありますが、本当にそうとしか言いようのない瞬間が何度も味わえました。

自国開催の、2万に近い大観衆の大会で、喝采と共に競技生活に別れを告げたあっこちゃんの姿。
本当によかったね、と目頭を熱くしつつ、この場に怪我で出場出来なかった大ちゃんのことを、つい考えてしまったり…

羽生くんにしろ町田くんにしろ、何がすごいって、自分を客観視して、プロジェクトを作り上げるかのように着々と目標に向かっていくところ(と、それを達成してしまう強さ)。
あんなに若いのに、きっちりセルフプロデュース出来てしまうところに舌を巻きます。

一方、振り返れば大怪我から復活するまでは「ガラスのエース」という呼称がついて回った大ちゃん。
氷の上ではあれほど豊かな表現が出来るのに、リンクの外では魔法が解けたように、艶っぽさも凛々しさも消し飛んでしまう(笑)
不思議な子だなぁ…と、ぽかんと口を開けた表情のインタビューを見ながら思っていたものでした。

でも、自分の居場所はスケートリンクの他にはない、ここを去ったら自分は輝けない…そんな思いに突き動かされてただ滑っている、踊っている。
頭で考えるより、心が身体と一体になっている、そんなスケーターだからこそ、夢中になったんだなぁとも思います。

大ちゃんとこの映画の主人公を、いつも重ねて見てしまう私です。

膝の怪我が快癒して、どんな形であれ、また氷上に戻ってきてくれることを心から願っています。
「フィギュアスケートっていいな」と理屈抜きに思わせてくれる、あの演技がまた観たいです。

親戚でも知り合いでもないのに、つい「~くん」「~ちゃん」と呼んでしまう、愛すべき日本のフィギュアスケーター。黄金期の日々、たくさんの夢を見させてもらいました。
本当に、お疲れさまでした!

2014年3月28日 (金)

春ねぎの味

週末ごとに買い出しに出かけている、地元農協の産直市場(一応「ファーマーズマーケット」と小洒落た名称がついています・笑)。
この冬、野菜の価格高騰が報じられる一方で、申し訳ないくらいのお値段で新鮮な旬の食材を入手出来るので、わが家の台所の心強い味方です。

並ぶ野菜の品揃えが時を追うごとに変わっていく様子に、季節の移り変わりを実感。

140322negi_2

今年も、春ねぎが出荷されるシーズンがやってきました。
売り場の一角にある生花コーナーでは、桜の切り枝も花盛りです。

社会人になってから長いこと、冬の終わりから春にかけてが一番の繁忙期で心身をすり減らす仕事をしていたせいでしょうか。実は未だにこの時期は気持ちがざわついて、落ち着きません(単に“木の芽時”ということか?)。
でも、少しずつ日暮れの時間が遅くなり、街のあちこちで色々な花が咲き始め、瑞々しい味わいの旬の味を楽しめる…そんな、小さな「春の発見」に、活力をもらっています。

少し細めだったり曲がっていたり、規格外のものだと7~8本入りの袋が100円で買えるねぎ。
(ちなみに米子市のキャラクターも、白ねぎがモチーフになった「ヨネギーズ」)
加熱するととろとろと甘く、お味噌汁に入れてあげると息子も大喜びで手づかみ食べしています。

140322negi2 ごま油でさっと炒めて、酒としょうゆ麹で味つけする、超・シンプルな一皿が目下のお気に入り。
しょうゆ麹は人から頂いて美味しさにハマり、材料を混ぜて置くだけ、という簡単さに惹かれて自分でも手作りするようになりました。

消費税増税前に、という誘い文句にうっかりほだされて(苦笑)、結婚以来17年使った冷蔵庫を先日新調しました。
ところが、わが家の冷蔵庫は食器棚の奥に設置されているため、冷蔵庫の中身のみならず、食器類もすべて出して棚を移動させなければならず(!)一大作業になってしまいました。

ねぎ炒めを載せたお皿は、その時に久しぶりに目にした、ベトナムで買った安南焼。
祖母へのお土産にして、ずっと使ってくれていたのを、亡くなった後で形見分けにもらってきた思い入れのある品です。

大切な食器でも、しまい込んでいるだけではもったいないと思い、これからは日常使いにすることにしました。
簡単な料理でも、ちょっとご馳走の雰囲気が醸し出されるかな…と期待(笑)

2014年3月24日 (月)

お祝いあれこれ

三連休は、息子の1歳のお祝いのために夫の実家に帰省していました。

昨年からスカイマーク航空が米子に就航し、成田便が出来たことで、千葉の義実家へぐんと行きやすくなりました。

LCCは利用したことがなかったので、子連れ旅にはどうだろう…?と少々不安もありましたが、米子空港のチェックインカウンターにはスカイマークのロゴが入ったcombi社のベビーカーがずらりと並び、優先的に搭乗させてもらうことも出来てよかったです。
連休とあって機内は満席、赤ちゃんを抱いた乗客も多く見かけました。

コーヒーショップでホットミルクとベーグルを買って機内のおやつに持ち込み、空腹と耳鳴り対策をした効果か、息子も終始ご機嫌の空の旅。

140325bd2_2

米子鬼太郎空港(←正式名称)では、遠来のお客様をたくさんの妖怪が歓迎いたします

4ヶ月ぶりの対面で、大きくなった!こんなに動き回れるの!と、成長を大いに喜んでもらえました。
夜泣きで眠れないでしょう?おむつでかぶれなかった?男の子はしょっ中熱を出すでしょう?…と、自らの経験をふり返りながら心配してくれる義母。
実は、そのあたりの苦労をあまりしていないので、思えばこれまでの息子は相当育てやすい部類の子だったんだなぁ、とかえって恐縮してしまいました…
 

お祝い会の当日は私の両親も同席して、祖父母4人に代わる代わる抱かれて息子はニコニコ。

鳥取では、1歳のお祝いといえば「一升餅」と「えらびとり」が定番行事なのだとか。

一生食べ物に困らないよう、願いを込めて一升分の鏡餅を背負わせる。
並んだ複数の品物から、赤ちゃんが最初に取るものでその子の将来を占う。

…いずれも、色々な地方で行われているものだと思いますが、実は双方の実家共「そんなこと聞いたこともやったこともない」という状況でした。
でも、周囲の先輩ママさん達から「絶対楽しいからやった方がいいよ~!」と勧められたこともあり、息子のお祝いは鳥取スタイルに決定。居並ぶ誰もが初めての体験で、これもまた面白かったです。

そろばん(商売の才)、筆(芸術・物書きの才)、巻尺(職人の才)、財布(お金持ちになる)…
半分遊びとはいえ、将来がかかっているとなると若干、切実な緊迫感も漂う中(笑)
並んだ品物に向かってハイハイで突き進む息子、結果は…

140325bd1_2 そろばんにまっしぐら、でした!立派な商人になってね(笑)

その後、風呂敷に包んだ一升餅を息子の背中に結わえつけ、泣くこともなく力強くつかまり立ちする姿に一同拍手喝采、でした。

おめでとう、が飛び交う場というのは本当に良いものですね。
笑顔いっぱいの幸せな一日でした。

息子の初めての誕生日。たくさんお祝いのメッセージや贈りものをいただいて、心からありがたさをかみしめています。
以前ブログで紹介した、私たち夫婦の結婚式を司式してくださった牧師先生も、年賀状で出産を報告したところ息子宛のバースデーカードをわざわざ送ってくださり、大感激でした。

息子自身の記憶には残らない思い出だけれど、これだけ祝福されて育ったということをきちんと伝えてあげたいです。

<おまけ>

前回のブログに載せたバースデーケーキは大人のお祝い専用で(笑)
まだ、生クリームや卵をたくさん使ったものを食べていない息子用には、一晩水切りしたヨーグルト(もったりとクリーム状になります)と食パンで「なんちゃってケーキ」を作りました。

140325cake1_2

一応、ケーキに見えるよね?ね?と自画自賛

140325cake2

見かけは関係ないお年頃…おもちゃとしても好評?だったようで

残骸はスタッフが美味しくいただきました!

2014年3月19日 (水)

お誕生日ばんざい

140319bd

誕生日おめでとう。

1年間の育児で母親として多くのことを学ばれたと思う。赤ちゃんも成長したけれども、両親も人間として成長されたことを信じる。

1年をふりかえって、母親の心にもっともふかくきざみこまれたことは、この子にはこの子の個性があるということにちがいない。その個性を世界じゅうでいちばんよく知っているのは、自分をおいてほかにないという自信も生まれたと思う。
その自信をいちばん大切にしてほしい。

人間は自分の生命を生きるのだ。いきいきと、楽しく生きるのだ。
生命をくみたてる個々の特徴、たとえば小食、たとえばたんがたまりやすい、がどうあろうと、生命をいきいきと楽しく生かすことに支障がなければ、意に介することはない。

小食をなおすために生きるな、たんをとるために生きるな。
小食であることが、赤ちゃんの日々の楽しさをどれだけ妨げているか。少しくらいせきがでても、赤ちゃんは元気に遊んでいるではないか。
無理にきらいなごはんをやろうとして、赤ちゃんのあそびたいという意志を押さえつけないほうがいい。せきどめの注射に通って、満員の待合室に赤ちゃんの活動力を閉じこめないほうがいい。

赤ちゃんの意志と活動力とは、もっと大きな、全生命のために、ついやされるべきだ。赤ちゃんの楽しみは、常に全生命の活動のなかにある。赤ちゃんの意志は、もっと大きい目標に向かって、鼓舞されねばならぬ。

赤ちゃんとともに生きる母親が、その全生命をつねに新鮮に、つねに楽しく生きることが、赤ちゃんのまわりをつねに明るくする。

「なんじはなんじの道をすすめ。人びとをしていうにまかせよ」(ダンテ)

これは、松田道雄著「定本育児の百科」の1歳の章にある、「お誕生日ばんざい」という項からの抜粋。

独特の断定調の文体がクセになってしまい、折に触れ手にとっている育児書の古典ですが、読み進めて初めてこの文章に出会った時、ぐっと胸に迫るものがあって、涙がこぼれてしまいました。

子育てに限らないことだけれど、生きていくのは選択の連続です。
自分にはこれしかない、と決めて選んだはずの道。後悔しないと決めたはずでも、進まなかった方の道がよく見えることもある。
こと子どもに関することだと、些細な周囲の言葉が心に刺さることもあり…
そんな時、何度も思い返して自分を奮い立たせた言葉でした。

身に余る貴重な宝物が、突然手元にやって来てしまったような、戸惑いと共に始まった1年間。
おかげさまで…本当にたくさんの方の思いに支えられたおかげで…
今日、息子は元気に一歳の誕生日を迎えることが出来ました。
ただただ感謝、の一語に尽きます。

140319bd2 ひたすらに育っていく命の力を信じて、これからもたくさん笑って過ごしていきたいと思います。

保育園でも、今日はクラスの一角に息子の誕生日を祝う飾り付けをしてくださっていました。
入園当時の二ケ月の赤ちゃんと今の姿を並べて、大きくなった!と先生と共に感慨にふけりました。

はじめてのお誕生日、ばんざい!

2014年3月13日 (木)

ひとりの時間

兼業母の生活は、常に「目の前に課題が山積」といった状態。
大人だけの所帯なら、後回しにしたりちょっと楽したり…という融通がきくところが、子ども相手だと通用しないことも多く…
体力的にも無理は続かないし、結果として、やろうと思っていたことを積み残してばかりの毎日が続いています。
「出来なかったよ…」と思うと気持ちが果てしなく鬱の方向へ落ちてしまうので、「やらなかったよ!あえて!」と、その都度開き直ることにしていますが(苦笑)。

母親の情緒が安定していることが、子どもにとっての最善。と考えている私が、イライラを募らせないためにもう一つ心がけてきたのは、「先のことは考えない。目の前のことだけに集中する」ということでした。
そうやって、ゲーム感覚で1日、一週間、一ヶ月…をクリアしてここまでやって来られた訳ですが。
その一方で、本当はちゃんと考えておかなければいけないことには、目をつぶって来てしまった気がします。

外に働きに出ていると、やり繰りすれば一人の時間をひねり出せるのはありがたいところ。
少し静かに考えたい問題が持ち上がってしまい、紅茶とスコーンを出す小さなカフェに立ち寄りました。

140313bluebird1

紅茶はディンブラをミルクティーで。セットのスコーンは、キャラメル&くるみとブラックオリーヴの塩スコーンを選んでみました。クリームやジャムのいらないしっかりした味わい。特にオリーヴの風味がスコーンの食感と合っていて、おいしかったです。

この頃、ローソンの「マラサダ」にハマっていて、自分のおやつはそればかりだったのですが、丁寧に作られたものをじっくり味わうのはいいものだな~、としみじみ。
たとえ30分のわずかな間でも、良質な小休止はいいエネルギーになると実感しました。

140313bluebird2 bluebird

テレビもほとんど見ない、じっくり新聞を読むこともしないで終わる日も多く、3月11日の新聞を二日遅れで手に取る有様。

目の前にある、かけがえのないたった一つのいのち。
その重みをじっと確認した後で、目をやる一面に書かれた数字。死者15,884人、行方不明者2,633人。

人には甘んじて受けるしかない運命もある。誰の命にも必ず終わりが来る。
それを承知した上で、日々を大切に生きていくのが一人ひとりの務めだと、物言わぬ数字が教えてくれている気がしました。

走り続ける暮らしの中にも、やはりふと立ち止まる時間は大事ですね。

2014年3月 2日 (日)

息子の靴

140301shoes1 畳の上で靴を履いているという、お行儀の悪い写真ですみません。

まだ、つかまる所がないと立ったり歩いたり出来ない息子ですが、誕生月を迎え、保育園で大きいお友達と一緒に外遊びを始めることになりました。

担任の先生から、来週からは上着と靴を忘れずに用意してくださいね…と言われ、大事にしまってあった頂きものの靴を合わせてみたところです。

ありがたいことに、出産祝いのプレゼントやお下がりで、すでに6足も靴を持っている息子。
靴を買ったり手入れするのに熱心で、下足箱のスペースをほとんど取られてしまう私に「男イメルダ」と陰で呼ばれている夫の血筋…受け継がれていくのか、どうか(笑)

話はそれますが、ニュースでウクライナの前大統領の法外な贅沢三昧を見て、子どもの頃テレビで見たマラカニアン宮殿と、イメルダ・マルコスの凄まじい靴のコレクションを思い出しました。
でも、「イメルダ=靴好き」という私たち世代なら解説不要の喩えも、今の若い子にはもしかすると、何のことやら?という感じなのでしょうか…

140301shoes2 こちらは夫が段ボール工作で急遽こしらえた、息子専用の靴置き場。
息子のお昼寝中に、テレビを見ながらあれよあれよという間に作り上げてくれました。
収納センスと手先の器用なところは、息子に是非とも受け継いでいってほしい…と願っています!!

保育園では4月からの進級に備えて、日中は一年うえのクラスで「お試し」の時間を過ごすのだそうです。
そして誕生日が来たら、離乳食からいわゆる「完了食」へ移行。保育園ではお昼ご飯と、10時と3時のおやつをいただくことになります。

3月は、大きな節目を迎える息子の成長を実感する日々になりそうです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »